FC2ブログ

昇進?


もちろん、第一艦隊の昇進話題です(笑)

現実世界ではすでに「アルバイト」から「時給制契約社員」になったんですけども。
しかし、時給制とはいえものすごい福利厚生というか…
まぁどこの会社でも同じかもしれませんが、社会保険に厚生年金とかとか…
取られるものもたくさんですが、それにしては満足の行くお給料で実家ぐらしには十分な生活であります。
(もちろん、家にはお金を入れています。 家賃・食費・ネット代ほか)


局長「提督はしっかり者のようですね」

二宮中佐「あれ? 提督閣下はまたおでかけですか?」

局長「極東海軍省に呼ばれたそうで、「久しぶりにいるか座元帥閣下に会ってくるよ」と言っておりました。
二宮中佐、なにか提督に用事でも?」

二宮中佐「ええ、プティア飛行場の事と新人さんのことで相談があったのですが。」

高島少佐(航空隊司令)「いつまでも転圧作業しかしていない飛行場では、安全な飛行に支障をきたしかねませんのでして…」







高島少佐「特に、AV-8Bハリアー+ などの高度な技術を要する飛行機などにはそれ相応の滑走路が必要であると判断いたします」

二宮中佐「海軍陸戦隊を指揮する身としては、水陸両用戦を発揮できるような戦力と、支援する母艦が欲しいところであります。」

本庄准将「3月でホワイ太平洋艦隊に戻るわたしが言うことではないと思いますが…工廠で建造中の多数の艦艇を早く艦隊によこしてほしいものでありますな!」

いろいろ欲しい物がたくさんあるようです。



提督「ただいま~。」

局長「おかえりまさいませ、提督閣下。
   二宮中佐と高島少佐がお話があると言っていましたよ。」

提督「どうせ陸戦隊と航空隊のはなしでしょ?」

局長「よくお分かりですね。
   ところで、いるか座元帥閣下はなんのご用件でした?」

提督「吾輩に極東海軍の軍令部総長、つまり元帥の職をやるから「ワシに変わって総長をつげ!」っていうんだよ」

局長「えっ!? ということは…これからは「元帥閣下」とお呼びした方がいいですね」

提督「それからね、局長。
   君にも命令書があるんだ 読むから聞いてくれるか?」

「発、極東海軍軍令部総長「いるか座」
 宛、極東第一艦隊総監部・情報分析局局長「林 文」殿
貴官を本日付で極東第一艦隊司令長官に任ずる。」

元帥「だそうだ。これからよろしく頼むよ『提督』(^^)」

提督「はい。 なんだかややこしいですねぇ提督が「元帥」のなって、私が「提督」だなんて

元帥「うむ。 ところで我らが昇進した分、下の者達も昇進させねばならん。二宮くんと高島くんに昇進命令書を渡しておいてくれたまえ。

提督「艦隊総監部には誰が付く予定なのでしょうか?」

元帥「補給部の「安斎茉莉花」大佐が新たな総監になることになっている。少将の椅子が開いているから、少将になるだろう。
情報局の局長には英海軍少佐の「ヴィルヘルム・マウントバッテン」くんが来る予定だ。

提督「補給部隊のマリカちゃんですか。私が兵站軍にいた頃の部下ですね!」
元帥「提督は兵站軍からの出世組だったもんな。
   君の部下なら心配はいらないだろうな。」

・・・ということで、本日より提督は「元帥」に。
局長は「提督」になりました。 以後お間違えのないように。


ナゼ変更したかと申しますと、同じような名前を持つ司令官がいるようなのでそれへの配慮と、「やんごとなき方々」の反発がブログを始めた当初はあったのに最近 意外と無くなってきたようなので、変えるなら◯◯でしょ!
ということで変更したのであります。

でもこれまでどおり、「提督」として呼んでいただいても結構ですし、「くじら座さん」と名前だけでも結構であります。

これからも、くじら座元帥の海軍技術工廠をよろしくお願いします







元帥「さて、高島くん。昇進命令書は読んだかね?」

高島大佐「ええ ですが、て…コホン。元帥閣下。 いきなり2階級も特進とはどうして?」

元帥「林くんが提督になったし、二宮くんは大佐だったが今は准将だ。
   高島くんにもそれ相応の昇進があってもおかしくはなかろう?」

高島大佐「それはありがたいですが・・・」

元帥「それに、君の航空隊に任せたいものが届いているのさ
   それを見れば真意がわかると思うがね。」

・・・ということで、ナチタ重工業川崎製作所へとやって来ました。








元帥「ここへくるのは久方ぶりだなぁ」

高島大佐「我々が画面上に出るのも久々ですね。」

元帥「本題の前に1機見てほしいものがあるんだ♪」








高島大佐「これは、US COAST GUARDの救難ヘリコプターではありませんか!」
元帥「うむ。海上警備隊の救難能力向上を目的に、1機だけではあるが購入したものだ。
これを航空隊で活用して欲しい」

大佐「分かりました! これでわが海軍の救難捜索能力が上がります。」

元帥「では本題とまいろう」








元帥「これを航空隊に授ける。」

大佐「これは…旧陸軍の長距離渡洋爆撃機「富嶽」ですか? 
たしか、実戦に参加することはおろか、開発中止になってしまい飛行することはなかったはずですが・・・」

元帥「わが工廠の倉庫には時代から取り残されたような遺物がたくさんあってな(笑) ひさびさに整理をしようと思って立ち入ったら、これの残骸が転がっておった!」

提督「かの「ツァーリ・ボンバ」の時もそうでしたが、先代の「いるか座元帥閣下」はかなりの骨董好きだったようですね」

大佐「それで・・・








元帥「レーダーの関係から言うと、このB-2にはかなわないが、最大20tまで積載できる爆弾の搭載能力は魅力的だろう?」

大佐「たしかにそうですね。 ですが、このハ54型発動機はわが航空隊の修理班で直せるでしょうか?」

提督「それは知ったことではありません。」

大佐「は?」

提督「もともと時代遅れなのは承知のことなのです。
B-2をもう一機購入するまでの暫定的なものなので、故障しなければ3機体制となり、故障したら2機となるだけのことなのです」

大佐「では、B-2をもう一機購入する計画があるということですか?」

元帥「それまで待ってはくれんか?」

大佐「いいですよ! よろこんで!!


・・・ということで、元帥に昇進するはなしと。またしてもお金の掛かりそうなお話でした(笑)


デハっ!

スポンサーサイト



コメント

No title

昇格おめでとうございます♪
人は常に向上心を持たなくてはいけませんね♪
自分も頑張ります!
ナニを?w

No title

おはようございます元帥閣下(笑)
公私共に昇進おめでとうございます。
名前一つで「やんごとなき方々」からの問題とかあるんですね。
他でも色々チラホラ聞きますが、ブログって大変なんですねぇ…

No title

おはようございます!
昇進おめでとうございます!
ハリアーは以外と垂直離着陸で荒地でも運用可能できるかも!?
問題としては燃料が凄いことになりそうなことかな。
なんとくじら座元帥殿も富嶽をお持ちでしたか!
オレンジの富嶽もカッコイイです!!

No title

こんばんは、キョマカイちゃん同志どの
ありがとうございます!


キョマカイちゃんも昇進がんばってくださいーw

No title

こんばんは、三軒茶屋さん。
公私ともにありがとうございます!
それこそ「ナニ派!」って堂々と言えればいいんですが、なかなかそこまでの度胸は無いので「ギリギリのラインを狙って」やってます(汗)

でも、そこを超えれば人気はあとからついてきますのでね♪
三軒茶屋さんは大丈夫ですよ。

No title

こんばんは ニョッチ同志どの~
昇進しても模型にかける費用は変わらないので、かなりキツキツですよ(笑)
100均でコルクホード買ってあるので、新飛行場はいつでも着工できるんですが時間が・・・
富嶽はしばらく輸送任務に付く予定です。
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR