FC2ブログ

YYのりものフェスタ その8



今日、ハローワークへ行ってきました。

会社で発行してもらった書類に不備があり、また発行してもらうことになりました(汗)
そして身分証明も必要となり、住基カードを作りに行ったら「写真お持ちですかー?」なんて言われ(笑)

今週はてんやわんやでしたよ(><)ツカレター


また元の会社まで行かねばねだー












「いずも」の艦尾から支援船を見る。

艦種別:油船(重油・軽油)
公式船名:油船25号490t型
形式:YO-36
所属:横須賀基地「港務隊」
全長:46.5m
全幅:7.8m
深さ:3.8m
喫水:2.9m







海上自衛隊が保有する最大の油船で、最大搭載貨油は590klに達します。
かなり使い込まれた感じがプンプンしてます
それもそのはず、平成6~7年前後に建造された船なので「そろそろ」でしょうかね?








タグボートと揚陸艇型の交通船たち。

これら支援船の代替も必要な年頃なのではないでしょうかね?







後部アンテナ類。
まっすぐに伸びているこのアンテナ線は「ホイップアンテナ」とよんでいて、下の碍子が緑色と赤色に塗装されています。
この赤・緑のアンテナにはそれぞれ役割があって、どちらかが「受信専用アンテナ」でどちらかが「送信専用アンテナ」となっています。

いずもの右舷はこの間も言いましたが、「キャットウォーク」というものはありません。
「舷側フラット」と言って、飛行甲板と同一面になっているのです。





これはいずものペーパークラフトを拡大した写真ですが、艦橋の脇に飛行甲板と同一の高さになっている通路があります。
これこそが「舷側フラット」なのです。

「ペーパークラフト」だからそういう風に見えるんじゃないの?
・・・なんて指摘も出てきそうですが(笑)

今回の見学では右舷側は見学できませんでした 
まぁ通路自体が狭いし、転落…なんてことにはしたくありませんでしょうしねー








後部艦橋とデッキサイドエレベーターに載る哨戒ヘリ







大村航空基地所属第22航空群配備だったSH-60J型哨戒ヘリコプターが、デッキサイドエレベーターに載って展示されていました。


ええ、「だった。」と書きましたよ?
じつはこの「8268号」は今年の三月で飛行可能時間を満了し、館山航空基地からこの「いずも」へとやってきたのであります。

エンジンの排気を逃がす排気管の内側がススで黒くなっていなかったのが一目見て分かったので、「もしや…」とおもったらそうでした。

なんの目的で「活用」しているのかは分かりませんが。







しかし複雑な構造だよねー
すぼまっているかと思えば、裾広がりだったりw

こりゃぁてぇへんだ!模型化するとなると♪







構造物側面。
監視カメラやら夜間照明灯やらがたくさん付いているのでノッペリとはしてませんね、右舷より。

写真右上の張り出しが「飛行長」の座する航空指揮所です







左舷の艦橋にはすこ~しだけウィングがあります
でも張り出していないからウィングだとわかんないでしょうねー







・・・というわけで、一体何週にわたって書いてきたのかすら忘れたこのシリーズも終盤に差し掛かってまいりました(笑)

ええ、ようやく後半戦ですよ 







飛行甲板上での催し物を楽しんだ吾輩はまた格納庫へやって来ました







この大きな大開口は後部エレベーターの格納庫搬入口
いかに間口の大きな開口であるか!







天井構造物
この開口部は扉がついており、閉めることもできる。







退艦しました♪
おや?マストのヤードに第1代表旗が単体で掲げられてますねぇ

はてはて、これの意味はなんだっけか?


つづく?

スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。
こちらの画像では…ほぅ…確かに左舷艦橋のウイングなんて俯瞰の大きい画像では気付かないかもですね…
カメラと照明群は、1/2000では「同じプラ片貼るのみ」ですね(笑)

No title

こんばんは、アドミラル三軒茶屋!
でしょうね~大きい所しか普段は見ませんからわからないでしょう

いや、プラ板貼らなくても塗装の凹凸でなんとかなるんじゃーないかと(笑)
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR