FC2ブログ

世界の防衛news 第一回


アメリカのDefense newsが2月6日に伝えた記事によると、ヨルダンのアブドラ国王と面会したアメリカ合衆国の議員が「監視ドローン」をヨルダンに贈ろうと関係各所に働きを強めているようだ。






米国軍事委員会も務めたダンカン・ハンター議員はオバマ大統領へ宛てた書簡の中で、ジェネラル・アトミックス社が開発した「監視ドローン」の一般的モデル、プレデターXP(←?)をエクスポート(←??)すべきである と述べた。

しかしオバマ政権は以前、それに対する決議を拒否していてダンカン氏はこれを今こそ覆すべきだとしている






また、無人偵察機を生産しているサンディエゴに本社を置くアトミックス社はヨルダンの軍事市場に輸出ライセンス「DSP-5」を認めるように要求しているという。

「DSP-5」については「武器国際取引に関する規則」を参照してください。

一般的なアトミックス製プレデターXP、MQ-1プレデターのエクスポートバージョンは、最大高度25000フィートと35時間の耐久性があり、ブロック30のレーダーが付属するという。


日本はどうするのか?

「ほっとけ」。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR