FC2ブログ

「QE」のいない横浜港 最終回 書き足しあり!


延々と続くかと思われたこのシリーズも ようやくですが着地点が見え始めてきましたね。
おはようございます、くじら座元帥です。

今回は原鉄道模型博物館のメインコーナーでもある「Oケージレイアウト」をご紹介したいと思います!
…んが、ここから先はミュージアムモードで撮影したために「ブレ」や「ノイズ」が多数見受けられますのでご注意しながら見てくださいな♪






一番右から「Nゲージ」・「HOゲージ」・「Oゲージ」の順です。
Nが1/150スケールなので、Oゲージがどんだけ大きいかよく分かる一枚なのではないでしょうかねぇ~


さて、本題。







このおもしろい機関車は「運転台を前にしてしまった」というやつなんです

勾配線区を走る機関車はトンネルに入ると、ボイラーから出た排煙・一酸化炭素を運転する乗務員が吸い込んで中毒になったり、失神してしまう人が多数出てしまうのです。

それを解消しようと世界の鉄道会社は「ガスマスク」や「酸素ボンベ」を乗務員に携帯させるなどの対策を講じていた。
が、このサザン・パシフィック鉄道のAC6型は運転台に周囲を囲む壁を取り付け「密閉型運転台」というのを作り上げてしまった。
(密閉型運転台は日本の蒸気機関車C62にもあったが、北海道仕様ということもあって全国には普及しなかった)

しかし、この構造では運転台の焚口(重油専燃だったのかな?)・空気吸入口から酸素が大量に消費されることにもなるため、かえって酸欠にもなる原因となってしまった(笑)


そしてここからいよいよOゲージのレイアウトのコーナーへ突入しますよー♪








全景があまりにも大きすぎたんで、チョコットしか写ってませんがとにかく壮大であります!!
この時は昼間の時間ですな。
15分おきぐらいに朝・昼・晩と照明が変わるので、毎回毎回がシャッターチャンスでとにかく忙しかったですね(爆)







これは夕方の演出。
手前で走行中の列車は貨物列車で、先頭の電気機関車は氏がドイツで運転したアノ機関車でした。







これは深夜。
奥では転車台(ターンテーブル)に載ったSLが回転中。







深夜の住宅街・商店街。







信号機もちゃんと機能していますよ~
しかも、集電はレールからではなくて電線(架線)から集電するんです!!

なんと細かい技術か!





イメージ 8

路面電車線には大阪の電車(青いやつ)と国電が!

次の駅はもっとすごいですよー♪







駅構内なんてこっち側からじゃほとんど見えないのにこの造りようたるわ!
欄干も駅舎のドームも金属板を折り曲げして一から作ってあります。






列車が高速通過中。
なにげなく奥の留置線にナハネ20がおいてあるところなんか良いですね!(ナンノコッチャ?)







駅前広場では新旧の名車が。
あの赤いの、あの奥さんの車なんだね。

そしてこの駅前広場の主たる駅舎というのが・・・・・・












この高級ホテルのような、后宮のような。まさにあちらの豪華なステーションホテルそのものなのではないでしょうか!?
しかもこの時計台、ちゃんと正確な時刻を告げてくれるんです!
どゆこと??

といったところで今回はここでオシマイ。
明日また継ぎ足していきます。

お楽しみに~~♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これを書いてから一体何日経過したことか!
新年度、またお会いしましたね?
くじら座元帥ですw

「今月最後の更新をお楽しみに~♪」 なんて書いておきながら、今月も何食わぬ顔して書いている吾輩 \(^^
今月の末期頃にはようやく。ようやくお引越しですwww

もう家も決まりました!
あとは引越し業者を探すことと整理をするだけです~


さぁ!言いたいことは言ったゾ。
前回の続きをどうぞ。






この石の造り、質感…
本当に模型なんでしょうか?

果たしてこういうふうな模型作りが吾輩にも出来るんでしょうかね?
・・・いや、あと二千年経ってもできないだろうな!








お城のようなバロック様式風な駅の手前には「中近郊」風な駅がありましてですな。
こちらのほうがじっくりと観察するには適してますな。
奥に通過・待避線があって、中央に島式ホーム。駅舎側に対向式ホームがある2面4線のいい感じの駅であります。







正面口広場
(↑勝手によんでるだけですw)
この地域の重要人物的な人物像が両側の塔(?)に配置されている、まさしく「アチラの国」によくありそうな駅舎です。







正面口のクローズアップ。
大荷物を抱えて、駅舎へ入っていくオレンジ色のジャケットを着た紳士。
商談の荷物かなぁ?
いや。孫への贈り物かもしれんな。

人待ち顔で柱の片隅に佇んでいるおねいさん。
「ねぇねぇ、お茶しない?」なんて声をかけられるのを待ってるのかもしれませんね(へへ)
ここだけでその人の人生が語れそうです。(THE・妄想の世界w)







2階が改札口のようですね。

窓の外を見つめる紳士が二人…
「今夜のブツの受け渡しはどこでやろうか…」
「公園のベンチじゃぁ怪しまれるし、バルでやったら気づく連中もいるかもしれん…」
なんて会話をしてるのかも?








比較的田舎の駅でしょうか?
構内踏切がありますね。

この跨線橋のウェザリングが現役で使われていると物語ってます

と、その時跨線橋の下を通る線路を・・・







あのドイツの機関車がけん引する列車が通過しました。
下にもホームがあったんですね!







全景には写ってないかもしれませんが、メインの線路の他に周回するだけの路線とかもありまして…
この古城の麓には個性的な列車が走る線路が敷設されています。

その個性的な列車とは・・・








これ。
先頭は新幹線0系のような形をしていて、後部にはプロペラが回っているという「ナンジャコリャ列車」。
調べると「シーメン・ツェッペリン」とかいう試作列車だそう。(ドイツ語で線路上のツェッペリン)

1930年に作られた高速試験用の車両だそうで。
詳しくはDAMEYAさんのブログに載ってますから、そちらでどうぞ。







冒頭に紹介した路面電車の方へ戻ります
このS字カーブがたまらん!
マニアにはたまらんのですが、そうでもない人は素通りするだけ…


来館者よ、もっと見ろ!








S字カーブのところでチラ見したかと思いますが。

そうです!扇型機関庫です!!

転車台(ターンテーブル)には入場券に描かれているマレー式のDB96型が置かれています。
その周りには数々の有名機関車が!
(拡大してね!)







いいですねぇ~







先ほどのお城風・宮殿風駅のホーム内
手抜かりはありません!!






なんとロープウェーまで在るんです。

見どころ満載の「いちばんテツモパーク」でした。

で、もう一つ小さいですがジオラマがあるんです。
横浜の風景を表現したレイアウトが。。。







ブレブレですね(笑)
背景は「画」です。
その辺ちゃちく感じます。







桜木町駅。
マニアは「さくらぎっちょん」と呼んでいました(笑)
東急の桜木町駅と区別するためでしたが、東急の方を「さくらぎっちょん」と呼ぶ人もいたので待ち合わせするときは大変でした







中華街方面。







電車はいまだに209系 なぜ?






県庁本庁舎はまぁ、それなりですね。
あのすごいのを見た後だから余計にちゃっちく見えます(汗)






よくよく見ると精巧に作りこまれているんですが、やっぱりネ。


というわけで駆け足でしたがいかがでしたか?
やはり原氏は類まれなセンスをお持ちだったということがわかりますね。

また行きたくなる。 そんな博物館でした!
(あの横浜のミニチュアさえなければ…)

ではまたお会いしましょう。






デハっ!









予告。

次回の予告は「帰るに帰れん。マリナー・オブ・ザ・シーズの出港」をお送りします。








スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます元帥閣下。
そういえば鉄道模型や航空機の「壮大な情景レイアウト」ってよく見掛けますが、艦船模型の「すごい広大な情景」ってどこかにあるんですかね。
「1/2000で呉軍港を再現!」みたいなのがあったら飛んで行きますが(笑)

No title

こんばんわ。
これ、すごいですね!
横浜ということなので、一度は行ってみたいです。

No title

おはようございます、三軒茶屋さん。
放っといてスイマセンねぇ(笑)

艦船模型の「すごい情景」ですか…
海外にはありますが、そこまで探すのが(たどり着くのが)大変なんであんまり見てないですねぇ。

もし国内にあったら博物館に展示されてるぐらいのサイズとなりますのでね…
個人収集家ではさすがにそこまでのは置くところが無いですよ。

No title

おはようございます、カバネさん
いいところですよ~
一度はおいでませ♪

No title

お初です♪
興味をひくブログですね!
やっぱりヤフーブログはステキなブログが多いですね♪
お互いに更新がんばりましょう~!

No title

こんばんは、ゆうママさん。
ご訪問有難うございます。 ゆうママさんのところにもお邪魔しましたが「FX」やってらっしゃるんですね?
FXで失敗された方々をよく知っている身としてはなかなか「堅実かつ大胆な」取引をしているように見受けられましたが…?

当ブログが「ステキ」・・・? そうですか?
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR