FC2ブログ

前回の撮り忘れ








今日は実は吾輩の誕生日なのです。








どうも~みなさん、くじら座元帥でございます。

そう、そうなんです。
吾輩もまたひとつ歳をとってしまいました(笑)
しかし、まだまだ長い人生
だけどもこれからが人生本番。
楽しみますね~♪

地球がこのまま存続してくれるといいですねー(←ちょっと心配)

ところで、吾輩がどんな年に生まれたかといいますと・・・
新幹線「のぞみ」のデビュー日の一日前 って言えばだいたい分かるかもしれませんね。

九州人ならば「ハウステンボス」が生まれた年 といえば分かるかも?
フクニチ新聞が廃止されたのもこの年だったかも。
巨人ファンなら藤田監督の引退による、長嶋茂雄監督の交代劇 とか。
(伝説はそこから始まるのであった)

あの頃はちょうどバブルがはじけたので、その恩恵に預かること無く「暗黒期」と呼ばれる暗くてなが~い経済の時代を味わってきました(笑)

ですが、今まさに景気が好転しつつあり「こんなんだったのかな~」なーんて感じています
イイね!景気がいいと気分も明るくなります!

でも、今週に限って土日が休みなんて…(--#)




さて、前回は「最近の工廠」と題して様々な艦船等を紹介しましたが
もう一つ二つ、撮り忘れていたことを思い出しましたのでここにご紹介いたします。







まずは満潮。
朝潮型の3番艦で、1000t型の駆逐艦であった(wikiでは2.000t型と表記)







艦影は標準的な「大日本帝国海軍の駆逐艦」っていう感じで
連装砲2基と61cm4連装魚雷発射管も2基備える。
速力は35ktを誇った








防空駆逐艦として知られる秋月と比較。

提督「やはり公試排水量3000tを超える艦だけあって大きいですね」

元帥「満潮だって満載だったら2.000tを少し超えるぐらいはあるんだが、それでもこうして比較をすると小さく見えるな!」

二宮准将「駆逐艦「松」と並んだら、満潮も大きく見えるのではないでしょうかね?」








対空射撃に特化した駆逐艦と純然たる水雷戦闘艦の違い、と感じさせる一枚







恒例の大きさ比較
中央の砲は大和型の46cm三連装砲。
これ1個で秋月型駆逐艦の重量とほぼ釣り合うんだそうで、いかに大和型が凄かったかが伺えます

満潮のとなりはイ号15型潜水艦
艦幅は違えど全長はほぼ同じように見えますね

元帥「1/2000艦隊も駆逐艦が揃い始めてきたな」

工廠長「老眼鏡…じゃなかった。 拡大鏡を手に持ちつつの作業というのは疲れますネ、閣下」

ところで、1/2000といえば。

みなさんお忘れではありませんか?

去年の暮、「年越し模型」と題してこれから作るであろう模型たちを紹介した際にあの1/2000艦船模型を建造している…と言っていたのを。

たぶんお忘れでしょうから、ここに改めてご披露いたします


建造途中ではありますが、「航空戦艦 伊勢」であります!












バンダイが発売した今ではプレニアがついて驚くほどのお値段となっているネービーコレクションの「伊勢」であります。
ようやくではありますが、艤装が進んでいます

主な艤装は艦これキットコレクションから霧島さんの艤装を取り外して使っているため、アチラコチラで通常のキットではついてこないパーツを取り付けています。

例えば、艦橋トップの方位盤・射撃指揮装置は金剛型からの流用。
艦橋から生えてる風に見えるアンテナも、金剛型のパーツから切り取って使っています。







このほか、高角砲も一部は流用しています。
すべてはリアルに見せるための工夫であります

毎日世界の艦船のバックナンバー片手に資料写真とにらめっこしながらの作業です。

海人社が発行している月刊誌「世界の艦船」の写真は、ネットで出回っているどの写真よりも鮮明なんで、模型資料としては最高の資料です。
もちろん、海事事情にも明るいのでその辺の勉強にも活用しています(笑)


ところで、このネービーシリーズですが。
船体の接着にみなさんどうされてますか?

アオシマから再販されているものはPPが主体で通常の(吾輩はセメダインの接着剤を使ってます)ではなかなかくっつかないんです。

超強力な瞬間接着剤を使う方もいらっしゃるそうですが、吾輩いいものを見つけました!
それは・・・?







この「スチロールボンド」
軟練タイプなので、すぐにくっ付くわけじゃないですし、固まるまでに時間がかかるんですが固まった時がすごい。
ガッチガチに固まってセメダインや他のボンドとは比較にならないほどの強度となります。







もともとは発泡ポリウレタン樹脂などの接着に使われる専用の接着剤なんですが、それ以外にも使えます。

ご覧のように、通常のセメダイン系は発泡ポリウレタンを溶かしてしまうのでこういったものを使った模型には不向きです。
しかし、左のは全く溶けませんでした。
しかもこの後、接着強度のテストもしましたがセメダイン系はすぐに剥がれたのに対して「スチロールボンド」は全く剥がれませんでした。

まぁ、当たり前ですよね。 そういう為のものなんだから。

大和型航空戦艦 土佐 にもこのボンドが使われていますが、別の部品と本体とを接着するのに非常に役立っています。

こういうのがあるとすっごく助かりますよね!
これのお陰で家で寝ていた発泡ポリウレタンが活躍しそうな予感がします


じゃ!お仕事いってきまーす。

スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます元帥閣下。
お誕生日おめでとうございます!
誕生日に「1/2000の記事」とはなんと縁起の良い(笑)
伊勢は…ホントだ、確かにディテールアップされてる…完成が楽しみですねぇ。
専門知識欠如の私が将来伊勢を作る際には、恐らく元帥閣下の伊勢が作例の一つになると思われます。
スチロールボンドとやらも良さげですね。今度探してみよ。

No title

こんばんは。
誕生日おめでとうございます(^^)
この年は、北海道南西沖地震があった年ではありませんか?
私にとって、暗い年でした(~_~;)
バンダイで、「伊勢」もありましたっけ?
私は「翔鶴」、「エセックス」は買ったことがあります。
今は、アオシマで再販してますが、「イラストリアス」と「エセックス」購入しましたが、「エセックス」は「レキシントン」の飛行甲板が入って、船体と飛行甲板が合いませんでした(T_T)

No title

こんばんは!
お誕生日おめでとうございます!
結構wikiって間違ってるんですね。
私の知識、間違いだらけかも(汗)
接着剤こんな商品があるんですね!
硬化時間はどのくらいなのでしょうか?

No title

こんばんは、三軒茶屋さん
ありがとうございます。これからもくじら座元帥のブログをよろしくです!
伊勢は金剛型戦艦から通じる系譜の最終発達型ですから、先々代もっとの武装を取ってきても遜色ない…と思ってやってます。
竣工までしばらくお待ちください(笑)

No title

おはようございます携帯版トツケン司令。
ありがとうございます。これからもつたないブログを見てやって下さい(笑)
ありゃ、トツケン司令には暗い時代でしたか。
もしかして、災害派遣されてました?

バンダイが出していた時代は結構日本艦もありましてですね、武蔵や金剛、高雄とかイ号潜なんかも出てましたね。
今ではものすごい価格になってるものもあります
再販品のは金型が潰れていたりするようで、昔の製品とは比較にならないですね!

ここはひとつ、新規金型で顧客のハートを掴む戦略に出て砲しいものであります。

No title

おはようございますニョッチさん!
ありがとうございます。これからもよろしくお願いします

芸能人が「間違いだらけだ!」というように、我々から見た視点でもかなり事実と異なるところがあるのがwikiですね。
これを見ながらニュースの原稿なんて書かれたらオシマイですよ!

いいでしょう?この製品。
これまでできなかった複雑な形状も難なく再現できます
…あとは断面の空気跡をどうにかするだけです。

硬化時間は概ね5~10時間ぐらいと遅めですが、その時間内なら習性も可能です。
硬化後は全く。でして、デザインナイフの刃が何回も折れるぐらいの硬さです。
参考になりましたかね?

No title

お誕生日おめでとうございます
この一年がより素敵な一年になることを願っておりますよ
今度洋上模型 連合艦隊コレクションの精鋭艦隊編も出ますね
もしかしてもう出たかな?
[http://www.takaratomy-arts.co.jp/osusume/#283]

No title

こんばんは、ナチタ総統閣下!
ありがとうございます。
閣下の人生が素敵な人生となることも祈っておりますよ(笑)

ヤフオクでコンプリートのセット売ってましたので、すでに気がついてましたがまさか3月発売だったとは!
ガチャなら何回でも回せられますね♪

No title

元帥閣下こんばんは♪

誕生日だったんですね?

遅ればせながらおめでとうございます♪

先日のヤフブロの改定の折

何名かの更新情報が表示されず

お祝いが遅れた次第です(^_^;)

No title

こんばんは、蓮樹さん
ありがとうございます~
これからもつたないブログの方もよろしくです~w
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR