FC2ブログ

YYのりものフェスタ 3



なんだかあれもこれも3回まで書いて終わりそうな気がする今日このごろのくじら座元帥でございますw


林提督「結局横浜の掃海艇も2回までしか書いてませんものね。」

元帥「YouTubeで動画見てたら書く気が…w」

二宮中将「なんの動画見てたんですか?」

元帥「おついちTube」のウィッチャー3。」

二宮中将「あぁ~、「兄者弟者さん」とよくやってる…」

元帥「個人的には兄者さんの実況のほうが好きなんだがねぇ…」

林提督「そーゆーことは言わないほうがいいのに










林提督「結局前回はシーフレンド7の紹介だけで終わってしまいましたね」

元帥「うむ、しかし客船マニアであればそのへんも紹介しておきたいからな。 それに、他の客船ブロ友さんからお叱りを受けるやもしれんし。」

林提督「大阪近郊のどっかのふ○○ちさんでもない限り、そこそこでいいんじゃないですか?」

う~む。











中瀬航路を往く貨物船と、海を愉しむヨット達。
カメラでズームした中では一番大きなヨットが帆走中でした
あとは一人乗りのレーザー、二人乗りのテーザーらしいヨットが多かったですね~。

さて、その中瀬航路から横須賀本港.アメリカ海軍側に目を向けると…?










横須賀海軍施設の4号・5号バースに接岸している2隻のアメリカ軍艦が見えてきました。
うち1隻は沿岸警備隊で軍ではありませんが、有事の時は哨戒艦として機能することから第5の軍隊として知られています(陸軍・空軍・海軍・海兵隊・沿岸警備隊)









1960年代後半から70年代前半にかけて同型12隻が就役したアメリカ沿岸警備隊の大型カッター「ハミルトン級カッター」が係留されていました。
いつもの係留場所を取られてこっちに来たんでしょうか?

ハミルトン級は「カッター」つまり「哨戒艦」なので、先ほどの「2隻の軍艦」という表現はあながち間違ってないでしょ?

艦番号717 メロン WHEC-717Mellon
1967年12月就役
満載排水量:3250トン
全長:115m
全幅:13m
喫水:4.6m
主機:巡航用ディーゼルエンジン2基 高速用ガスタービンエンジン2基
速力:29kt
乗員:167名
レーダー:AN / SPS-40対空レーダー
     AN / SPS-73対水上

兵装:OTOメラーラ76ミリ砲1門(前甲板)
ファランクス20mmCIWS1基(後部甲板)
航空機搭載:なし(現在はヘリコプター甲板のみで、搭載機は保有せず)

1990年に同型5隻にFRAM改修で付与されたハープーン対艦ミサイルの運用試験において初めてハープーンを実射した艦でもある。










ハープーンは冷戦の終焉などの理由により、対潜兵装とともに2001年までにFRAM改修が実施された同型5隻から撤去された。

ちなみに発射架台は7.6センチ砲の後方。
艦橋直前に配置されていた。
オーストラリア海軍のアンザック級フリゲイトのような配置だったといえば、わかるだろうか?

にしても、かまぼこ型簡易ヘリコプター格納庫を2本の煙突でサンドし、2本マスト装備艦は美しいですね~
マストもステルスではなく、スラリとしたいい脚線美を見せているではありませんか!
いいねぇ~


さて、向こう側を見たらば…









こっちですな。

この日レーガンは、検査修理のトライアルにお出かけしていたようで第15駆逐隊と第7艦隊水上戦隊のほとんどが在泊しており、たくさんの海軍艦艇が見られました。
写真にはイージス駆逐艦のベンフォールドが見えています♪
この艦はフライトⅠに属する艦でアーレイ・バーク級の15番艦ですが、第7艦隊地域の戦力再配分化によって横須賀に追加で配備される3隻のうちの1隻でもあります。
そのため、イージスシステムが最新のベースライン9に更新されています。

その奥には・・・?












足場で覆われたマストと、見覚えのあるフェーズドアレイレーダーにイルミネーターが。
アメリカ海軍唯一の巡洋艦、タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦ですね~
さすがに艦番号まで見えませんのでどの艦か、分かりませんが…









艦橋真上のマストのレーダーがこれまで使われてきたAN/SPG-9に、3次元レーダー機能が追加されたAN/SPG-9Bが載っているところを見ると。
CG-MADが施されたCG-62・67あたりではないかと推測されますねー

さて向こう側ばっかり見てるとなんの一般公開だか分からなくなってしまうのでw
こっちも一応・それなりに・見ておきましょうね~











いずもの飛行甲板ではいつものトーイングカーに加えて、飛行甲板で使う車両の展示がなされていました
こちらは高所作業車ですね。
他にもクレーン車とかがありましたが、全て民生品を利用していました。











いずもの第一機銃座
わかりやすくするために機銃っぽいものが取り付けられてますw
本来であれば、機銃架台と同色のブローニングがあるんですが、規則により普段は艦内に格納されています。










横須賀駅の電留線には久々に復活した「グレードアップあずさ色」を身にまとう183・189系のM52編成がおります。
が、今回のYYのりものフェスタに合わせて展示されたというよりも、11日・12日・18日・19日に運転された臨時快速「鎌倉あじさい号」で使用され、鎌倉駅の電留線ではなくここの電留線に留置されていたようです。

そのため、noir同志殿が18日のむらさめ・いずも出港を記事にした時も横須賀駅に183系が留置されている写真があったのもうなずけますねー











主に中央線系で運用されている183系と横須賀線を出ることのないE217系
実に不思議な出会いですが、鎌倉臨と呼ばれる臨時列車運転には結構首都圏では見慣れない電車が来たりしますね~
少し前はSL列車で使われる旧型客車とか来ましたし~

いや、いいモノが見れましたわい♪




























スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。
コーストガードのカッターが横須賀に来ることもあるんですね?
それにしても、コーストガードのカッターを見られるなんて貴重です(^-^;
カッターというのは、米沿岸警備隊の船艇に対する伝統的な呼び方で、大きかろうが小さかろうが、すべてカッターと呼ぶ習慣になっているみたいですね?
軍事の世界では一応「準軍事用艦艇」とみなされ、法的には海軍に所属してないから、軍艦とは呼びません。
ですが、日米両国とも、非常時には総理大臣(日本)または大統領(米国)の権限で、海保の船艇や沿岸警備隊のカッターを海自、米海軍の指揮下に組み込むことができるから、その場合は軍艦てしての資格が与えられるようになるでしょうね?

No title

こんばんは、元帥閣下(`・ω・´)ゝ
お写真拝見させて頂きました!!
大きなヨットは横浜ベイサイドマリーナを母港としているSwing31の「ALWAYS」かな??
時期的に全日本の大会に向けて近海でセーリング練習をしていたものと思われます^^v
また小型のヨットはテ―ザー級ではなく、スナイプ級です。
私が4年間乗っていたので分かります(笑)
一番の特徴としては帆がダクロン生地(白色)かマイラー生地(透明)かの違いですかね。
さらに付近に5艇ほど一緒に練習しているとなると八景島マリーナを母港としている大学ヨット部と思われ、スナイプ級で5艇(10人)となると、ある程度の規模のヨット部。。。
更に帆に記載されている数字が赤色なので、恐らく早稲田大学か学習院大学ですね!!
帆走区域が横須賀港沖まで及んでいるかは分かりませんが。。。

No title

おはようございますトツケン司令官閣下
横須賀港には常時コーストガードのカッターがいますが、たまに広域訓練に参加したり国内の米軍港の見回りとかでいないこともありますね。
また、ハミルトン級は本艦含めて5隻しか存在しませんし、その5隻も欧州軍や中央軍などに展開しているみたいです。

ご指摘の通り米沿岸警備隊は国防省の管轄ではありませんが、「国土安全保障省」に現在は属しております。
向こうでは三大軍系省とか呼ばれてるとか…(米国の行政機関のうち3番めに大きな省庁だからだそう。1国防総省 2退役軍人省 3国土安全保障省)

ただまぁ、フリゲイト並みの重装備の艦艇と対潜哨戒に特化した航空隊を保有してたらそう思わないでもないですよねー。

No title

おはようございますnoir同志どの
さすがその道のプロがいると詳しいですね♪
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR