FC2ブログ

極東第一艦隊所属 陸上砲撃部隊 


ついに、地球圏海上防衛軍極東第一艦隊に戦車隊が編成されました。
さきごろまではドイツの重戦車ティーガー1両だけでしたが、ブラキット1両とオークションの落札品2両の、合わせて4両が「陸上砲撃部隊」として新たに編成されました。

と、いっても艦砲射撃のような対地攻撃用ではなく、「地対地」攻撃用です。
陸上に上陸した敵勢力の排除が目的です。
ドイツのティーガー1両には、迫り来る海からの敵の揚陸に対し、セミアクティブレーダーを用いた誘導砲弾による砲撃能力が付与されています。

提督「実際に、どこかのメーカーがそういうのの開発をしてる、と聞いたことがあるぞ」

課長「キョマカイちゃん同志 のところでしょうか?」

はて、どこのメーカーだったかしらん?



オリオン座元帥「くじらぁ、ついに海軍にも戦車の時代が来たかぁ!」

くじら座提督「うわぁ、オリオンどうしたの?。月司令部から降りてくるなんて」

オリオン元帥「うむ、ちと食料の調達に来てるのだよ! 重力の影響か知らんが、月の野菜はまずいんだ
。うわはははは。そうだくじらぁ、土産があるんだ。
月名物の「月の○さぎ饅頭」だぞ、ほら、みんなで食ぇえ!

提督「オリオンは優しいねぇ。いただきま~すパクッ。
   ・・・なんかジャリジャリしてる?」

元帥「うわぁどぅだぁ、新製品の「月の石入り饅頭」だ!」

提督「えー、石が入ってんのぉ?この白いの?」

元帥「は!ふは!ふひははははははははははは!!! 冗談だ心配するな! アーモンドの砕いたやつだ。」

提督「もー、そうやっていつもからかうんだから。YOUareWicked!(←君は悪党だね!)。」

仲が良いのか悪いのか本当に分からないこの二人。この人に艦隊を任せていいのかしらん。



で、本題。



元帥「くじら!吾輩が写真に映るのはこれが初めてではないか?
   これが陸自の当時主力だったという61式戦車か。」(敬礼してる人)

提督「一応様にはなったけど、塗装に難があるんだよね。うちらでは「青ガエル」って呼んでるんだけど。」




元帥「まぁ、たしかにテカテカはしてるな。」

提督「こういう色のは無いと思うんだ。だから、指摘があればちょちょっとやろうと思ってるんだけど。」

ズドオォォン!

なんだ、なんだ。



元帥「なにか爆発したか?」

提督「いま、あっちの沖合でモスボール状態の艦をいつでも復帰できるようにするための慣熟訓練やってるんだ。 今のはミズーリと大和Ⅱの砲撃訓練かな。」

物騒だな。

提督「隣の国が射爆場使っていいって、言ってくれたもんだから。でも、その御蔭で射爆場の3/4はすっかり形変えちゃったけどね。」

摺鉢山みたいに?




提督「山を降りるときとかは砲塔を後ろにして進むんだ。」

元帥「ふーん。 で、お前の後ろにいる奴は?」

提督「この小さいのかい?」



提督「60式自走106mm無反動砲だよ。装甲戦闘車の分類に入るのかな。」

元帥「ずいぶんと小さい戦車だな。」

提督「だから、戦車じゃないってば。自走砲だよ。吾輩もあんまりよく知らないけど、こういう支援車両もあったほうがいいかなって思っただけで。」

こういう乗り物はナチタ総統がよくご存知です。←なげやりですいません。




元帥「しっかし、ほんとうに小さいな。これで106mm砲なんてよく2門も積めてもんだ。」

提督「砲自体が筒状になってるでしょ、火薬を仕込んで砲弾を込めて発射すると爆風が後ろに抜けるんだって。そうすると反動が来ないんだってさ。」

元帥「そのかわり、位置は大々的にわかると。」

提督「その分、逃げ足は速いと。 ちょうど、ティーガーがいるから並べる?」




元帥「こりゃぁすげえや。旧陸軍の豆タンクみたいだな。」

提督「2200年代で豆タンクを知ってるとは驚いた。」
そっちかい!




ドォーン、ドゥワァオン、ズバァァンン… 演習は佳境のようです。
元帥「よくまあ、あんなに撃てるな。」

提督「弾の使用期限が近いやつ使うから別になんとも。」

元帥「大人と子供の形容詞以上だな、この差は。」




大佐「我が艦隊に戦車の配置が来るとは思ってもみませんでした。」

少佐「はい。ですが、まだまだ秘密兵器がありますよ。いつ公開されるのかと兵器が待ってる状態です。」

課長「大陸間弾道弾の小型化に成功した、我が海軍工廠製の20式弾道弾とかですね。」

元帥「楽しみだな、くじらぁ!」

提督「そうだね。ところで、右端のあれは何かな?」


つづく
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようごさいます!くじら座提督閣下!
61式できましたね
閣下の艦隊があれば鼠一匹上陸できないでしょうね!

ただし陸上戦力は、その存在が敵に数倍の戦力を渡海させなければいけないという抑止に繋がりますからね~

ますますの戦力拡張期待しております
で、60式自走無反動砲は今では考えられない使い方の兵器です
そして配属されてたのは戦車ではありませんので、普通科の隊でした
射撃(砲撃)は、まず照準用のスポッティングライフルを発射して、それから無反動砲の砲撃となります
そのあと、全力で退避
実戦がなくてよかったですね

No title

こんにちは総統閣下!コメントありがとうございます。
スポットライフルが照準の役割ですか!
弾の初速が遅いので大した戦力にはならないと聞いたことがありましたが、本当にそういう意味では実戦経験がなくて良かったです。
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR