FC2ブログ

現用艦船キットコレクション 「むらさめ」+α


どうもーくじら座提督ですよ~!
今回も現用艦船キットを使って制作光景・・・という風にしたかったんですが、カメラの電池チャージに時間を取られてしまいまして。
…制作風景の様子は撮れなかったんです

                   ・
というわけで、(…どういうわけだ?)制作後の艦船模型をご紹介いたします!
前回見たく長くならないから、時間がない人も見れると思いますよ(^^)

デハっ行ってみましょー!



これまでは、1/1250模型は「鉛合金」が主体の金属製模型でした。
それは欧米各国の市場における「紳士のオモチャ」という扱いだったからでした
日本ではプラスチック模型が主流で、サイズも一番大きい物で1/72かそれ以上。または、1/144・1/350や1/700といったスケールが豊富に混在している世界でも類を見ない模型大国であります。

その中にあって1/1250が世の中に出回ってきたのはいつだったか分かりませんが、(愛好家たちは海外に発注し、それで楽しんできたので純然たる日本製1/1250製はいつからあるのかわからないため。)
最近では、上島珈琲社製の非売品のおまけで「最強の艦艇コレクション」というのが発売され、注目を集めた。

ただし、アレは純然たる1/1250サイズではない。
輸送艦「おおすみ」が護衛艦より小さいはずがないし、3.000トンクラスの「フリーダム」が2.000tも多い護衛艦と同じサイズってのもおかしい。
まぁおまけの箱に収まるように設計したらしく、空母ジョージ・ワシントンに関して言えば「1/2500」であった。

ところが、よくよく測ってみるとイージス護衛艦と汎用護衛艦だけはちゃ~んとそのサイズに合致していた・・・。
でも、細か~~く調べると大体「1/1280」ぐらいのサイズ感であった。これはトミカの大型ミニカー(「ミニカー」じゃないけど)「さんふらわあさっぽろ」と同じサイズである。


前置きが長くなったが、今回は比較のため、その「最強艦艇~」から「たかなみ」さんを招へいしました~。



海上自衛隊最大の護衛艦と言われた本艦も後継の「つき型護衛艦」に追い越されたが、前級「むらさめ」とともに護衛艦隊の中核を担う存在で在り続けている。






同型12隻を生み出した「ゆき型」に比べると隻数こそ少ないものの戦闘能力や続戦能力が大肌にアップしている。
そのたかなみの形を作った船こそ「むらさめ」なのである







おや?(←やっぱり毎回おんなじ出だし…)
この艦番号は…






おやおや?同型艦のようですかな?






やっぱり「むらさめ」でしたねっ!
この艦もやはりちょっと仕立て直しをしています。分かるかなぁ~?






艦船に興味のある人ならば分かるちょっとした一手間。雑に塗ってあんのは気にするなー♪

特にこの改良工事で一番苦労したのはここ↓





この製品ではシースパローの垂直発射機、MK48にミサイルが全弾装備されている状態になっているのでこのままでも十分にいいのですが、現実味を持たせるため格納容器(キャニスター)に色を塗りました。



現物↑(ネットからの拾いもん)
ご覧のようにスカスカのやつもあればそれなりのもあり、またキャニスターにも色が違ってあったりとまちまちなんです






それともう一つ、アンテナホイップの基部を絶縁碍子の役割をしてるのかわからないですが赤く塗装してあるように見えたのでここも塗りました。




実物はこんな感じなんですが。

で、もうひとつ重要なところを改良しました





艦の目とも言える重要な3次元レーダーの改修を行いました。





ご覧のようにたかなみ型もこのようにモールドされています。
ところが、コレ。ランナーから外すときモロにこの面のところが切り離しのところとなっているのでこのような重要な事がおろそかになっているとは非常にけしからん!!


むらさめ型のOPS-243次元レーダー


ね?
こうなってるのが普通なのに、ランナーから切り離し直後だと



こうなってるんですよ?
(ランナー痕がくっきりと見えるレーダー面)
まま、こうしてどうにかして遊ぶのも面白いんですがね。
ほかには・・・、





射撃指揮装置の国産2型のアンテナ面を白くしたり…、
20ミリCIWSの銃身を黒くしたり…。





76ミリ砲名物の砲身根元の可動部と砲先端の所とかを銀色にしたりして遊んでおります!





参考までに…





似たもの同士・・・
というか、家系図?
着実に進化してきました。

そうそう、タイトルに+αッて書いてあったでしょ?
あれ、何か分かる?


・・・実は…





吾輩の艦船模型制作の伝家の宝刀「寝建造」中にスーパーバードほかの通信アンテナの台座ごと折れてしまう事故が発生。
そのため、99%まで完成していた「こんごう」を泣く泣くモスボール状態にするしかなくなってしまったんですが、護衛艦ではなくてもほかの艦だったらいいんじゃないかなーと思い、現在「訓練支援艦」への改装中であります。





パテ盛りし、補修工事を敢行中。
パテの素材と艦本体の素材が似ているので工事もやりやすいですなー!

ところで、これを見てなにか気がついてますかな?





ほんのちょっと、気持ちSPY-1レーダーが白くなっていませんか?
この成型色…も気に入らないんですが、このレーダーの色も気に入らないのでまた塗っちゃいました(笑)





イージス3兄弟。 \(^◯^)/

ほらね、海自の艦船は旧海軍からの伝統を引き継いだ濃灰色。
かたやアメリカの艦はネイビーブルーと言われたちょっと明るめの青色がかった灰色をしていましたが、いつのまにやら明るい灰色となりました。

それに比べエフトイズの艦船は「これよりも明るすぎる」といった感じ。
かといって全塗装するほどの腕もないので「思案のしどころじゃの~」というところであります。


さて、訓練支援艦に変わり果てた「こんごう」をもう一回作らないとな!

デハっ!
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは( ̄^ ̄)ゞ

我が卓上造船所でもこんごうのちょうど同じ部分に取り付ける丸いアンテナが3個不明にσ(^_^;)

今日は、仕事から帰宅後陸海空の捜索隊が出てますが今だに発見ならず

コブラボールの削り込み作業のおかげで部屋が凄い事になってますので今日はお掃除してますσ(^_^;)

No title

こんばんは~、司令官閣下どのー!
あすこにアンテナ取り付けるときはあらかじめピンバイスかなんかで広げとくといいですね。吾輩も折れてから気が付きました…
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR