FC2ブログ

横須賀サマフェス その5



行ってきました!
アロハヨコハマ2015。
いや~大繁盛でしたよー

でも、ちと値段がお高いですな(笑)

こんばんは、そしておはようございます。 くじら座元帥であります♪


え~前回の記事は良く分からなかったですねw
疲れて半分ウトウトしながらのアップロードだったので、後で読み返したら訳が分からん!
それに、なんとな~く「説明不足」な感じがしたのでここも反省するべきでしょうね?

じゃ、前回の反省も踏まえてご覧くださーい♪










PAC-3はご存知かと思いますが、弾道ミサイル防衛用のミサイルです。
ミサイル本体に加え、レーダー・射撃指揮装置などが必要です
が、今回はここにそれらが来ていなかったので「総火演」で実際の訓練風景を見て下さいな!

(総火演のチケが当たってない人は、YouTubeでライブ配信するそうなのでそちらを見て下さいねー。)
PAC-3が出なくても吾輩の責任じゃありませんからねー(棒)


陸自の車両といえば、こんなのも来ていましたね。







公式愛称が「コマンダー」と呼ばれている、通称「シキツウ」こと82式指揮通信車でありますよ~
「指揮通信車」という名前なのに、主兵装に12.7mm M2重機関銃1丁を装備する半戦闘車としても有名。






装輪式の車両なので高速道路でも走行できるため、転地演習などの際に高速道路を走行している姿がよく見られる。最高速度は100km/h
(特に九州)

体験搭乗が実施されていたので、老若男女問わず参加していましたよー♪
吾輩は列には並びませんでしたがw







またまたパトリオット。

マスコミを始めとする雑誌等々では「パトリオット・ミサイルシステム」。…と称する事があるが、正式には「トリオット」である。







一時期、ナチタ重工業を始めとする各ブログで「トレーラーブーム」があった。
その際、一番Nスケール化されたのはこの「ペトリオット」ではなく…

73式特大型セミトレーラー・・・でした。
・・・と言っても73式に限りなく近い模型。でしたけど(笑)
それでもかなり熱が入り、各同志殿のところで製品化されました。
(吾輩は結局造りませんでしたが…)








で、今回はペトリオットに挑戦してもらおうと企んでます
あれこれ画像を見せたら「造れずにはいられない…」
そんな人達への挑戦状です(笑)

さて、どうなるでしょうか?

※ちなみに吾輩は資料を提供するだけで造れはしませんのであしからず~

















さて、次はマッキャンベルですね♪
海自側の桟橋(吉倉岸壁)にいながら、再度荷物検査を要求した米海軍のミサイル駆逐艦であります。

1991年に1番艦「アーレイ・バーク」が就役してから20年間建造が続けられているベストセラーなフネである。







乗艦待ちの長蛇の列に並んでいる間に本艦の概要を紹介しましょう。

本艦は「アーレイ・バーク級」のフライトⅡAに分類される艦で、建造通算34番目のイージス駆逐艦である。

満載排水量:9.302t
全長:155.3m
全幅:20.3m
喫水:6.7m
主機:LM2500ガスタービン×4基
軸数:2軸
スクリュー:5翼ハイスキュード可変ピッチプロペラ1セット
出力:100.000馬力
速力:31kt

兵装
MK.41VLS 96セル
内訳:スタンダードSAM/トマホークSLCM/アスロックSUM/発展型シースパローSAM。
MK.45 mod4(62口径長) 127mm単装速射砲×1基
20mmCIWS×1基
30mm単装機銃×2基
324mm3連装短魚雷発射管×2基

搭載機
SH-60Bヘリコプター2機
(後にMH-60に変更)
乗員:278名







手荷物検査場では米海軍の男子諸君と女子諸官が中身の確認作業を実施してました!

元帥「や! 暑いなかご苦労様だねぇ。」

女子下士官「Admiral!
 Officer! Officer~!!」

・・・なんてことは実際ありませんでしたがw
それでも結構驚かれました。
実はこれを被って行ったからでした。↓









チリ海軍の練習帆船「B.E. Esmeralda」の士官用識別帽。


よく、本屋さんの入口近くに「大人のニッセン」とか置いてありますよね?
そのなかに「米国内着用禁止」と書かれているキャップが売られているのですが…
その帽子、実際に着用して基地内に入ると「その組織の人」に間違われてしまうそうな。
一般人であることがバレると、基地侵入罪やら なりすまし罪やらでしょっ引かれるとかなんとか…

怖い話です。


吾輩の場合はその道の人に頂いたものなので、責任はその人にとってもらうとして。
駆逐艦艦内では、士官/下士官問わず「足まで揃えた敬礼」をもらってしまいました(笑)
もちろん、紳士らしくちゃんとした「脱帽最敬礼」でご返答差し上げましたがね!







マッキャンベルのお隣には護衛艦「たかなみ」の姿がありました

残念ながら一般公開には参加していませんでしたが・・・







早速乗艦します。
艦尾に艦番号が書かれているのが米艦の特徴でありますよねー







ヘリコプター甲板から乗艦するのは初めてであります!
縄ばしごを登って・・・っていうのなら一度ありますが(笑)

右端にチョコットだけ見えてるのが「身分証明書を提示するブース」で、吾輩も身分証明書を提示しましたよ♪

検査官「Admiral Kujiraza?」

吾輩「Yes?

検査官「OK!」
・・・というやりとりもありませんでした 







ここは米国と同じでありますので、何があっても責任は取れませんからね?
という注意を受けて乗艦しました。
「治外法権」というやつです。
軍艦や基地ばかりが話題に登りますが、大使館の外車や客船にも「治外法権」があることはあまり知られていませんね。

そうです。「客船」にもあるんです。
まぁ「外国が浮かんで放浪してる」みたいなもんですから(笑)







国旗兼軍艦旗の星条旗が旗竿に・・・

ええ、吾輩も旗はうまく撮れませんよnoirさん。







ヘリパッド横にある航空管制室。
海自のに比べるとかなり使い込まれていますねぇ
それに、ワイパーまで装備してるとは…どんな海象条件で訓練してるんだか

ちなみにこのタイプは艦内にある通路で行き来するタイプだそうな。
もちろん、合理化主義の米艦だったらクーラー付きだろうね







ヘリコプター格納庫の内部
合理化主義ならではの配管むき出しの格納庫w







一見乱雑に置いてるようにみえるこの木箱等々もアメリカ海軍らしいですな
補給艦などから物資を受け取るときは、この木箱のなかに入っています。
なかにはダンボールの時もあります(郵便物とかネ)。


次回、何が待ち受けるのだろうか・・・






スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは元帥閣下。
これコマンダーって言うんですね。確かにこちらではよくすれ違いますが、この時期は「暑いんだろうなぁ中の人…」って心配してしまいます(笑)
ペトリオットって別のミサイルがあるんだと思ってました。パトリオットと同じものだったんですね。

No title

おはようございます♪
米軍兵さん、日系チリ人の士官が乗艦するのか!?と驚かれたのでしょうw
面白いなぁw

No title

こんにちは、三軒茶屋さん。
暑いですね~
暑いといえば、そう。その「コマンダー」の車内も確かに暑いでしょうネw
あの車両のエンジンは水冷式なので、多少は涼しいかもしれません
なにせ、通信機剤が熱さでまいらないようにしなきゃならんですからね(笑)

たしかにそう思っている人がいますね~
PAC=「パック」と勘違いしてるんでしょう。

イタリアの食材メーカーのように「PECK」と、表記してくれれば間違わないかも?

No title

こんにちは、キョマカイちゃんどの~
暑いですね~

ハハハッ!そうかもしれませんね。
他の識別帽をかぶった人には「そう」してくれてなかったので、あながちその指摘は間違ってないかもしれないっスw
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR