FC2ブログ

横濱フネブネ散策 その3



過ごしやすい陽気にも関わらず、台風が次々とやってくるこの時期 いかがお過ごしでしょうか?
こんばんは、くじら座提督です。

さて、長いことお待たせしました! 「軍事」以外の話題です。

我がブログでの主役は「1/1250~1/700までの軍艦模型・軍事模型」がメインなので、「温泉」とか「旅行」とかいう一般的に楽しい話題はほとんど出てこないんですが、わが地元神奈川はそれこそレジャーもあり、軍事的話題もあり・芸術や工業と言った話題の巣窟でもあります。

そういうこともあってこのブログでは模型をメインとしつつも いわゆる「そっち系じゃない」話題も取り扱っております。


・・・というわけのわからない前置きはこのくらいにして。

本編をご覧ください。(笑)







大都会にあるオアシスみなとみらい21(23地区?)地区にある帆船「日本丸」。その名はあまたの客船・事業船に付けられてきました。
一番有名なのは、日本が誇る豪華客船「にっぽん丸」。
2番目が航海訓練所の「日本丸二世号」
ほかにもあるんですが、タグボートとか。とにかく色々な所に付けられています。

横浜船渠で生まれた我が神奈川県民の誇りであります!


さて、日本丸の船内巡検を終えた提督は名残惜しそうにしつつもタラップを降り、美しい彼女を撮影し次の場所へと移りました。








マスト。








局長「お次ははるばる神戸から来たあのフネですね!」

…そう、そのふねとは・・・







これ。
ああ坂維新の会の橋本代表の事業仕分けの対象になってしまい、売却か解体かの瀬戸際にあった時神戸のどっかの団体がひきとって改名・再就役させた帆船(練習帆船?)「元あこがれ」の、「みらいへ」。







何故か横濱へ寄港していました。
「みらいへ」の主要目をば

船種:旅客船(練習帆船)
総トン数:230t(国内基準)、362t(国際基準)
全長:52.16m
全幅:8.60m
旅客定員(宿泊の場合は。):38人

『帆船「みらいへ」は、日本で唯一、一般の皆さまが自由に乗ることができる帆船です。
私たちは、「地球人になろう。」をテーマに、未来を担うグローバル人材の育成を目的とし、セイルトレーニング等を用いた実践・体験型野外教育を展開し、決断力や責任感、コミュニケーション力を養い、チームワークやリーダーシップ等、総合的な人間力向上を目指す様々なプログラムを提供します。
また、海事・海洋教育やクルーズ、国際交流等、多彩なアクティビティを通じ、多様な視点で海や自然と親しみ、未知なる世界を体感し、学ぶ場を提供します。』
(みらいへのホームページより)






帆走することの出来る機走船・・・と言った感じになるんでしょうかね?
日本丸を見たあとなので小さく感じますが、その通り。
東京港などでクルージングする「ヴァンテリ…」じゃなかった。「ヴァンテアン」などより小さめなのでかなりチイサメ。






本船の船籍は神戸ですが、その神戸でも帆を広げて航海しているところはあんまり見られていなさそうであります。
そのためか、写真ではカーテンのようにマストに引っ掛けているようにも見られますなぁ

何にしても、なんとか市長による危機から逃れて第2の人生を歩めている姿を見られて感動した提督でありました。







さて、ここは赤レンガ倉庫ですね。

あっ! 赤レンガ倉庫といえば、今日から始まる「オクトーバーフェスト」の会場でもあります。
一杯だいたい1100~1500円ほどと高い上に、今回から会場使用料とビールジョッキ代も別途必要となったのでかなりお高めですが、良かったら横濱までお越しください。

なお、本国ドイツでの値段は1Lあたり9ユーロ後半だそうですので。(日本円で1380円ほどかな?)







今日の写真ではないので、横濱へお出かけになられてもこれが見られるわけではありませんが。
ある意味、これが来ているうちにアレにもご挨拶せねばと思いまして・・・








言わずともしれた日本郵船の豪華客船「飛鳥Ⅱ」。

「とびしまⅡ」ではないのであしからず!







さて、「しきしま」が見えるこの位置は、当然!「くじらの背中」であります。 大さん橋国際客船ターミナルであります!






ちょうど、「シーバス」が出航中。







あら?なんだろうこれは?







ははーん なるほど~。
トレーラーとかの積載貨物に赤い旗とかくくりつけるようなもんかー

船首で分かる人ってなかなかいないんですが、あのマークを見れば分かる人はわかる♪







飛鳥Ⅱのローング船首ー。

で、予告にもありました「あのふねのおばけ」に会いにも行きました。







知っておられる方は知っているー♪
フネのお化け、「クルボン君」飛鳥Ⅱバージョン!

もともとは、客船ブロガーのPUNIP CRUISESさんに出てくるキャラクタあーだったのですが、広島の艦船ブロガー カープファンのペンミさんの手作りによって立体化されたものです。
ペンミさんのはこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/mkiipen/34036638.html







横濱の大さん橋に置いてあるこのクルボンくんは、プニップさんが大さん橋側に掛けあって常時展示されています。
で、何年かに一度 生まれ故郷の広島に里帰り(クルボンファンの間では「ドック入り」と称する)するんですが、飛鳥ⅡクルボンくんはⅠ年ぐらい前にドック入りしたとのことでした。

なんですが、ところどころ痛みが激しいのでドック入りを検討してもら~おうかな~?ということで。
ここに紹介する次第なのです。






提督「はじめーましてかな? 飛鳥Ⅱクルボン。」

飛鳥Ⅱクルボン「だれ? あなたは。」

提督「ペンミさんに色々とご指導いただいてる、くじら座提督というものです。」

飛鳥Ⅱクルボン「知らないなぁ~」

だろうね。まだブログ開設してからⅠ年も経ってないもの。

提督「どこか傷んでるところがないかと思って、点検しに来たのさ。」

飛鳥Ⅱクルボン「上の写真にもあったと思うけど、マストの近くに黒い何かがあったり、足の裏とかキャビンとか色々痛みがあるんだよー(泣)。
それにここはオネイサンがいないしさー、もうちょっと華やかなところがいいよー」

???さん (-_-#)

提督「 ^^;  さ、さぁてぇ。どこに痛みがあるのかなぁ?」







右舷側キャビンと船体。

提督「ふむふむ。」





船尾・スクリュー付近

提督「毛玉と手あかが深刻なようだな・・・」







左舷側キャビンと船体のクローズアップ。

提督「うわっ! 毛玉がすごいことになっとるぞ!こりゃぁ、「毛玉とるとる」が必要だな。」

毛玉とるとる?







うむ。

報告
発、極東第一艦隊司令官くじら座提督 宛、ペンミ工場長どの。
以上のとおり、「飛鳥Ⅱクルボンくん」の現状写真と報告と致します。
状況から見て「全般検査」及び「船体洗浄」が必要と判断いたしますが、そのへんはプニップさんとの連絡にお任せいたします。
以上、報告終わり。

アスボン「ねえねえ、提督。ロイヤルウィングのオネイサンのところに移してよ~。」

提督「じゃあ、また来るから~。 ピュー! 








で、本当の飛鳥Ⅱのほうなんですが、なんとか新聞の企画だったようでそのクルーズ客の方がいたようでした
 






なんとか新聞グループの伊勢志摩・横濱あたりのクルーズ だそうです。







あっ!「横っぱら」こと、横濱パラダイスのクルーズ船だ。
その横にはカップルだ・・・チッ!







それからそれから、かなり時間が緩慢に流れて・・・もう8時台。
そこまで待ったのはわけが。















スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます!くじら座提督閣下
私はこの港だったら一日中撮影する自信がありますよ(笑)
港の風景っていいですよね
博多は確かに大型クルーズ船も寄港しますが、港エリアは寂しいですからね

しかしビール高いですね

No title

こんばんわ、横浜の近くにお住いの方々が羨ましく思われる今日この頃です。
赤レンガ、い~ですねビア寝ネックストで飲んだビールおいしかったです!若者ばかりで少し浮いていましたが・・、他にも素敵な店がたくさんありました。くじらの背、積み木の模型やお土産物屋さん等ゆっくりたのしみたかったな~。是非、また訪れたいスポットです。

No title

こんばんは、総統閣下!
たしかに、この港だったら何時間でもいられますが、その時は良いカメラといい望遠レンズが必要ですなー(笑)

本場ドイツのビールもお高いそうですが、このビールジョッキを買うと、ビール本体と同じ価格なのにもびっくりデス。

No title

おはようございます。広島の巨匠!
横濱の近く…といってもかの悪名高い(?)世田谷の方に住んでるので、すぐに行ける距離ではないんですが…(笑)
東京港のほうも長距離フェリーやなんかが入港したりするのでお勧めなんですが、観光だったらやっぱり横濱でしょうね!

ぜひぜひまた訪れてください。
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR