FC2ブログ

MS EUROPA(オイローパ) 1/1250



すっかり秋めいてきた感じではありますが、ここ湘南はまだまだ半袖が必要な今日このごろですがみなさまいかがお過ごしでしょうか?


おはようございます、くじら座元帥でございます。




随分前に購入したんですが、紹介してない1/1250模型があったのでご紹介しますね。
オイローパ(EUROPA)であります。







ドイツのパパグ・ロイド社の客船で1980年代のフネです。
実は先代・先々代の同名客船の3代目です。

パパグ・ロイドは結構古いクルーズ客船業で、このハパグ・ロイドの「オイローパ」という船名、もちろんヨーロッパを意味するドイツ語ですが、船名としても由緒正しきもので、初代は1930年建造、約5万トンの堂々とした北大西洋ライナー。
姉妹船「ブレーメン」と共に、それまで永年にわたって英国客船が保持し続けていた北大西洋横断記録の「ブルーリボン」を獲得しています。

先代の2代目オイローパはスェーデンの「クングスホルム」が前身で、21164トン/1953年建造のいかにも美しい北欧の客船という感じで数多くの客船ファンをとりこにしていました。
日本にも度々来航してたみたいですね。

プニップクルーズさん:http://blogs.yahoo.co.jp/tim_nakins/61513249.html

ちなみに初代オイローパ(1930年)は戦前の客船なのですが、トップデッキに陸との連絡用に郵便機(フロート付きの小型水上機)を搭載してて、カタパルトを使って射出していたことでも有名なフネでした。
もひとつオマケで言うと、タイトルの「MS」とは「Motor Ship」の頭文字の略です。
イギリスの豪華客船にもある「RMS Queen mary」のRMSとは、ロイヤル・メール・シップという意味なんですが、MSはメール・シップとは関係ありません。

現在はコンテナ船や中・近距離貨物船なんかで郵便物を運んでるのですが、国内だと離島航路とかでフェリーが郵便輸送してるところなんかを見かけますね♪
マルエーフェリーとかには乗降口の付近に郵便マークがちっちゃく描かれてます








3代目のオイローパは33.819tの船で、戦後のドイツ客船では最大でした
「公室」と呼ばれる客室を船体後部に配置する珍しい構造で、現在のいわゆる「ベランダずら~り。」みたいな客船とは一線を画しています。
もともとノルウェーなど南極海でのクルーズを目的とした設計なので、ある程度の耐氷構造や耐寒構造も取り入れてます。









オイローパはその後ゲンティン香港のスタークルーズにて「スーパースター・ヨーロッパ/スーパースター・アリエス」とか言う名前で極東クルーズを運行し、その後フランスにわたり「ブルー・ド・フランス」と名乗り、現在は世界有数の老舗「サガ・クルーズ」で「サガ・サファイア」として現在も運行が続けられています。

度重なる改修工事で、丸いお尻が角ばってしまった以外はほとんど変わらない姿を維持し続けているのは驚きですね。









今回ご紹介しているこのオイローパは1/1250ですが、安価で購入できるエフトイズの製品等ではありません。
1/1250船舶模型の本場ドイツの製品で、ロストワックス製です。








ドイツの1/1250模型界では知らない人はいない超有名な工房の製品で、CSC社が製造・販売しており、マイスター・クラスと評されています。
CSC「社」といっても、本国ではオーナーと奥様が自宅兼事務所兼ギャラリーを開いてるだけで製造はアジア圏の某国でやっているとのこと。
クマッコ店長さんのサイト→http://blogs.yahoo.co.jp/fr174086/37167352.html

吾輩はとある同好の主から(おそらくクマッコ店長さんだと思うが…)ヤフオクで手に入れたんですが、本国よりもお手軽な価格で購入できました。
それでも20.000円以上はしましたけどね。
ちなみに、1930年のオイローパは289ユーロほどでした









大きさ比較のため「ひゅうが」に並んでいただきました。
現在建造中の海上警備隊の大型巡視船のため、船体が白いのはご愛嬌
塗ったは良いけど、デカールどうしよう?という所は万国共通でしょうね。

文具メーカーが自作デカール(インクジェット)用の用紙出してまして、いくつか試したんですが「トップコート」吹くとどうしても滲んでしまうのが問題点ですね…

船体と幅はほぼ同大。
高さは艦橋とマストの部分があるのでこれは比較にならんだろうと割愛。










今度は日本でも購入できる「小西製作所」のしらせとともに。
しらせがいかにちっちゃいかよく分かりますね♪

CSC社のはとにかく繊細で、アンテナ線はともかくとして「手すり」が要注意な模型であります。
実はそれもそのはずでCSC社の製品は「博物館展示モデル」とまで言われる精密の極みな模型なのであります。

吾輩の1/1250の師匠で「S4さん」も「引っ張り出して、(比較)並べて楽しむのではなく、木枠に入ったまま遠目で愉しむものですね」と評してる通り、なにかライティングされたショーケースの中に入ってこそその価値が深まる製品だなと感じますね~









いや~それにしても惚れ惚れとしますね♪
良い船だ。


実はもう1隻狙ってるのがあるんですが、それはオイローパのさらに倍の値段がするのでためらっています(笑)
今週末はどこかへ遊びに行こうともしているため資金のほどが怪しいですw
たぶん◯都かな~?




まだ紹介してなかった1/1250船舶模型でした♪

エフトイズよ、客船も出してくれんかのう?



デハっ!
スポンサーサイト



コメント

No title

うむむ、、、さすがCSCですね。
適価で入手されたようで何よりです。
あちらのオクでもあまり見ません(それほど熱心には見てないけど)。
ってことは元はやはりkumakkoさんかなあ。。。

※長くなるのであとはオフラインで

No title

おはようございます、ARCadiaさん
CSCはもう格別ですね。小西も安価な路線で良いですが、これは比べちゃいけないものですよ(笑)
オフラインで指摘されたところの修正。いたしました~オイローパも最新型オイローパ2が出てからますますややこしいことになりましたので何代目と言うのはまぁまぁヤボだろうとは思いましたがw

ヤフオクの方で1999年版のオイローパが「Ⅵ」と表記されてたんで、6代目とメールしたんですけどもね~
しかし「リギングのQM」四万五銭園はキビシイですよ(爆)
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR