FC2ブログ

晴海埠頭の「にっぽん丸」その3


みなさまこんにちは。
毎度おなじみのくじら座元帥であります。

昨日アップした記事をよーく読み返してみたら、自分でも何書いてるのかわからない箇所が多々あり、少し凹んでおりました(汗)

最近音楽をヘッドホンで聞きながら原稿を書いているのですが、やっぱり音楽かけながら作業すると、「考えてること」と文章構成がごっちゃになって「よくわからない文章」になってしまいますね

やっぱり、記事を書くのは頭がはっきりしている昼間にやるのが一番いいですな!
(普段昼間はお仕事なので、書きたいときにかけないのが残念。)



長々と前回の反省文を書いて、みなさまにお詫びして
さぁにっぽん丸の続きをしましょう!










Tokyocruiseの水上バス「いりす」から見た「にっぽん丸」のおしり
天候状態を電光表示器で表す鉄塔が邪魔ですが、何名か船内見学を楽しんでいる方々がおられるようですねーw

この水上バス、以前は晴海埠頭まで航路があったそうなんですが現在は休止中。
晴海埠頭は最寄り駅が遠く、バスでも東京駅から出てる都05系統で約35分かかる辺鄙なところにあります。
一番の最寄り駅は「都営大江戸線」の勝どき駅。
J電では有楽町駅から都バスで行くのがベストですね

そんなわけで、この水上バスは晴海には行かず(こんな目の前にあるのに!)東海汽船や伊豆諸島開発などの有名貨客船が集う竹下さん橋の近くの、日の出桟橋に向かって航行していました。









東京消防庁臨港消防署旧本庁舎前にて憩う消防艇「すみだ」
この日は「かちどき」や「みやこどり」などの有名消防艇はすべて、出払っているようでした。

たぶん訓練かな~。

訓練中に通報・出火した際の即応船だと思われますな








日の出桟橋に接近。
船上の子どもたちの騒音はマックス!
よくよく桟橋方面を見ると、似たような「しおり」を持った子どもたちが鈴なりになってこちらを見ていました。
たぶん、お友達かなんかを見つけて「また会えた!」的なことでMAXになったんではないかな~ と、一人で「にやける」吾輩(笑)。

吾輩もそういえばああいう時代があったんだなー、と感慨深げになりました

写真は「シンフォニー・モデルナ」で、姉の「シンフォニー・クラシカ」とともに東京湾内でお食事クルーズを展開するレストラン船です。

広島で生まれた本船は数年に一度広島の造船所へと里帰りするのですが、そこでは東京湾では見られない「爆走」をすることで有名とか(笑)





写真は広島の艦船・商船ブロガーさん「penmi」さんより拝借
たしかに、普段の本船とは打って変わって波を蹴立てて進んでますねー♪

一度、そんな姿を生でみてみたいですねー


そうしている間にも日の出桟橋へ吸い寄せられるように接岸していく本船
着岸・下船・余韻を楽しみ、最寄りの浜松町駅へ向かい、東京駅に出て、東京駅と旧東京中央郵便局(現:KITTE)を見て、写真に収めることもせず。
都バスに乗って、歌舞伎座前を通り過ぎ、かつて都電が通ったであろう元・可動橋「勝鬨橋」をわたって晴海という地名を過ぎた先にある、晴海埠頭へまっしぐらに進んでいきました。

そしてやっと撮った写真がこれ↓








晴海客船ターミナルの屋上歓送デッキにて撮影したにっぽん丸。
回航ではなく、正規のクルーズなのにこの人のいない光景はどうだろうか








今どきは珍しくなったこの船尾の流麗なライン
飛鳥Ⅱとはまた違う美しさです








その美しさに惹かれてか、観光用水上バスもやって来ました
松本零士氏のデザインした「ヒミコ」や「ホタルナ」とも違った奇抜なデザインですが、嫌いじゃないですね吾輩このデザイン。








晴海客船ターミナルから東京タワー方面を俯瞰
横浜方面から見ると、東京タワーが高層建築物に埋もれてゆくように見えますが。実際は東京タワーの「向こう側」に高層ビル群があるだけで、埋没しているようには見えないんですよねーw

「錯覚」というやつですな!








特別展望台をクローズアップ!








さらに~ドアップ!!
本当に危ないレベルの望遠。
この写真が何の役に立つかはいまひとつ不明

寒すぎて思考回路が働いてなかったのが原因かも
とりあえずなんか撮ろう、なんかしよう!ということだけは覚えてルンですが・・・(笑)








C国人かな?
この寒空のなか熱心に撮影に励むのはC国人もN国人も一緒ってことですな!

ああ、さぶさぶ~










救命艇群
真ん中のがテンダーボートとしても使えるやつかな?
奥に見えるのは作業艇かしらん






こんなロープのたぐいを束ねる機構も素敵ですねー
たぶん、ふねきちさんの大型木製模型「飛鳥Ⅱ」もこんな感じで緻密に再現されるんでしょうねー
楽しみですねー、ふねきちさん。(棒読み)








いつも気になってるこのクレーン、何に使うんでしょか
ライフクラフト置き場にしか見えないんですが・・・








にっぽん丸の船首部分まで来ましたが、残念ながら展望デッキはここまでしか無く、「真正面ショット」や「やや左舷寄りの正面ショット」も撮れずorz...
錨甲板には出港を控えてか、係員や作業員が待機していました。
船名表記が美しい!


・・・と、またしてもここでお別れなのですm(><)m
毎回毎回どうもすみません
画像を大きくして、長文にすると「エラー」になっちゃってまったく進まないんです

次回は怒涛の出港編をお送りする予定です

デハっ!



スポンサーサイト



コメント

No title

漁船は毎日のように見るのですが、客船は滅多に見ることができないです。
早く横須賀ツーリング行きたいですよ。

No title

カバネさんこんばんわ♪
浦賀水道・館山などの近くでしたら必ず通挟するのでその姿が見られましょうが… 太平洋側は運が良ければ、でしょうか
その後ゼファー号の調子はいかがですかな?

No title

消防艇はこのように待機しているのですね。
消防車のように海に面したビルでもあってその中にいるのかと思っていました。
参考になります。

No title

こんばんはSさん
旧臨港消防署なんで、解体工事が始まっててもうないんですが消防艇はそのままな感じでした
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR