FC2ブログ

Reardon Smith Line New Westminster City 1/1200



なんのはなしかって?
もちろん、1/1200の船舶模型の話ですよ♪

今回はレジンキット製の模型を、わが模型人生で最も敬服する老師「ARCdiaさん」に頂きまして、『1/1200及び1/1250模型のさらなる認知拡大と販路の開拓』を期待して制作をするものであります。


して、その船舶とはいかなるものなのか。

提督「たれかヨコ文字の分かるものは居るか?」

工廠長「わたしにはわかりませんなぁ」

局長「私にもわかりませんねぇ…」

誰もがヨコモジに対して理解力・対応力が欠如しているため、一体どんな船だったのか、どういう経緯の持ち主であったのかすらわかりませんでした。

が、およそ6.162t(国際トン数?)で、4サイクルの対向式オイルエンジンを搭載。
最大出力は英馬力単位で4800HP、キロワット単位では3579kwで、海上自衛隊の艦船で比較すると(近似はあったが同一はなかった。)おおすみ型輸送艦を上回り、はつゆき型護衛艦を少し上回るようであった。

※ウィキペディアに記載されている情報では「hp」ではなく、「ps(仏馬力)」で表示されているため換算計算が必要ですぞ!

1956年配船
1979年に富永浦(←原文の翻訳ではこう書いてあった)にてスクラップ

この後よくよく調べてみると、石川県に金属スクラップの会社があることがわかった。現在はプラスチックのリサイクル業が主体のようであるが…
ただし、平成12年創業という点が引っかかる・・・

このほか北海道網走市に同名の有限会社が存在することも分かった。


さてさて肝心の船影の方でありますが、このスミスラインには似たようなフネが幾つかあり、それらを参考とするためにここに掲載しますが、いわゆる「拾い物画像」ですので気が付かれた方いましたらご一報ください。






これはネームシップの Victoria city








Devon city








houston city








Welsh City








Orient city 。

これらとよく似たNew Westminster cityに関してはまだまだ資料となる記事を検索中であります!

で、まだまだ仕掛り中なんですがこれから制作する船影をご覧頂きます。







すでに譲受した時からサフはかけられていたのですが、筆塗り&厚塗りが基本なわが工廠としてはもう一度サフ吹きをしてから塗装に入りたいと思います







ただですね、今回は上構のみ缶入り塗料を吹き付けようと考えています。

それから、老師アルカディアさんによるところの「満載状態」を実現するために現在。
ヤスリで喫水を深くする工事を施工中であります!
これがなかなか平らにならないので苦労しているところではありますが(笑)

苦労した分だけ愛着が湧くというものを信じ、作業を進めていきたいと思います


デハっ!


スポンサーサイト



コメント

No title

お~、始まりましたね。
しかし、積載状態まで考えて製作されるとはさすがです。船底を水平に削るのは超難度の作業と思いますが頑張ってください。

No title

> s4s*s4s*1さん
いやいや、ただ単に喫水線のことまで考えて塗るのがめんどっちいだけですよ!(笑笑)
船底をちゃんとやらないとBC船級のように後ろに重心が行ってしまいますからね!
そうならないようにしっかりと作りこまなければいけませんね。

No title

閣下が、無事に建造成功する事をお祈り申し上げます。
進水式には、是非お呼びくださいね。
では、( ̄▽ ̄)ゞ

No title

おはようございます、 CT611captainKIXさん
ありがとうございます!ご声援いただくとますます頑張ろうという励みになります!
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR