FC2ブログ

しらせ 晴海から大井へ



まいどこんばんは、くじら座元帥であります。

あ、三軒茶屋さん宛の荷物は明日発送しますね♪
幕之内さんの艦載機セット(ヘリ)とか色々詰めていますので、到着までもうちょっとお待ち下さいね~






さて、帰国行事が終わったしらせは大井水産埠頭へ回航するのですが。
晴海を出るのが1300時ごろと、ちょっと時間がありましたのでお昼ごはんとフネウォッチングを見ていましたw







艦橋直前の船倉区画ではヘビーデリッククレーンを使って物資の搭載を行なっていました。
ラッタル付近では一番下のコンテナから荷物の取り出し作業が始まっていて、何やらダンボールがパレットに山積みにされてクレーンの方へ移動している作業などを見物。








クレーンによって釣り上げられる物資。
操縦士に指示を出す作業員の指示の仕方を見てるのも楽しいですね♪


手際の良い作業でどんどん積み込まれていきます。

この日は知らなかったのですが、翌々日ぐらいに横須賀で年に数回ある「艦隊集結訓練」が実施されており。
しらせはと言うと…単艦で自衛隊入隊希望者向けの体験航海を、晴海埠頭から横須賀基地まで参加者を乗せて航海していたそうな。

そうです、この日搭載していた物資は体験航海に参加する入隊希望者と親御さんたちにお配りする体験航海名物「毛布」だったのです。
どおりで「米袋にしてはオレンジが強いなぁ」と思ったはずだw









物資を搭載してきた車輌と隊員。
しらせの乾舷の高さが際立ってますねw
このトラック最初は民間かなと思ってたんですが、よくよく見てみると…








フロントのインパネにMSDFの文字と「桜に錨のマーク」
それにウィンカーの下辺りに「横基業隊」の文字らしきマークもありますからこれは立派な基地業務車両ということがわかりますね♪

いちおう形式としては3/4t4×4トラックということになるんでしょうかね?



こちらは厚木基地の3/4t4×2トラック
ベースはいすゞ製

基地業務車を調べるのも楽しいですけど、普段どこに置いてるんでしょうかね?あの横須賀基地内に。








普段見る時は動いてないデリッククレーンに注目しっぱなしでした♪

湾内の方に目を移してみると・・・









ランチクルーズ前ということで東京湾内クルーズを代表する3隻のレストラン船のうち、2隻も日の出埠頭の方に集まってました。










シンフォニークラシカ/シンフォニーモデルナ
…は、シーライン東京が運行するレストラン船で東京湾のランチ・ディナークルーズの他に貸し切りパーティークルーズも行っている。

シンフォニークラシカは豪華なヨットという姿であるに対し
シンフォニーモデルナは横浜港の「ロイヤルウィング」と共通するような内航客船と言うような姿をしている。

船容だけ見るとシンフォニーモデルナのほうが古い気がするが、実はクラシカのほうが就役した日が早いのであります。
シンフォニークラシカ:1989年5月
シンフォニーモデルナ:1992年

しかし、東京湾クルーズは良いですね
ランチ・ディナークルーズだけで3隻から選べるんですもの。


そのもう1隻というのは「ヴァンテアン」というフネであります。








ヴァンテアン
フランス語で「21」を意味するこの船は「21世紀の東京を船から眺めよう」というコンセプトで設計。
東京と東京の離島を結ぶ「東海汽船」が親会社の「東京ヴァンテアンクルーズ」が運行するレストラン船。




バブル期に建造されたため現代の目から見ると多少、ヤボったい印象ですけど。ま、しょうがないですねw


このほか晴海客船ターミナル裏手の桟橋には・・・








水産庁の漁業調査船「開洋丸」漁業取締船「照洋丸」がメザシ係留されてました。
漁業調査船「開洋丸」は、流氷域及び熱帯域を含む全ての海域において、各調査機器と大型表中層トロール網により、水産生物の的確な資源調査、有用生物の発掘及び資源動向に影響を与える海洋環境調査等の基礎的研究を行う大型漁業調査船です。(水産庁HPより)

所属:水産庁
全長:93.01m
全幅:15m
定係港:東京
総トン数:2630トン
従業制限(航行区域):第三種(国際航海)
国際総トン数:2942トン
竣工年月日:平成3年7月31日
最大搭載人員:65名
建造所:三井造船

一方の漁業取締船「照洋丸」は、 我が国周辺水域等において、違法な操業及び漁具の設置を行う外国漁船等の指導・取締を行うことを目的にしています

所属:水産庁
全長:87.60m
全幅:14m
定係港:東京
総トン:2183t
国際総トン:2553t
従業制限(航行区域):第三種(国際航海)
竣工年月日:平成10年5月12日
最大搭載人員:48名
建造所:日本鋼管

水産庁の船は浦賀水道あたりでよく見かけますけど、海上保安庁と同じで船籍港は東京なんですね~








こちらは海上保安庁の測量船の定位置。
HL-03明洋とHL-04天洋がいますね。
明洋型の海洋はお仕事かな?








中型測量船の中では一番小さな「天洋」
でも、ちっちゃい船でも縁の下の力持ちを支える船であることには変わりなく。現在も日本の領海の測量のお仕事についています。
ミランダ式ボートダビットから今にも着水しそうな小型艇は10m測量艇

ちっちゃいといえば・・・










これ。
ちっちゃいというより、平たいと言うべきでしょうねw
松本零士先生がデザインした東京都観光汽船の隅田川クルーズ船
「ホタルナ」
「月が輝く夜に神秘な輝きを放つ蛍が隅田川を舞う」というコンセプトからホタルとルナ(ローマ神話の月の女神ルナ)の掛け合わせで「ホタルナ」と名付けられた。
ちなみに第2番船。

1番船はこれ↓



ヒミコ
こちらは船外デッキに出られない構造。
ホタルナよりも未来感がすごいフネで、船内では銀河鉄道999のメーテル・鉄郎・車掌さんの船内放送が聞ける。

ちなみに、フジミ模型から1/150スケールで「ヒミコ」の模型が出ており、レンタルレイアウト店などでその姿を確認することもよくある。









さて、大井水産埠頭へ回航する準備が整ったようで離岸する準備が始まりました。

そして出港!











よく見ると後ろのタグは接岸支援のためかホーサーを繋いだまま移動してますね。








ゆっくり休んで疲れを癒やしてください。
と言ってこの場をあとにしました♪

そして吾輩はこのあと仕事に行きましたとさ(笑)



デハっ♪

スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは
やはり「しらせ」はカッコイイですねぇ
海自の護衛艦らとはまた違ったものを感じます。
まだ生で見れてないのが残念ですが…。

いつか漁業監視船や巡視艇らも1/2000になる日が来ると良いのですが、やはり作るしか無さそうですねぇ…

No title

おはようございます、鳥栖さん
護衛艦たちはシュッ!とした艦影が特徴ですが、丸みを帯びた乾舷の高いしらせもかっこいいですね。

1/2000ではありませんが、1/1800では海外で需要があるので砕氷艦とか警備船とかはebayなんかで見かけることはありますね。

1/1250・1/1200の世界ではドイツのメーカーで巡視船「こじま」とか言うのも目にするんですけどねw

No title

おはようございます!
『しらせ』はめったに見れないので羨ましいです(笑)
関東は様々な船がいるから、港にさえいけばワクワクできそうですね

No title

おはようございます。
予想外のプレゼント告知にもう先週からウキウキワクワク状態です(笑)
今回のお返しは「甘いもの」にさせて頂きますね(笑)

No title

こんばんは、Mein Führer
船検で舞鶴に向かう時もありますけど、南極から帰ってきたときの造補修はJMU磯子でやっちゃうことが多いですからあんまり向こうまで回航することはないですね~
去年は呉まで行きましたけど、佐世保入港は2010年の9月を最後に行ってませんね。

ありがとうございます。

No title

こんばんは、三軒茶屋さん
ガチャガチャの「いずも」も出るみたいですけど、ここはやはり「いいもの」を創れる人に送ったほうがいいと思いまして♪
それに、前に欲しいとおっしゃっていたのを思い出しましてw

定形外郵便で送ったので2日ぐらい見ていただければ。
あ、ちゃんとした固い箱に入れましたから破損はないと思います♪
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR