FC2ブログ

日米親善春祭り ⑤




お久しぶりです。
くじら座元帥であります♪


まー、なんということでしょう(棒)
最後の更新から2週間経ってしまいましたよ(笑)

その間何してたかというと、まぁいろいろしてましたよ。
ボビーセンターKATOに行ったり、ヤフオクでポチポチしてみたり。

その結果ドイツのCSC社製1/1250客船模型とminitrix社製のNゲージ蒸気機関車をゲットしました♪
これで今月はもう終わりましたな(笑)
運も銭もw

銭の方はまぁ、「これぐらいするもんだから」という物ですので気にはしてません。
Nゲージの蒸気機関車の方はジャンク扱いとして出品されてましたが、前照灯・尾灯ともに点灯。駆動も問題なしというお値打ち品でしたが、キャブに登るためのステップが折れてたりするので少し改修が必要みたいなので、ここは腕が必要ですな。 
果たして吾輩のつたない腕で足りるのか…見ものですな 

書いて分かる人はこのブログでいないと思いますが…
形式名は「BR52型」であります。





・・・ところで、背景画像とヘッダー画像を変えましたが。
背景画像に興味を持った方がやや多かったようなので(ページビューカウンターが上がりました)、完全な写真を貼っておきますね♪










旧ランドルフ砲台跡地に建てられた U.S. Army Museumの入口前付近に展示されているM24軽戦車と帝国陸軍九五式軽戦車が飾られている。
この写真は2014年にハワイに行って撮影したものである。








M24と比べても格段に小さいことが分かる。
まぁ、計画段階から計算して8年も違うので単純に差を測ることは出来ないが。
またこの九五式軽戦車「ハ号」は完全な形状を保っておらず、あちこち部品が欠落してるうえ細部の形状が間違っているという。
モスクワで保存されている第11連隊車両と比較すると不自然さが分かる。


また館内は要塞時のまま展示されているため、薄暗く写真写りが悪いが貴重な資料が展示されている。
館内の一部にはハワイで生まれた日系3世で元アメリカ陸軍参謀総長・退役大将Eric Ken Shinseki(エリック・ケン・シンセキ)氏のコーナーもある。

現在のアメリカ太平洋艦隊司令長官が日系2世のハリー・B・ハリス・ジュニア海軍大将であるが…
日系人で大将クラスが出るようになったとは、日系人の誇りですね。
日系人が多数移住したハワイならではの展示であろうと理解してますが、もちろんそういうことで展示しているわけではないという人達がいることも考えておかねばなりますまい。

しかし、こういうところで日本との絆がつながってるんだなーと実感できますね。



さて、厚木基地の話。









スパホが飛び立つ間コックピットに座っていたパイロットがおもむろにポージング?
ポーズをとっていたのか、滑空を見に来たのか分かりませんがあのへん一帯がプチ撮影会となっていました(笑)








VFA-102ダイアモンドバックスの前はさながらコスプレの撮影会みたいな熱気がw








客「いやいや、還ってきたわけではないだろ?」

客B「雰囲気が味わえるなら良いだろう?」

そうですね~。








やおら何かを取り出したかと思えば…旭日!?
なんか書いてありますね…
「Fighting 102  diamondbacks」第102戦闘攻撃飛行隊 ダイアモンドバックスというふうに書いてあるようですね~








引きで。
満面の笑み浮かべちゃって…
これでサングラスの奥の目が笑ってなかったら怖いゾ!








突然登り始める男性パイロット








後を追いかける女性パイロット








隊機の上で隊旗を掲げて大撮影会の始まり!










お両人ともさわやか~な顔をしてらっしゃる 

さて、一通り見終わったのでちょっとブラブラしてきますか!
「ぶらクジラ!」
…ゴロが悪いですなw








C-2グレイハウンドはいつ見ても長蛇の列が出来てますねー
にしても、この顔がかわゆい♡
まさに空飛ぶ0系新幹線!
意外と町中で飛んでるとこ見ると速いんですよー?








エプロンと格納庫との脇においてあったコンテナ。
空港でよく見かける銀色のと形が似ているように見えますが、実はこっちのほうが大きかったりして?

コンテナにVAQ-141とあるので、第141電子攻撃隊「シャドウ・ホークス」の専用コンテナであることが分かります
グロウラー等のなんかしらの器具の倉庫になってたりするんでしょうかね?



このあとは米軍側を離れて、海自側の展示室を兼ねている厚木ターミナルへ向かいました。









海自側エプロンにあるターミナル。
硫黄島や南大東島に定期便が飛んでいるので待機場所に使われるんだとか。
硫黄島での戦没者慰霊に参加する遺族の方々もここで待機するんだとか
1階に保安検査場と出入国ロビーがあり、2階に展望待合室と会議室・売店・資料展示室があるそうな。
2階からの眺めがとても良く、海自の消防車や基地業務車が走っていく姿がよく見えた。
(消防車が走ると大概何かが降りてくる)


ターミナルのエントランス付近一帯は露店が集まっていて飲食ができた。
シロコロホルモン、胡椒餅(フージャオピン)台湾発祥の焼き中華まんみたいなもの)それに生ビールや定番の焼きそば…ちょっと変わったものでは鮎の塩焼きなんかも提供されていた。
どれもこれも美味かった~(画像はありません♪)

その屋台コーナーの一角に気になる車両がいました・・・









いすゞ製の基地業務車ですかね?








・・・にしては荷台が長いような気がするなぁ
いすゞに「4tロング」なんかあったっけ?









厚木航空基地所属の基地業務トラックで、正式名称は「3/4tトラック」というそうな。
陸自の73式トラックは「有事」を想定して制作しているが、こちらは「平時」において基地業務で使用する機材の運搬などをこなしているという。
ただしメーカーは導入時期も含めて4車種ほどあるそうで、どれがどれだかわからないかもしれない(汗)
しかし民生品であることには変わらないが。
ちなみにこの車の場合は「いすゞフォワード」が種車だとか。






この後もまだまだ続きますが
それはまた次回に

デハっ!


スポンサーサイト



コメント

No title

CSC製1/1250客船模型とminitrix製のNゲージ蒸気機関車
何か忘れていたのに私が悪い方?(いい方)へ引っ張り込んだようで申し訳ない気もします。
CSCは眺めているだけでも破損するくらい繊細です取扱いご注意!私のCSCはほとんど破損しています。
さ~て、次はBR52の走るレイアウトかな~
あ~また悪い方?へ誘導している・・・

No title

BR52型、戦時設計の蒸気とはまた渋いのを手に入れましたね!
ドイツ釜は赤い足回りが大好きです。

No title

こんばんは、師匠S4さん
ほんと悪い方へ引き込んでくださって感謝してますよ(笑)
師匠に出会わなければArcadiaさんやクマッコさんに出会えなかったんですから~。

たしかにあの手すりを見ていると壊れやすいっていうのがよく分かりますね♪

BR52型が走れるようなレイアウトを探すのが大変になるのでその方面はご勘弁を(笑)
せめてレンタルレイアウトぐらいで…外周を…
あ。欧州客車がないや

No title

こんばんは、カバネさん
ドイツ国鉄といえば01型や03型蒸気機関車なんかも有名ですが、吾輩はミカドの44型とかこの52型といった重量物系が好きなんですよねー
国鉄のD62が好きだというのは、この辺でつながっております♪

ところで、中古で買ったんですがどうやらこの機にDCCがついてるようでして。サウンドが楽しめるようなんですが、アドレスもわからないし日本の規格で走れるのかさえ分からないんですよー
天賞堂で聞いたほうが早いですかねぇ?
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR