FC2ブログ

特一級作戦支援艦「あいづ」建造計画5

♪はーれわたーるぅ、ひーろいそぉらぁー♫とはいかないニッポン列島。

ものすごくおはようございます。←(まったくもってなんて言葉だ!)
くじら座提督です。

少佐「今日は朝早くから仕事されてましたね。本業の方ではなくて」

提督「本業の方は夜戦だからね。今日ははかどった。「あいづ」もパテ盛りが終わったし、上構も製作段階に入ったしね。」

少佐「残る難関は、やはりアンテナマストですか?」

提督「SPY-1Fレーダーのマストね。あれに関しては高密度発泡スチロールか、石粉粘土による工作を考えている途中だよ。」

やはり、色々と難関はあるようです。



工廠長「今回はタミヤのベーシックタイプパテを使いました。」

少佐「その出来栄えはいかかですたか?」


塗ったばっかし。
工廠長「これからヤスリがけと、糸ノコを使って削り出しをしようと思うのだが、なかなか刃が入っていかないんだよなぁ。」

少佐「なぜです?」

工廠長「喫水線から上甲板まで実測1cmあるから糸鋸じゃあ刃が切れる切れる。
かと言ってデザインナイフじゃあ何日かかることやら。工廠泣かせだよ。」



粗塗りですが、ヤスリがけ・カットを続ければなんとか形になるように努力は怠らぬ。

課長「これからが勝負・本番ですね。」



提督の趣味。

そもそも、吾輩が艦船模型にのめり込んだには遠回りながらスペースオペラが関係します。
吾輩は笹本祐一先生のファンで、「スターダストシティ」からの愛読者であります(比較的最近?ファンはファンでしょ!)

今や人気アニメとなった「モーレツ宇宙海賊」の原作も笹本先生の作品。

星のパイロットの方が先に刊行されていましたが、ミニスカ~が思った以上の売れ行きで、以前に出した書も少々の改変をして再刊行と読者にとっては万々歳な展開。
既に図書館からも消えつつある笹本先生の本がこのようにして復活をしているのは大変に喜ばしいことなのです。

我が家の書庫にはすでに・・・、


第1巻から継続して購入していつの間にやら、

最新刊。
タイムスリップした120年前の独立戦争の真っ只中に飛ばされるという話。
今回はいつもと違い、戦闘シーンは控えめですがそのかわり、ややこしい話が満載です。第12巻はこの巻の続きとなるらしいですね。

あまり言っちゃうと読む気が失せるかもですので、是非とも一度はお読みください。

ちなみに、この話の海賊たち、地球にあった大昔の海賊免許「私掠船免状」を持った女子高生のおはなし。

私掠船免状は海賊免許とも言うが、これは厳密には違う。
戦争状態にある一国の政府から、その敵国の船を攻撃しその船や積み荷を奪う許可、私掠免許を得た個人の船をいう。

お話の中では海賊船も軍隊の一員として扱われるため、船長は戦闘時には海賊服「制服」を着用の義務が与えられているそうな。
宇宙も「海」として扱われるのでいつの間にやら本物の艦船にも興味がわいたというわけ。

ちなみに、この主人公が住まう星は、
くじら座宮タウ星系第3惑星「海明星」(うみのあけほし)。

くじら座提督の名前の由来にもなったありがたい星です。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR