FC2ブログ

いつの話? 横浜の話。



前回の続きをお送りします!
今回はコスタからちと遠のいてしまうかもしれませんが、最後までお付き合いくださいな♪





巨大オセロに2本の線が入っているようなデザインの窓からは大きさの違うテーブルがキチッとした純白のクロスによってディナー客の準備をしていました(笑)

↑皮肉が混じってる…









西武不良?
いえいえ、塗装の剥がれてるところをハンマーで叩いて塗装のし直しをしてるところですよ!









新港の横浜海上保安部もいつもどおりですな・・・?
むむっ!?






これはもしかして・・・小笠原諸島で大漁犯罪を犯していたナカ国の密漁船ではないですか!!

もっといい画像はこちら↓







向こうにももう一隻います。
サビが…夕日に照らされ…なんとも言えない景観にw

吾輩としては対岸にいるグレーの船のほうがいつも気になります。
ま、良いカメラ(コンデジ)を買ったので何がなんだか判別できないようなことはもう無いのでしょうけども
このカメラはまだ修理に出してないからね
修理に4万かかるっつてたから新しいの買ったわけだけども…やはり修理に出したい機体だからなぁ~
税金払ったアトに考えよう








太陽を入れたのはわざとです(笑)
でもそのおかげで右下にネジ山みたいなの映ってるけど…

この写真はブログトップに掲載したやつ。








京浜港みたいな工業都市風ではない背景だけど、これはこれでかなり気に入ってます。






毎度おなじみ、氷川丸とマリンタワー。

今日引き潮なのかなぁ?
普段見えないミズゴケとか見えてるけど。

ちなみに、港にお住まいの地域の方はみなご存知だと思いますが、除夜の鐘(1月1日の午前0:00分)に合わせて港にいるフネブネは一斉に汽笛を鳴らすという習慣がありますが、横浜にはちとあるイベントが有ります。
山下公園先(正式な住所)に係留されている氷川丸のデッキに集まって、「除夜の汽笛」を聞こう! というイベントが有るのです。

ただ、近くて聞くとなるとかなりの音量となるためか、第4・5船倉を潰してできた後部甲板で聞くようですが。


何の話だっけ?







さてここからは寒いので温まる意味も兼ねて「くじらのお腹」で撮影した写真類のご紹介をば。

これは積み木でできた横浜港の様子を再現したジオラマで、ちょうどベインブリッジ(ベイブリッジ)を通過中の…「ふじ丸」かな?
これほしいですね!

でも、勝手に持ってったら犯罪ですよ!!
事実もってかれた例が幾つもあります。







日本丸パークを再現したジオラマで飾られていた「帆船・日本丸」も被害にあい、現状はこのようになってしまってます

誰だもってったのは!(怒)







「ぱしふぃっくびいなす」と「にっぽん丸」は無事で、ともに大さん橋でくつろいでいます。

なお通常、来航客船があるときはこの場所にそのフネが飾られるのですが、今回はギリギリまで分からなかったという(寄港するのか)理由からコスタアトランチカの船影は見受けられませんでした。

あ、そうそう。客船がらみでもう一つ。







現在横浜港湾局、及び神奈川県ではベイブリッジを通行できないような大型客船のためにこの模型にあるような「大黒ふ頭周辺」を整備し、「第2大さん橋」を作る計画があるようです。

事実、世界最大の客船を多数持つセブンシーズクルーズの大型豪華客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」137.276tを受け入れた経歴を持つため今のところは、最有力候補と言えます。



写真はふねきちさんが撮影した神戸港の写真。

東京もお台場に晴海港に変わる新しい港湾施設を建設すると発表しているので、今後が楽しみです!

ちなみに、前回の東京オリンピックの時はまだ今ほどホテルが整備されていないとあって、大さん橋に多数の大型客船が接岸し「ホテルシップ」として活用されていたとか…。

まにあうのか!? 2020年!!











大量の外国人船客を相手に横浜港の魅力を熱弁するこのフネのお化けのようなぬいぐるみは、PUNIP CRUISESさんが設計し。
広島県は呉市で艦船ブログを執筆なさっているPenmiさんによってこの世に生まれた「クルボンくん」(クルーズ・ボンボヤージュの略)です。

兄弟が数えきれないほどおり、その兄弟の一部はクルーズ好きな人達にくっついて行ったり、または気に入ったフネに棲みついたりしてアチラコチラの艦船ブログに登場する人気ものであります。

このクルボンくんは「大さん橋クルボンくん」と言って、大さん橋に棲みついた守護霊(?)みたいな存在となっており、手を伸ばし触れるとその人に幸せが乗り移ると伝えられています(笑)







ガラスケースに入っている豪華客船「ノルマンディ」
夕日に照らされより一層輝いてます!
1935年に就役した本船はその華やかさから「洋上の宮殿」とまで称されたものの短就航ゆえ、神格化されるほど人気を誇ったのであった。

※詳しいことはwiki先生に聞いてくださいな♪


・・・その後はカフェでお茶して暗くなる前に帰りましたとさ。


それではみなさんまたお会いしましょう。

デハっ!

スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます、くじら座提督閣下
横浜港はいつもいい雰囲気ですね
それに似合わない・・・・かの国のドンガラ船(笑)
新しいカメラも買われたんですね
望遠が楽しくなりますね

No title

こんにちは、くじら座提督閣下
先日は、友達申請ありがとうございました。

変わらず横浜は賑やかですね。
盗まれた帆船日本丸、見てみたかったですね。
迷惑な隣人さんたちの船は、もしや閣下の艦たちも逮捕に協力したのでは?

No title

こんばんは、ナチタ総統閣下!
博多港だって横浜にはないいい味を出している港だと思いますよ?
たぶん・・・豊後の沖でそのドンガラ船が逮捕されたら、博多港にさらし首…?
「超解像度のコンデジ」とかいう謳い文句に乗ってしまったのですが、自分的にはかなり気に入ってます!

No title

こんばんは、CT611captainKIXさん。
いえいえこちらこそあありがとうございます!今後ともどうぞよしなに。
迷惑な隣人はアチラコチラの同志殿があらかた片付けてしまったようなので我が艦隊は何にもしてませんよ♪
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR