FC2ブログ

伝説の機関車復活!



ついに伝説の蒸気機関車がイギリスで目を覚ましました!

こんばんは、くじら座元帥です。



イギリスには伝説と言われる蒸気機関車がいます
それは「フライング・スコッツマン」!








その名の通り、「空飛ぶスコットランド人」という機関車であります!!
正式名称は「LNERクラスA1/A3蒸気機関車」といって、鉄道発祥の国イギリスの中で高速の域に入る超ド級機関車なのである。
最高速度は100マイル。時速換算で160キロである

なお、現在 世界最速記録を持つ蒸気機関車もイギリスが開発した「LNERクラスA4蒸気機関車4468 マラード」が保有しており、その最高速度は202.58キロとなっている。



今回復活したのは1963年にアメリカとオーストラリアで運転が実施され、それ以降本国でも保存運転が続けられてるno.4472ではなく、イギリス国立鉄道博物館に収蔵されていた、No.60103が復活したのである






60103号は1963年に引退し、国立鉄道博物館「NRM(National Railway Museum)」に収蔵されるため整備が実施されたとBBCが伝えています。









なお、ヨークのNRMに展示されていた頃は第2次大戦の際に黒色に塗り替えられたというそのままの塗装で展示されていたので、深緑のあのグリーンに戻るのは約70年ぶりということになるだろう。







この機関車はアメリカの保存機関車にありがちな「重油焚き」ではなく、ちゃんと石炭を使って運転しています。
しかし~海外の石炭って粒が大きいよね~
ま、あれぐらい大きくないと火力が出ないんでしょうね♪








10年という歳月をかけて現代に蘇った80歳近いオールド機関車。
これからもその勇姿が見られ続けるといいですね。


そうそう、きかんしゃトーマスの「ゴードン」のモデルはこのフライング・スコッツマンだってこと知ってたかな?




ゴードンはこの青色が定着してますが、それはソドー鉄道に来てからで。
以前は、トーマスがソドー島にやってくる時のように緑色をしていたんだそうです。
「俺がまだ若くて緑色だったころ、ロンドンに行ったことがある」というセリフがあるからしてどうやらそのようですね~

なぜ緑から青に変わったかは不明。


以上伝説の蒸気機関車が復活した話でした



デハっ!

スポンサーサイト



コメント

No title

おー!リアルトーマスじゃないですか!!
なんか先端が格好良いですねー♪
日本の車体と違ってやけにスマートに感じますね♪

No title

おはようございます。
こりゃゴードンですね(笑)
一瞬「なんで顔付いてないの?」と違和感が(笑)

No title

この走りまさに
フライング・スコッツマン!ですね。
Nゲージでもヤフオクに出ていましたが
R150の制約で手が出せませんでした。
イギリスの鉄道も好きです。

No title

こんばんは、キョマカイちゃんどの
地震大丈夫でしたかー娘さんは?仕事は?取引先は??
九州内の自動車道がアレでは広報活動も…ムニャムニャ(^^)

リアルトーマスといえば、静岡県の大井川鉄道さんがトーマスとジェームスを運転してますね♪
やっぱりいらないものを省いたスマートさがイギリスの売りです!

No title

こんばんは、三軒茶屋中将
ゴードンは力持ちで速いのが特徴ですが皮肉屋なのも特徴ですよね

向こうではトーマスよりもフライングスコッツマンがよく知られてますので、事情通はアレだけでも「ゴードンのモデルか」と分かりますよ~

No title

こんばんは、師匠!S4さん
まさにフライング・スコッツマンここにあり! ですね。
こうなるとマラードももう一回見たいですね~
ボイラーの検査に合格できなかったらしく静態保存だそうですが

No title

こんばんわ。
またすごいのが復活しましたね!
この調子で各国のSLが復活すれば、また世界横断オリエントの可能性もあるかも・・?

No title

おはようございます、カバネさん
時速160キロでかっ飛ぶ蒸気機関車ですよ!
ドイツ国鉄の01型も真っ青です(笑)
鉄道発祥の国、やりますね~
そのうちオリエント急行も復権あるかも?
ツアーではフネと列車の旅があるそうですが常時運行はしてないみたいですね
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR