FC2ブログ

スカサマフェス❜14 その4


写真が多くてスイマセンね。
みなさん間もなく、こんばんは~。くじら座提督ですぅ

前置きを考えるのが面倒になったこともあって、早速視察の様子を紹介しましょうかね~。
デハっ!行ってみよう!!






むらさめと同型艦ということもあり、紹介しなくてもいいかもしれないんですが、ソマリアの海賊対処に最も多くお出かけになっている艦に提督の吾輩がねぎらいに行かないわけにはいかないので乗艦することにしました。






係員に申し付けるとはたかぜの方に先に回してくれるようで見学者のみなさんが相次いでアチラの方に向かって行きました…





技術の進歩が感じられる艦影であることがしみじみと分かる一枚であります!
海上自衛隊の汎用護衛艦は世界でも類を見ない美しさと機能性を持っていると評判の艦艇であり、西側諸国のフリゲイトやアメリカの駆逐艦なども参考にしながら独自の設計を貫くわが艦艇設計陣は我が国の誇りであります!





かたや、技術の進捗に伴いスタンダードミサイルを搭載した防空艦「はたかぜ」は、どの国の防空艦にも類しない無骨な艦影として堅物好きから多大なる好感が持てる逸品と言えます。

はたかぜ「時代遅れとは言わせないぞ!」





この巨大なラティスマストや数少なくなった一本煙突が吾輩のお気に入り。




もちろん、角ばった煙突も好きではありますが。
どうせなら「こんごう型」のように角のとれた、排煙筒に金の縁取りがしてあるようなディティールが好みですね!





乗艦しました!
甲板から隣を見るとはたかぜの73式54口径127mm単裝速射砲が砲身を仰角にして撮影に応じていました。
この73式は日本製鋼所で製造された海上自衛隊専用モデルである。
なので、しらね型が搭載している砲もアメリカ海軍の制式艦載砲MK.42ではなく、73式と思われる。





「いかづち」から兄を見つめる。
入口に近いということもあって、そっちの専門ではない方たちは兄を見つめて、露店を物色し帰って行かれるようでした。






やっぱり、潜水母艦でしたね \(^^)/
潜水艦の付き添いではなく、修理のために寄港してるっていう感じでしょうかね





格納庫内部では冷たい麦茶やスタンプラリーのスタンプなどがおかれており、どちらもなが~い行列を作っておりました
写真は搭載ヘリコプターの移送装置。またの名を着艦拘束装置とも言う。
動揺のある水上艦で、甲板面積の少ない船に着艦するときはこの拘束具を使い、ヘリの安全な着艦を支援する道具であります。

大きな開口部にヘリの胴体下から突き出てる棒を挟み込み拘束するというもので、そのまま格納庫へ引き入れる装置でもある。





さてはて、この箱は何だろ?
ゴミ箱ではなさそうだけどなぁ 誰かご存知で?





給油装置のホース。
給油は「バンカリング」というらしいですね。





むらさめの「総員離艦安全守則」と違ってかなり傷つきましたね。
歴戦の証 といったところでしょうか。





乗艦してみてわかったことですが、90式対艦噴進弾のキャニスター下部には発射の際に発生するブラストを避けるために除煙板が取り付けられていました。
ここも1/1250模型で再現したいですねー(技術があれば…)





搭載艇と海賊対処用に搭載された臨検用の複合艇。
下から見るとやっぱりゴムと強化プラスチックによる複合型の舟艇であることが分かりますね~。





むらさめと違って76mm砲の操砲展示はないので、揚錨機(←あってる?)つまり錨の作業甲板には立ち入れませんが、砲先端までであれば立ち入れます





CIWSと艦橋と3次元レーダー。
お隣さんとはいい対称ですね!





やまゆきの展示の時と対して変わりませんが、横浜と横須賀じゃあ雰囲気が違うのかなーと思って撮ってみました。
この砲はイタリアのOTOメララ社製のベストセラー砲で、海上自衛隊もこの砲が一番多く装備化しているのでどこ行っても大体見られますね(笑)

さて、いかづちの観閲はここで終了致しました。
結構長かったですねー でもまだまだ全体としては1/4ぐらいしか進んでないのでここからが大変ですね(^^ゞアタマカリカリ

次回は「影の薄い防空艦」として有名な「はたかぜ」をご紹介します。






デハっ!ごきげんよう!!

スポンサーサイト



コメント

No title

提督がとても楽しんでいるのが良くわかりますよ♪
やはり海自イベントには行かなきゃイカンですねー♪

No title

こんばんは、キョマカイちゃん同志どの~。
ええ、楽しいですよ♪海自のイベントは~w
たとえ艦艇がいない航空基地のイベントでもきっと楽しいはずです!
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR