FC2ブログ

横浜開港祭in2015!



おはようございます!
最近歯医者に行く予定が詰まっているくじら座元帥でありますよ~(笑)

さて、先日開催されまして。本日(6/2)には官公庁船艇による洋上パレードも企画されている「よこはま開港記念祭」に行ってきましたよー!!
今回はその話題をお送りします

んが、毎度おなじみなパターンですので続くかどうかは「視聴者の皆様…しだい」であります!

というのも、以前お送りしていた大黒ふ頭のマリナー・オブ・ザ・シーズのお見送り出港編が完結しないまま自分の中で終わっているからであります
自分のモチベーションがあんまり上がらなかったためというのもありますが、ただ単に「面倒くさくなったから」というのも一因でありましょうかネ


というわけで、モチベーションがダダ下がりにならないうちにさっさと紹介してしまいやしょう!




時は西暦1859年07月01日まで遡ることになる
この年に横浜は初めて外海と開かれたのである。
太陽暦では7月1日であるものの、当時日の本が使っていた暦では「安政6年6月2日」であったため、公式に「開港記念日」と横浜市が制定していて、6月2日は横浜市立の学校が全校休校日となっている。

開港祭が開かれたのは1981年ごろとなってからで、その頃の名称は「国際デー プレ横浜どんたく」と呼ばれていた。

つまり「どんたく祭」だったのである。

その後、93年になって「横浜どんたく開港祭」とはじめて「開港祭」と呼ぶようになり、95年からは「開港祭」として呼ばれるようになった。

メイン会場が「臨港パーク周辺」となっているため大さん橋や山下公園付近は含まれていないものの、開港祭に合わせて公開する船艇などは比較的大さん橋に近い「新港地区」を使用する。
今回の二代目日本丸や掃海母艦「うらが」が公開された所もこの新港付近で行われた。

新港(しんこう)地区にはまだそんなに開発の手が差し伸べられていないとあって、このテのイベントの際には臨時の駐車場として利用されている土地がある。
・・・といっても開発は順調に進んでおり、近うちに海はみなとみらい地区からは完全に見えなくなるものと期待している。
付近には「JICA」の施設や総合商業施設「ワールドポーターズ」などもあってそれなりに賑わっているのでありますよ


ひと通りの解説はこれでいいのかな?
じゃ、本文に行きましょうねー(笑)


我があらたなる街、藤沢はご存じの方ならば分かるとおり交通の便は良いもののみなとみらい地区に出るにはそれなりに大変なところにあります。

第一の選択としては、JRを利用するのが一番ですが。
そのJRとてひと筋縄ではイカンのです(汗)
東海道線で横浜まで出たのち、京浜東北根岸線で桜木町・関内へと戻るルート と、大船まで東海道線で行き、乗り換えて桜木町・関内へと至るルートの2種類があるのです。




第2の選択肢としては「比較的安価な私鉄を利用する」ということですが、
「横浜市営地下鉄」や「横浜高速鉄道線(みなとみらい線)」は私鉄の中では極めて割高であります。
このため、横須賀へ行くときはいいのですが…
横浜へはどうやっていこうかと毎回悩んでありますよ(笑)


で、今回は。







小田急で中央林間
東急で二子玉川乗り換えの自由が丘乗り換えのみなとみらい線直通で…







ここ、みなとみらい地区にやって来ました!



































スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは、くじら座元帥閣下。
林間学校から東急乗り換えで行かれたんですね?
その方が交通費も安いでしょうね?
私は常磐線で上野で京浜東北線に乗り換え、東京駅から東海道線で横浜まで、そこから再び京浜東北線で桜木町下車というルートでした(^-^;
このルートの方が早く、交通費も安いですから(^^;

No title

こんばんは、「某国のトツケン」司令!
時間はかかりますが、しょっちゅう何かしらの影響を受ける東海道よりは確実なのでこっちを選びましたよ♪
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR