FC2ブログ

検討中の小西製作所製「しらせ」


まもなく消費税が3円増えて、8円になります。
 

いま世の中は増税前の駆け込み需要という報道が頻発していますね。


模型界も今はその波に乗っかろうと各メーカーが購買意欲をかき立てようとしています。


元々、模型は大人の嗜好品であるので高価なのは必然であります。
とはいえ、若年者であまりお金をお持ちでないモデラーさんもいます。

提督「吾輩のことを言っているのかね?天の声よ!」

天の声「自覚しているんだと思ってましたが、違いましたか?」

提督「いやまあ、そのだね自分で言うのは良いんだけど、他人からはちょっと。」

なんとも歯切れの悪い。

ともあれ、若年者が模型を作ることは大いに喜ばしいことです。
特に、ガンダムとかではなく「艦船模型」とか工作技術が上がるようなものが。

提督「しかし、最近は若年者向けに工作が簡素化されてる模型もあるからなぁ。」

天の声「ハセガワの「海賊船 弁天丸」とかのことですか?」

提督「そうそう。同じメーカーのアルカディア号とかと双璧をなすキットだね。」

※同じメーカーのキットでも「弁天丸」は、はめ込み型で接着剤がほぼ不使用で組み立てられる最新技術の結晶とも言えるキットです。
 一方、松本零士原作の「アルカディア号」は通常通り接着剤での組立・仕上げとなります。また、この手の模型としては異例とも言える別パーツが多い点も上級者向けといえる。


・・・海賊船とはいえ、戦艦より大きくてどうするんだ?
普通は巡洋艦とか海防艦とかが標準ではないのか?。


まあ、そのへんはいいですか。
何の話だっけか?
ああ、そうだ「しらせ」のはなしだ。

小西製作所が出しているロストワックスの模型には1/200サイズから果てはペーパーウェイトサイズのものまで、種々様々です。
そんな中から、極東第一艦隊が選んだのは、
AGB-5002「しらせ」です。


だいたい12cmほどだそうです。これで、9000円ほど。

我が艦隊は極東にあるので、南極ではなく北極航路の調査とかに使いそうですが。
まあそんな話は、就役してからでもできますからね。

きょうはこのへんで。 ではっ!




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR