FC2ブログ

どーやってやるんだ?、この戦車。


おはようございます。今日は早起きです。

提督「なぁに?、鉄道模型の欄なのに戦車とはどーいうことかって?。」

工廠長「それは、あれだな!。視聴者はあまり関係ない話だな。」

少佐「欄に『鉄道模型って書いてありますけどね。

そう、最初は書庫を増やして戦車の欄も検討しましたが、数が増えるのはキライがあるてまえ、「鉄道模型ほか」として鉄道以外も載せよう。
ということになりました。


早速、戦車の話。
大佐「戦車の話は以前も別のところで取り上げましたよね?」

提督「吾輩が畏敬の念を持っている、ナチタ重工のナチタ総統閣下の戦車部隊にあこがれを持ってな!。」

提督「ま、しかしだ。鉄道欄なのだから少しぐらい車両の話はしていいだろぅ?」

大昔持っていた車両達。
現有する車両は白いやつだけ。キハ84-1
お隣の茶色いやつは仮想のクモイ84-1001。展望室が一等車という高級感あふれる車両でした。


今はなき「ゆとり」の展望車。尾久車両センターの一般公開に行った際、尾久の駅構内から撮影したもの。


で、戦車の話。

課長「提督、以前撮ったドイツの重戦車の写真が見つからないのですが。」

提督「ああ、それね。どうやら上書き保存されてしまったようだ。
どうやら、カード内消去の時に一斉にファイル名が最初の方に書き変わるようでな。その都度ごとにファイルを作らなければと思い直したよ。」

※提督は自前のカメラは持っていません。借り物です。
ちなみに、その借り物の名は「リコーCX-6」。オートフォーカスの機能が少しあやふやになっていて、現在は「シャッター速度&絞り調整機能」という機能を使ってだましだまし。

ナチタの総統からサービスセンターがあることを知らされ、持ち込み修理してみても「ハテナ?」というぐあい。

そのカメラを使っての撮影です。


そのむかし、海洋堂が組み立て式の戦車キットを発売したのは皆さんご存知かと。
この商品もその海洋堂が出し、またその商品名も「ワールドタンクミュージアムキット」といいます。
レジン製なのかはわかりかねますので、詳しい人に聞いてみてください。


パッケージには「陸上自衛隊61式戦車」とありました。
現有の陸自の戦車は74式が最後で、61式型最後のまんじゅう型砲塔の持ち主でもあります。


車体。スケルトン戦車。


機銃。
これをキューポラの上に挿すっということらしいが、透明だとどこに入れたらいいか分からず。
また、塗装もどうしようかと。

海軍系の吾輩にとって陸軍系塗料は持っていないのが現状。

また、スプレーガンも持ってないから水性塗料の筆塗りでごまかし。

さーて、どうしようかな。

スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます、提督閣下
61式などのブラモデルの覆帯(キャタピラ)は塩ビ樹脂なので下地塗装をしっかりしておかないとベタベタしますのでご注意ください
車体の方はたぶん通常のABS樹脂だと思います

No title

総統閣下。おはようございます。
そうなのですか、ではサフ吹きは念入りの方が良さそうですね。

No title

フラノエキスプレス?でしたか、
懐かしい車両群ですね。私も持っています。
私も元々鉄道模型が本職でしたので多数のNゲージが現在も押入れの中で眠っています。
NゲージからデジQトレインへ部署変えされ、現在は船模型に転職していますが・・・。
子供の頃は戦車も好きで61式中戦車は一番好きな戦車でした。完成を楽しみにしています。
中学工の頃は戦艦や空母にははまっていました。
提督と同じ趣味ですね。

No title

s4s*s4s*1さん、こんばんは。
そうでしたか、色々と趣味を変遷されてきた方なんですね。

ちなみに私のは「ビックスニーカー号」でした。車体にANAのマークが印刷されているタイプです。
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR