FC2ブログ

Part5 最終回前編



マリーンシャトル「着岸する~ちょい右。 ヨーソロー!」




マリーンシャトル「OKィ! そのまま~ よーし!」






氷川丸左舷ではドラゴンレース中。あっち行ったりこっち行ったりの繰り返しで、まったく進まないチーム・航路をそれて失格となったチームなどもいますが。

提督「左だ左! 違うだろ! 回転してどうする!? 防衛大だったらどんな処分かわからんぞ!」

防衛大にカッター競技なんてありましたっけ?






Admiral「航海長、我がフネもカッターを支援するぞ! 全速前進、取舵45カッターの軸線に入ったら帆走航行に切り替え、航路逸脱を防ぐ!!」

航海長「提督、我がフネは相手に対して大きすぎます。相手が転覆するかもです」


・・・というような妄想をふくらませた後は一路、臨港パーク方面に行きました。



横浜のバラ園も間もなく終焉。



あんまり花系統はうまくないのでこんくらいで勘弁。


航海長、進路そのまま目標みなとみらい地区臨港パーク 短距離跳躍準備!。

ヨーソロー!

ワープ!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・















ギュるるるん!! パッ。

誤差修正、ぷかり桟橋です。

そう、実は大して美味しそうな食べ物もなかったので、パシピコ横浜国際会議場などを見学して(理系の国際会議を開催中でした)ぷかり桟橋までやって来たのでした


潮入り水たまり公園(←なんて名前だ!)付近をパトロール中の巡視船や、






いかにもどっかの海軍が使ってそうなヤードパトロールボート(タグでも合ってる)などを見つつ、


水船か、油船か分かりませんけど(油船だったら、作業甲鈑に配管があると思うんだけど。)灰色のフネを偵察し、





いつかは模型化してみたくなる大型のクレーン船を見つつ、





ぷかり桟橋に到着しました。

この桟橋、名前の通り海に浮いている桟橋なので(さん橋自体が海に浮いてるのが前提ではあるが)天候の荒れているときなどはいつも閉鎖されています。
2階がレストランになっているので従業員は大変だろうなぁと理解しつつ、シーバスを待ちます。




ピアなどで一応流出しないようになってますが、それでも揺れます。
30分ぐらい待ってるとさすがに酔ってきます

退屈しのぎに海を鑑賞中。



新港付近を見たり、



「カラダ隠してアタマ隠さず」状態の護衛艦も見物したりして時間を過ごします



やっぱりこのカメラは遠くのものに対して弱いようですねぇ。(↑これは壊れてないCX-3)

新しいの欲しいですが、なにせ旅立つものが無いことには・・・






そうこうしてるうちにバスが来たようです




今回乗船するのはシーバス2号。
昭和61年製造のベテラン。間もなく30年であります。
近代化改修は施されてますが、各部には凹みとかが散見できます

…ま、JR九州が保有してた寝台客車ほどではありませんが(爆笑)



ソロ・・・というより「ボロ」?
車体構造がしっかりしていた時代の産物だからこそこういう状態でも平気だったんでしょうけども。






乗船しました。



ベビーカーを押す外国人夫婦が切符を買い忘れたことによる出発遅延で2分ほど待たされましたが、いつもより速い航海が体験出来ました。

Admiralkujirazaという名前でYouTubeに投稿しています。
なお、コメントが出来ない状態になっているため、投稿してくだすっても返信できないかもしれません。


行き先はピア赤レンガでした。

後半に続く


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR