FC2ブログ

スカサマフェス❜14 最終回 継ぎ足してくから最後まで見てね!



長いこと見てくださってありがとうございました。
どっかの誰かさんがパソコンの電源を落としてくれたり、ヤフーのブログアップに対する不親切などがありましたが、ようやくここまで来ることが出来ました。

(´ε`)フー

なんか、この前置きを書いたところでもう終わった感じがしますけど「まだまだ続きますよー♪デハっ!」


(…勘の良い人なら、もうわかってるかな~と思ってますけど、上のカッコ書きの言葉はとある有名なのんべえの言葉ですよ。)
月曜日のBSTBSの番組、◯◯類の◯◯放浪記。
ちょうどHEROの裏時間ですね!良かったら見てください

さて、海上自衛隊の教育機関である第2術科学校での観閲を終えたくじら座提督は一路横須賀地方総監部で見忘れたものを見に、先ほど乗ってきたシャトルバスに乗って戻ることにしました。
その車内からの様子を撮影したのでここに紹介します。

…なにか機密があったら言ってくださいね
海上自衛隊の横須賀補給隊の門から一般道に出てゆき、その昔軍用の線路だった廃線跡や倉庫街を横目に見つつ、隧道(←トンネルのこと)へ。

トンネルの先に広がるグラウンドはかの有名な「巨人に初めて試合で勝った」と言われてしまった
「横浜DeNAベイスターズ」の練習グラウンドであります。
本拠地は横浜でありながら練習場は横須賀なんですね!
まぁ、巨人も大昔は川崎側の多摩川グラウンドにありましたが今は、うん。

ね。総統! 九州は九州でも宮は遠いですもんね!




後半は、横須賀基地業務隊の守衛門(いいな~あんな門吾輩の基地でも欲しいよ!)から海側の基地内の道路を走行し、艦艇がくつろいでる桟橋のあたりで降車した動画でした。

下の地図はそこを走行した道順です

詳しい地図で見る





その護衛艦たちが集う桟橋からひょいと目をやると多用途支援艦が。
AMS-4305「えんしゅう」は、ひうち型の最終5番艦であります
外国では「艦隊航洋曳船」として有名ですね!
そして、大抵の場合必ずこの同じ場所にいますね。この間のリムパックに参加してて護衛艦たちがほとんど居なかった時でもこの船だけはいましたから(笑)

こんなこと言ってると用がない(仕事が無い)船と思われると困るので、仕事してる姿をご紹介しましょうね~。
時は2009年今はもうなくなったミサイル護衛艦の「たちかぜ」を伊豆諸島沖で海没処分にするために曳航した時のお話



2007年に退役した最後の護衛艦隊旗艦職を全うした(最後の護衛艦隊旗艦はさわかぜでしたが。)たちかぜ型のネームシップは約2年間横須賀の港にとどめおかれた後、砲身やミサイルなどの実装品やまだ使えそうな部品を取り外し、実弾標的として標的艦塗装を施され伊豆諸島の沖合で海没処分に処される事となったのです。





はたかぜとはつゆき型の乗員がお見送りする中、もうすでに主機は動かない状況にあったであろうたちかぜは、ここで「えんしゅう」の力を借りるのでありました。





たちかぜは艦艇7隻、航空機9隻による実弾射撃試験によって沈められました。
先導するは特務艇の「はしだて」、曳航船に「えんしゅう」、曳航される「たちかぜ」、その周囲を見守る58号曳船2隻と最後にそれら単縦陣形を見守る位置にいるのは「げんかい」でした。
この艦隊で(タグまで一緒に行ったかどうかは分からない)八丈島の沖合にあるY-2訓練海域というところで処分、撃沈されたのでありました。


ちなみに、日本では2番目ぐらいに大きい曳船ではなかろうかなー。
日本で一番は、ご存知の日本サルベージの海難救助船「航洋丸」総トン数2.096tで、船籍は「東京」ですよ!
これがあれば世界三大悪魔灘鹿島灘もなんのそのですね。(…ほんとうの気持ちは事故がない方がいいですが)

うえのリンク先はフネ好きの中で知らない人はいない、知らない人はモグリか初心者のどっちかだといわしめるほどの情報通のお方のブログです。

…吾輩は、…実は、………モグリではありませんでしたよ。

ちなみに、ちなみに。世界最大級はと…いうと、ロシアの太平洋艦隊所属プロジェクトR-5757海洋救助曳船「フォーチィ・クリロフ」クラス隻が現在ギネスブックにも載っている世界最大級の大型航洋曳船と言えます。
就役は1989年。
基準排水量:5289トン
満載排水量:7542トン
全長:97.6m
幅:19.42m
吃水:7.2m
機関:ディーゼルエンジン4基
出力:24480馬力
速力:18.1ノット 
航続距離:16ノットで11000海里
搭載機:ヘリコプター1機
乗員:51名(この他に20名を収容可能)


2014年現在はロシア国内の造船所にて長期の近代化改修を受けるためにドックで入渠中とのことです。

そのドック入りする写真↓






これをドックに引き入れるタグが非力に見えてしまう…
そして、人間が米粒のようだ…
最大曳航能力は250000tまでの船を風力8まで曳航できるというからおそロシアです。

さすがっすね!!


はなしが結構ズレてしまいましたね^^
じゃあ、戻しましょう!





バスの車内からも見えたし、随分前のヨコスカサマーフェスタブログでも登場しましたが、「あの色あせた護衛艦はなんだ?」と思われた方もいらっしゃったでしょう。
お待たせしました。


はつゆき型護衛艦の同型12隻が製造されたうちの4番艦「さわゆき」であります!





うっすらと「さわゆき」の文字が見えます!
これってただ単にペンキでフリーハンドで書いてるのかと思ってましたが、違ったのですね!
(提督はロールスロイスの車体に施されてる装飾のように、職人が手書きでやってるのだと思ってたのです)

とはいえ、印刷ではなくペンキで塗ることは間違いありませんが、テンコクのように線がちゃ~んと施されるとは!
…もしかして、旧海軍もこんな細かいことやってたのかなー?





ふと、となりを見ると黒くて鼻筋の通ったイケメンが海面より顔を出しているではないですか!
近づいてみると・・・





おお!!ずいりゅう!
潜水艦の甲板見学で2時間も並ばせたのは君だったのか!

・・・といったところでお時間です(T_T)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お時間でした。(笑)

長いこと見学客を並ばせ、炎天下の中カンヅメにして病院送りにした209系……じゃなかった(笑)
炎天下の中2時間も待って、潜水艦の「甲板」見学を見に来ていたお客さんたちに残念なお知らせが。
「潜水艦ずいりゅうの甲板見学は、午後12時をもって終了させていただきます」

はなから諦めてた吾輩はともかく、今の状態で並び続けてる人たちがいなくなるのは午後2時ぐらいかなーと計算したので、吾輩は第2術科学校へと行ったのでありました。
で、帰ってくると人もまばらで、潜水艦はというと、開放終了後にいつもの潜水艦置き場に戻るらしく乗員がテキパキと後片付けをしておりました。





潜水艦には「艦橋」と呼ばれるものはありません。
潜水艦の本体から突き出てるかんざしみたいな構造物(上の写真)は、デッカイですが「マスト」と呼ばれ、潜望鏡や通信アンテナ・レーダーにシュノーケル(空気吸気口)などが格納されています。

写真上に
のようなものがありますが、あれはジャイロコンパスです。
水上航行時に航海要員があそこで進路の確認や艦の位置などを測定し、操艦に役立てるのであります。

また、その下には覗き穴のようなものもありますが、ここには光学カメラが仕込んであります。
機動警察パトレイバーに出てくる98式イングラムのカメラのようですね。

ん? これで多脚戦車なんて作ったら面白いんでないの?
ねぇ、ポルコさん。キョマカイちゃん同志どのー!!





この角度から見るとやっぱり精悍な顔つき。イケメンですね!
このタイルがほかの潜水艦にはない特徴です。

誰だ!潜水艦を娘にたとえたのは!!
娘に例えるならボーイッシュなのがいいなぁ。





艦下部は藻が生えています。
・・・ということは、あんまり出動する機会に恵まれてないということかしらん?
曹長殿によれば、高速域になると自然と取れるそうなんですが、海中に潜って「草取り」もするそうです

出港するのは(出港と行っても湾内を移動するだけなんですけどね。)午後3時ぐらいなんだそうで、暇つぶしに湾外を航行する貨物船たちをパチリ。




思うことはみな同じなようで、大きなのが通るとパシャパシャとさながら有名人の謝罪会見のよう…(笑笑)





水上航行するとはいっても、ただでさえ狭い甲板に作業員がいくつも乗るので、作業員の足に引っかからないように使わないロープは格納します。

・・・というか、何かが出てる状態で航行してる潜水艦の写真なんてありませんね!
そして潜水艦にとなりにはあのフネが!





さわゆきは退役してから約2年経っているので、横須賀に配備されていた元護衛艦は解体を待つフネと射撃訓練に供される艦の2種類に分かれますが、さわゆきは前述の海曹長殿の言葉通りなら、何かに使われるのか、射撃訓練用にとってあるのかのどっちか ということになります。

しかし、以下の写真を見てゆくとどーしても「射撃訓練用」とは思えないのであります。





一番目に見えやすいところで鎮座するOPS-14対空レーダー や、
影になっていて見にくいところにあるOPS-18対水上レーダーなど。
レーダーなどの電測兵器がそのまま搭載されているのです。

ほかにも・・・






ヘリコプター格納庫から張り出してるデッキに搭載されてるスーパーバード衛星通信アンテナ(戦術データリンクアンテナの可能性もある)や、シースパロー管制用のアンテナまで取り外されることなくそのまま残されているのです






砲身はないけど、砲本体はあり、なおかつ通常は廃艦となった元護衛艦には残さないアスロックランチャーまで残ってます!!

この徹底した取り置きには「なにかがある」と、思わずにはいられません。
台湾にでも引き渡すのでしょうか?





でもよくよく見るといろいろなものが無くなってたりしますね
ほかの艦でも使えそうなのは持ってっちゃうんでしょうか?





射撃指揮装置までそのまんま残されてる・・・

ほんっと何に使われてもおかしくないぞこりゃぁ。





お隣に停泊してる現役の護衛艦の方は延命化改装を施し、第一線でまだ活躍するそうですが、MK.13単裝ミサイル発射機をMK.41に換装する計画があるそうですが だとしてもセル数は8セルぐらいになるのでしょう。

それでも、8セルだと1セルに4発のミサイルが装填できることを考えると32発のミサイルを装填できますね。
ミサイルの方はSM-2かESSMのどちらかになるそうですが、あたご型の後継艦が登場するまでのつなぎ役ということを考えるならばスタンダードミサイルよりも発展型シースパローミサイル(ESSM)のほうが現実的です。
しかし、その後継艦が登場するのは早くても平成30年代となりそうなので延命化工事を施工して、艦齢が15年のびたとなると、ESSMでは不十分な気もしますね。

さてはて、どうなるのか楽しみであります。






そうりゅう型潜水艦では係留替えの作業が進み、間もなく離岸するから退避するようにとのことで、見学客がそぞろと規制線の彼方へ去って行きつつありました。





吾輩もその退避命令に従い、規制線の先端まで追い立てられるように退避しました(笑)






係留替えには時間があるし、そこまで待っていてもネタになるかどうか分からなかったので逸見岸壁から飛び立つ、「館山航空隊所属」のヘリの帰投を見届けるため、吉倉桟橋を後にしました。

後々になってその場にいた方が動画を撮影していたらしく、動画配信サイトにアップされてたのでここに引用いたします。m(ーー)m


潜水艦の離岸様子その一


その2


これだけ!?
そう、これだけ。
なんか肩すかしでしたね。
潜水艦の係留地はアメリカ海軍の基地内にあるので、そこまでは撮れなかったというわけでしょうか





基地の向こう側に思いを馳せて・・・




むらさめまで戻ってきました。
なんか、旧海軍の飛行機乗りさんがいますね(笑笑)



















誰を見ているのでしょうか?




FCS-2射撃指揮装置が首を振って「バイバイ」してました





FCS-2にあわせて76mm砲も「バイバイ」してました
もちろん手前の頭も。
ワッハッハッハハハハハ!! ←Wicked(悪党)の笑い。

その動画↓




ブルワァァァオオォォォォ!!!

なんだなんだ!?


あ、20ミリCUWSが動いた音だったのか・・・
びっくりしました。



最後に、むらさめの艦長殿を。




イギリスの格言。
「士官たるもの紳士でなければ士官の資格なし」
士官らしく、真摯(もちろん紳士でもあり、)な対応でした。




最後はヘリの飛行で終わりです。

さいなら~、さいなら~。

スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます♪
動画から機密を見つけました!
なんとトンネルの中でガラスに提督のシルエットが写ってます!w

X舵なので○○りゅう型とわかるんですけど
こんな風に潜水艦は名前を書いてくれないとなにがなんだかわからないですねー♪
呉でいつもそう思いますw

No title

おはようございます!
マニアックな画像たくさんありがとうございます!
一つ気になったのですが
たちかぜは艦艇7隻、航空機9隻による実弾射撃試験によって沈められました。
の文で航空機9隻と書かれてますがこれは、
極秘の超重航空戦艦による攻撃と考えてよいのでしょうか?

No title

こんにちは~、キョマカイちゃん同志どのー!
キョマカイちゃん同志殿もよく車内からの撮影でよくシルエットが見えてますよー♪

じつは、潜水艦を判別する方法はあるんですが、超極秘情報なのであんまり出回ってないんですよ。ネットに。
潜水艦の潜望鏡の「柄」とか、シュノーケルの形状とかそういうので判断するんですが、素人が見るとどれも同じに見えるそうでして…吾輩もいつも困ってるんですよーw

No title

こんにちは~、ニョッチ同志どの~!
対潜爆弾を抱えたP-3Cと情報収集用と試験評価用ののが2機いたとして、あとの6機はなんだったんでしょうねー。

その極秘の航空戦艦がいたとしても不思議ではありませんが、たちかぜではそれの相手にもならなかったんじゃ?(笑)

No title

こんばんは。
「さわゆき」、結構細かいところまで見ていますね。
私はヘリの帰投は艦上で見ました。
海軍搭乗員のコスプレをした方、見てみたかったですね。(笑)
ところで、英海軍を模範としていた帝国海軍にはこんな言葉がありました。
「海軍士官はジェントルマンであれ」
艦長と軍艦旗の構図がとても良いと思います。

ナイス☆

No title

こんばんは、くじら雲さん。 色んな所に「ナイス」ありがとうございます~
前回のりものフェスタの時は公園側から撮ったんですが、この時はちと構図が悪かったですね(笑)

あの搭乗員の人、よくゲートを通してくれましたよね 関心。
…やはり格言は帝国海軍にも伝わっていましたか!

ナイス ありがとうございますm(--)m
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR