FC2ブログ

新居周辺


神奈川県の藤沢にはその昔アチラコチラに旧軍の施設やら連合国時代に接収された後に返還され、宅地造成がなされたところもあったりします。

藤沢は大東亜戦争当時に横須賀・横浜・厚木に継いで「拠点」があったところでした。
なんの師団がいて、なんの連隊があったのか。
まではまだ分かりませんが、アチラコチラのその遺跡やら記念碑が立っています

お隣の鎌倉市七里ガ浜には砲陣地「七里ヶ浜砲台」があったと言われ、藤沢市内には「海軍航空基地」もありました。

そして、我が新たなる住まう地には「横須賀海軍砲術学校辻堂演習場」がありました。 地図で見るとかなり不自然な道と区画で構成されており、「ここになんかしらのものがあったんだな」と何となく分かる そんな場所であります。



詳しい地図で見る



これは米軍機によるこの地域の空撮写真

1926年(大正15年)に横須賀の海軍砲術科学校の「新兵教育の総仕上げ」としてこの砂丘を使い陸戦隊の教育訓練をしていた。
揚陸・上陸訓練や、砲撃・爆破などの訓練もしていたらしく、演習日近くになると新聞で「演習あり、付近に近づくな。」という記事が掲載されていたともいう。

終戦後は連合国が接収して「在日米海軍辻堂演習場」となった。
この演習場となってからは数々の揚陸作戦の模範となるような演習が実施されていた。
「仁川上陸作戦」が成功した時、ダグラス・マッカーサーは「この地での訓練が実を結ばせた」と、言ったとか。






1959年6月25日に本演習場は接収を解除され、順次国有地化・民間へと引き渡されていていった。
相模工業大学や小学校2校、中学校1校。大学附属の高校1校が開校し、学園都市へと発展。
その他の用地は「国家公務員宿舎」や日本住宅公団・道路などになった。

上の写真は辻堂団地の造成竣工記念に空撮されたもの。
右上の方に大学・中学・小学校などが固まって配置され、左下方から住宅地が造成されている。
一番下には県営公園「辻堂海浜公園」が見えている
緑地公園のほか、交通公園やプールなどもあってこの地域憩いの広場となっている。

こうした経緯の元、吾輩はこのようなところに住んでいるのである。

軍繋がりで言うと、このへんは航空機の往来が一番激しいところでもある。
そのため引っ越してきた当初はそれこそ「爆音浴」に悩まされたものだが、最近では「ああ、飛んでるな?」と言った感じになりました(笑)

元帥「慣れって怖いねー。」

厚木から海に出る最短の飛行コースなようで、各種いろいろな航空機を目撃します。
たとえば…






これ。
部屋で作業をしていたら、独特の「ブオォーーン音」がしたので外に出たら これがいましたね

翌日には






またしても「ブオォーーン音」
しかしよくよく見てみると、機首下方にコブがありますね
…ということは画像収集機OP-3Cかな?

でも、Madがブーム付きでありますよねぇ
ひょっとして海軍機かな?

さらに翌々日には…







珍しく回転翼機が!
空母艦載機のMH-60でしょうね。


そして昨日…か、おとつい…には
寝ていても分かるひときわ大きい「ブオォーーン音」

元帥「これは寝ている場合じゃない!」
この時、朝6時半!

寝ぼけ眼でどこだどこだと探したらば…






もう彼は薄~く白やんだ世界に入りつつありました \(><)マッテクレー






最大望遠でこの有り様でしたが、遠くからでも分かるこの塗装!
間違いない!!

海軍機のC-130T。

ま、このようにほぼほぼ毎日うるさい状況で過ごしております。
お国を守るためとあらば、寛大な心で許容してあげますが…
勘弁して欲しいのは「深夜便」。

スパホが飛んでいるのが分かるぐらいの二筋のアフターバーナーの炎
さらにスパホ独特のつんざくバリバリ音が深夜2時頃にたま~にあります。

ようやく…ようやく……って頃に「バリバリバリィー!!」っとくるもんだからたまったもんじゃありませんね。

しかし同時に何かしらの脅威を払いに出かけたんだな? とも感じられ、より一層米軍の恐ろしさが感じられる今日このごろであります。


みなさん。いかがお過ごしですかな?

スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは、くじら座元帥閣下
飛行機好きには羨ましい環境ですが、やはりスパホの爆音は凄いのですね
岩国に艦載機が移駐すれば多少はよくなるかもしれませんね~
あとは慣れなんですしょうね~
地域の昔を探索するのも楽しいですよね

No title

こんばんは♪
深夜のバリバリ音は堪らないですねー!
こっちの方は民間機程度なんで、まだマシだなー♪
睡眠不足だけは気を付けてくださいね♪

No title

こんばんわ。
スパホ、そんなに強烈なのですね。
一度聞いてみたいものです。
深夜は御免ですが^^;

No title

こんばんは、ナチタ総統閣下!
夜中の深夜便には困ったものですが、海軍機・空軍機はたまた陸・海・空の両自衛隊機が飛来するので、聞き分ける能力が育ちつつあります♪
このへんのコンビニは本格仕様の耳栓まで売っていて、「よほどなんだな…」っていうのが感じられます

No title

こんばんは、キョマカイちゃん同志どの~♪
民間機のバリバリ音とは一味も二味も違いますねー
ほんの少し寝不足です(笑)

No title

こんばんは、カバネさん
スパホ、強烈ですね~
でも、百里基地からやってくるF-15もすごいですよー!?

No title

こんばんは!
何と言っても 歴史的背景があるところで住めるとこと、日米海軍機の航路があるとこに住むなんて羨ましいです(笑)

何せ何年か前に、修学旅行の帰りの新幹線でSH60Jをみて興奮したものなもんで(^_^;)

No title

こんばんは、アナコンダ三佐。
歴史的背景…といえば、前に住んでいた川崎北部にもいろいろそういう施設がありましたよ。
「溝之口演習場」と言って、川崎市宮前区梶が谷近辺に「第101歩兵連隊」が駐屯・訓練を行っていたそうです。
JR南部線はもともと軍用鉄道でしたし。
長津田の方には「田奈弾薬庫」というのがあって、今はこどもの国があります。

航路に住むと楽しいこともありますが、音もすごいことがわかります。ちょうど今一機飛来してきましたが、すごい音ですよ

新幹線で60シリーズを見られるなんて!
どんないい目をしていることやら(←そっち?)

No title

おはようございます。
住まいの近くに旧海軍の砲術学校の演習場もあったんですね?
米軍が接収した後に、ここで仁川上陸作戦に向けての訓練もここで行っていたのは、初めて知りました。七里ヶ浜の砲台は有名です。
湘南も房総と同じく本土決戦の舞台になるところでしたから、貴重な戦争遺跡もかなり残ってますね(^^)

No title

こんにちは携帯版トツケン司令!
そうなんです。吾輩が住まうこの周辺一帯はむかし演習場だったんですよ
演習場時代の写真にもあるとおり、このへんは砂丘だったので地盤に難があるというのが気になるところであります^^:
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR