FC2ブログ

Russian Army Parade Victory Day2015


アメリカの強い政権づくりとは裏腹に・・・


強い国ロシアは着々と大ロシア帝国の繁栄を取り戻しつつあります。
対独戦線での戦勝記念として毎年行われている、この軍事パレードですが。

今年はお隣の強い国「中華」をはじめとした15カ国の国家元首と国連事務総長が出席した。
記念の席上に預かれた代表者は以下のとおりであった

中華人民共和国の国家元首にして共産党主席 習 近平
インド共和国の大統領 ムカルジー
パレスチナの大統領 アッバス
南アフリカ共和国の大統領 ジェイコブ・ズマ
カザフスタンの大統領、ヌルスルタンナザルバエフ 
キルギス大統領、Almazbek Atambayev 
タジキスタン大統領、Emomali Rahmon 
アルメニア大統領、Serzh Sargsyan 
アゼルバイジャンの大統領、イルハム·アリエフ
セルビア大統領、トミスラフNikolić 
モンゴルの大統領、Tsakhiagiin Elbegdorj 
ベトナムの国家主席 チュオン・タン・サン 
キューバの大統領、ラウル·カストロ 
ベネズエラの大統領、ニコラス·マドゥロ 
エジプトの大統領、アブデルファタエルシシィ 
国連事務総長、潘基文

ほかに、朝鮮民主主義人民共和国のキム・ヨンナム(金永南)国家元首も参加した。

今回のパレードでは実によりどりみどりな装備品の数々が人の目を注目させた
まずは・・・






現在も20の国と地域で使用されているT-34型戦車。
ソビエトとロシアではすでに動態状態にあるものはないとされていたが、今年になってこうして日の目を見た形である。

他は・・・






RS-24ヤルス

言わずと知れた大陸間弾道ミサイルの自走発射機で、重量49t 100~300キロトンの核弾頭を搭載できる
見た目は旧式しているようにも見えるが実は2010年から配備が始まった最新型で、射程6.800マイル、マッハ20で飛翔する
最終フェーズでの着弾範囲は150~250mとされていて、都市攻撃を主目的とする熱核攻撃兵器としては「慣性誘導」での飛翔兵器では世界トップといえる。







イリューションIL-78Mから給油を受けようと、接近する超音速戦略爆撃機tu-160

ここで、吾輩の目に留まる一編隊が表れました!







ツポレフTu-22M
NATOコードでは「バックファイア」と呼ばれている爆撃機。
最高速度:マッハ1.88
航続距離:6.800km

もともと空軍と海軍が共同で設計にあたったらしく、海上での爆撃任務にも使用される。 
つまり、この機体は主要国の中で唯一の「艦爆」に相当する機体なのである
しかし、2010年の調査で空軍には93機。海軍航空隊には58機が存在していることがわかっているため、まだまだ退役することはなさそうである。

近年では中華にJU-33とともにこのTu-22Mを送ることで合意した等と情報があるため、もしかすると練習空母「遼寧」にも搭載される可能性がある。


つい20年前までロシア経済は逼迫していて、自国の軍事費も伸び悩んでいたのであるがここ最近は顕著に活発化してきていると見える。

原子力ミサイル巡洋艦キーロフ級の3番艦「アドミラル・ナヒモフ」がその代表的な一例で、現在ロシア国内の造船所で「ほぼ解体して一から組み上げる」という莫大な改装工事が進行中である。
これは近年特に勢力が拡大している「中華人民解放海軍」をけん制する狙いで始まったそうだが、どこまでけん制するのかは今ひとつ不透明なことは間違いない。

プーチン氏は「おおいなる強力なロシア」の復権を目指しているが、ソビエト連邦時代を模索しているのか、ロシア帝国の盤石な権力を復活しようとしているのか、吾輩にはまだ分からないが、ひとつ言えることは…




わが大いなる同志にして大元帥、スターリン閣下のような大粛清と言論統制による圧政を目的としてはいないようである。
(※吾輩はその昔大いなる大元帥スターリン閣下を信奉する主義者でした)

見た目は悪者そのもののプーチン氏であるが、北のどこぞの国のような独裁者とは思えない。
アメリカとは真っ向から対立こそしているものの、周辺諸国とはそれなりに仲良くやっているものと見える。
その例もまた今回の軍事パレードに参加した出席者から見て取れるのではないかと考える。

しかし、今の日本の国内では「集団的自衛権」がどーの、「戦争に巻き込まれる恐れ」だのと。
まるで知識も今ひとつ分かっていない猿どもがワーワーキャーキャーと騒いでいるようにしか見えない。
(ま、吾輩もその猿どもの中に入るのかも知れないが・・・)

今後の日本の将来を大きく決める大事なポイントであると思うが、今の日本という国が世界からどういう脅威にさらされているのかをしっかりと理解した上で議論を重ねていただきたいと切に願いこれを結ぶとします。


では。


スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは♪

深夜にお邪魔しますm(_ _)m

ロシア製はどれも独特なデザインで
そそられますね♪

映画なんかでは
ソ連の新兵器を題材にしたものが多くありますが
その登場メカの独創的なデザインや発想に
やはり興味を惹かれますね♪

No title

こんばんは、蓮樹さん。
西側諸国とは一線を画すその兵装群は見るものを圧倒させられます。
んが、やり過ぎるとくどく見えるのが難点ですね(笑)
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR