FC2ブログ

ふっふっふ♪



皆様こんばんにちは♪

厚木基地のベース開放日にとあるブツが届いたので、そっちには行かなかったくじら座元帥でありますw





元帥「やはり吾輩は模型の世界のほうがあっているということなのか?」

二宮中将「もともと模型の世界から軍事を知ったお方ですしねぇ。」

林提督「そんな閣下が春祭りにも行かずにニヤニヤと執務室でニヤけていたのはどんなブツなんですか?」

元帥「ふっふっふ! よくぞ聞いてくれた!!」

林提督(うわぁ聞かなければよかったかなぁw)








元帥「それがこいつだぁ!」

高島中佐「昔JR東が寝台特急「カシオペア」用に使っていたEF510-500番台電気機関車ですか?」

マウントバッテン情報局長「これは・・・Taurus(タウルス)ですか?閣下」

元帥「さすがマウントバッテン君、イギリス出身なのに大陸の機関車を知っているとは。」

情報局長「いやだって、側面にRailJetて書いてあるじゃないですか。」

元帥「RailJet専用機関車だが、その機関車の愛称である「タウルス」を知っているとはなかなかのマニアじゃないのかね?」

局長「この機関車の正式名称「Eurosprinter」も知ってますけど、中央ユーロ圏で大活躍してる機関車のうち、すんごいやつがいる…というので名前だけは知ってるんですよ。高速列車に負けないスゴイやつが…と。
さすがに、ドーバー渡ってはこないですけどねw」

元帥「今年はイタリアまで足を伸ばすそうだよ?」

局長「ええっ?昨年のドヴォルザークの一件がえらい大変だったのにですか?200キロの快足でも10時間超えるような路線走ってるあいつがミラノ近辺まで足を伸ばすんですか!?サン・ジョルジョの近辺とおって!?」

元帥「イタリアの強襲揚陸艦に「サン・ジョルジョ級」ってのがいるけど、サン・ジョルジョって山はスイス領なんだよなぁw

ミラノじゃなくてヴェネチアだそうだぞ?」


その他たち

「キョトン。」



説明しよう!「RailJet(レールジェット)」とはオーストリア連邦鉄道とチェコ鉄道が運行する国際特急の名称で機関車が客車7両編成をプッシュプル(英語名)して最高時速230キロでドイツ・スイス・チェコ・オーストリア・ハンガリーの主要各都市を結んでいる特急列車である。


写真はオーストリア編成
チェコ編成は青い塗装を身にまとっている

編成は2等車(エコノミー)4両・1等/食堂車1両・1等車(ファースト)2両(そのうち先頭の制御車輌は最上級クラスのビジネスがあり、ドアごとに1等とビジネスに乗り込む構造になっている)

詳しい内容はYouTubeのチャンネルに登録してるこちらの方の動画でどうぞ


色々とスゴイ列車なんですよ♪
でも、ドイツはいいとしてオーストリアのGDPは大阪府のちょっと上あたり、チェコは埼玉県とほぼ同じ。
スイスは東京都と比べても遥かに下だし(物価が高い都市ランキングでシンガポールの次位ナノにも関わらず)
ハンガリーは静岡県のちょい下あたりで全然GDPでは日本一国に足らない国々でこういう列車を運用してるんですからすごいですよね~






Taurusとはオーストリア国内でのみ与えられている愛称であり正式な名称は「Eurosprinter」と呼ばれている。
ドイツのSiemens(ジーメンス)が開発した汎用機関車で鉄道会社によって事細かな製造指定ができるセミオーダーメイドで造られる。
ユーロ圏はもちろん一部は東欧圏でも活躍する汎用電気機関車で、車両によって4つの電源に対応することができる。








写真のTaurusはオーストリア国鉄がRailJetの運行を開始するにあたり塗装の試験のため、1016型2両と1116型1両それぞれに異なる試験塗装が施された
結局採用されたのは1116型機関車の現在運行されている赤い塗装にグレーの帯を巻いたシックな装いになっている。

1016型と1116型の違いは同じ「ES64U2」という型番の中に入っているのだが、単一の電源か2つ以上の電源に対応してるかの違いで型式名が異なってる

1016型はオーストリア国内線用機で交流15kV16 2/3Hzのみに対応の出力6400kw出力機。最高速度は230km/h

1116型は1016型のスペックに加えて、ハンガリー・スロバキアの電源に対応するため交流25kV50Hzにも対応している最高速度は同じ。

ちなみに。カタログでの「ES64U2」とは「"ES"」+「出力」+「目的」+「対応電源数」によるもの。
「”ES”(EuroSprinter)」
+「64(6400kw)」
+「目的」は"P"は旅客用(Passenger)、"F"は貨物用(Freight)、"U"は汎用(Universal)を意味
+「対応電源数」は"2"は2電源対応、"4"は3~4電源対応で、単電源対応の場合は数字は付かない(ただし例外あり 1016型がそう。)


モデルのこの機関車は1016型機関車の034号機がモデルとなっているのだが…

実物。 おでこに1016-034-9と書いてある。



モデルでは1116-034-9とある?
これは印刷ミスなのかしらん?

ほとんどの製品が赤単色やRailJet塗装。
なかには特別記念塗装の製品もあるなかでこの試験塗装が出たことに驚きを隠せなかったのでまぁいいか!w








2番目の動画でも紹介されてましたが電車特急のような流れる塗装の為に、正常時はこのような単色で塗られた前面が編成の先頭に立ちます。

しかし・・・





車体に掛かる負荷の影響からこっち側のようにグレーの帯が前面に来る時もあるようですね~
まぁこっち側でもかっこいいですけどね☆

動画でもありましたが、各駅列車から高速特急列車・重量級貨物列車まで自走できる電車以外はなんでも牽引できるというのでIC・EC特急や快速列車にも登用され重宝されているので、現在RailJet専用客車のないわが連邦鉄道でも普通に運用できるのが嬉しいところですね~♪


いい買い物でした♪



そうそう、この機関車アレでそのスジでは有名なんですよ♪

あの「インバーター」でw



そう!この「ドレミファインバーター」♪
このドレミファインバーターーこそSiemensが開発したインバーターなのです。日本では現在でも京浜急行電鉄1000形電車の一部でそのインバーターが聞けますが、更新によってその数は相対的に減っているので聞けなくなる日も近いと思いますね。

ちなみに京急の列車は1両につき1個のインバーターを搭載してますが、Taurusの場合は2個搭載しています。
そのため京急では聞けない「空転時のハモリ」が聞けるのが特徴でそれも好きなんですよね~




スポンサーサイト



コメント

No title

かっこいい車両ですよね♪
ドレミファインバーター知ってます

No title

おーなんてカッコイイ格納庫!w
( ̄▽ ̄;)冗談です

(^o^)/鉄の趣味はありませんがタモリ倶楽部の鉄シリーズは毎回面白くて何回も見たのでインバータの音とか面白いですね~
最近の電気自動車やハイブリッドカーは静かすぎて対人用に変な警戒音出るようにしてるくらいなら
インバータ音をわざと出るようにすれば一部鉄道マニアが車にも興味持ちそうw
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR