FC2ブログ

特双式飛行大艇 ちょっと完成。



こんばんは!くじら座提督でありまする。
ムシムシとする季節になりましたなぁ、くれぐれも模型道・客船道を極めんとする同志諸君に於かれましては体調管理はキチッッ!としておくようにしたまえ。

(こんな感じでしたか?キョマカイちゃん同志! お偉いさんの演説 …というか訓示は。 長々とする将官もいますが、たまーに超短い訓示をする人もいるので当たったらラッキーですよ。(ナニがラッキーなんだ?))



いよいよムシムシする季節に突入した関東圏。

ここは極東第一艦隊中央海軍工廠のとある地…。

提督が将官・将兵・工廠職員たちを前に訓示をしていました。

「我らが同志諸君!!! ついにこの日が来た!我らが長年研究開発し、苦労も絶えなかったがついに陽の目を見る時がぁきたのだぁ~


そのころ、海軍省本部・中央海軍工廠にある提督の自宅兼総監部では提督の将官に対する訓示の様子を見ている人たちがいました。


???「将官たちは大変だなぁ~。こんな暑苦しい日にしかも炎天下の中あんな奴の訓示というか説教を聞かないといけないなんて。」

局長「訓示は必要ですよ。司令官が何を考えているのか知る機会になりますから。」

???「大して重要な中身を話しているようには見えんがねぇ」

局長「憎まれ役というのもこの世の中必要なものでして…(笑)」

???「それにしても、影武者にしては吾輩に似てないではないか!」


くじら座提督「影を使って何を企んでいるのかね?」

林局長「提督、これからアレを見ていただくのですが、あれは我が海軍の最高機密ですから影武者を使っていかにも提督があすこで訓示をしていたというふうにしないと、あれこれと問題があるんですよ。」

提督「あれやこれやの問題とは?」

局長「見ていただければわかります。  ささ、こちらです。」






極東第一艦隊の拠点は神奈川ですが、その詳細な艦隊基地は秘匿されています。
しかし、海軍が陸に上がるわけはないので沿岸部ということになります。そして、我が海軍が背景に使っている写真は京浜工業地帯であります。そのことから大体の位置が絞れてくるのであります。

しかし、戦艦が10数隻、空母が14隻。駆逐艦が20数隻に、潜水艦が3個師団補助艦が多数ということを考えると、どこにそんなもんを置いてるのかちょっと分かなんないですね。


提督一行を載せた列車は一駅二駅走り、とある地にやって来ました。




提督「局長、我が艦隊施設にこんなところがあったかな?」

局長「100均ショップに行って急いで仕上げてみました。」

ここは海軍工廠が保有する施設。いちおう、海岸という設定らしいのですが、ハリボテ感が満載。
工廠長曰く、「今やってるのが終わり次第、これから仕事にかかる」とのこと。





このように、ウォーターラインの艦船を展示するのにちょうどいい場所であります


提督「局長、我が敬愛するナチタ重工業のナチタマインヒューラーみたくしなくてもいいのだぞ?」

局長「提督ありがとうございます。今のお言葉で救われた気がします!
   しかし、我が海軍工廠はナチタ重工業グループに加盟するべく技能工場に努   めていますので、もう後戻りはできないかと。」

提督「局長、頑張りはありがたいが、九州本部には許諾の連絡したか?」

局長「まだこれからです。」

提督「悪いことは言わん。やめたまえ。我が海軍の実状を鑑み給え。
   どうあがいてもナチタグループにはかなわん(名古屋支部・浜松支部を含む)   関東で技術力・経済力を持っているのは「カバネ先生」だけである。きっと   カバネ先生ならナチタグループにふさわしい。今回は諦めてもっと精進して   からにしようではないか」

局長「・・・はい、提督閣下。 ただ、問題が。」

提督「なにかね?」

局長「さっきの提督の影武者を中心にして、「クーデターを起こそう」という噂がありまして・・・」

なぬ!

クーデターの話は後にして、はなしは戻って海岸でのこと。


提督「海岸風景もいいが、海軍基地の風景にも出来そうだな!」

局長「ドックのために一部を切り取らなければいけませんけれどもね。」

提督「ところで、アレとは?」


アレとは・・・


提督がたまたまYouTubeで見た「紺碧の艦隊」から、飛行戦艦富士をモチーフに、






これを現用機でやったらどうなるのかという思想で研究開発した、








「特双式飛行大艇」であります。

局長「まだ完成したわけではありませんが、建造用建屋から艤装工場に出せる状態になったので提督に一度見てもらおうと思いまして。」







提督「まだ完成状態ではないと言ったな?」

局長「この後、接合面の処理と水平尾翼の新製、塗装変更がありますので。」





提督「我ながら雑な仕事だな

局長「この後ヤスリがけとパテ盛りが続きますから、制式完成の時には目立たなくなってると思いますよ。」


提督「あの計画はどうなっている?」





局長「墳式エンジンの方は搭載しなくても良くなりました。
   そのかわり、墳式のロケットモーターを取り外し式で考えています。」

提督「よし、その件に関しては了解した。 もう一方の方はどうかね?」






局長「双胴の間に多機能コンテナを設置する件ですね。 現在、材料の切り出し作業に入っています。順調に行けば、6月中に設置できると思います。」

提督「クーデターに参加しようと計画している奴がいるかもしれんのによく承諾したなぁ」

局長「工廠長は気づいてましたよ、偽物だって。『いつも提督といりゃあ、こりゃあ違うなってのが分かるもんなんだよ。」と言っていました。
なので、工廠職員1538名全員偽モンの話には耳も貸さないって豪語してましたよ。」

提督「うれしい部下がいたもんだなぁ。」

局長「提督、私達幹部も皆同じだってこともお忘れなく。」


そのころ、将官・将兵を前に演説をしていたニセ提督は、だーれもいなくなった広いグラウンドで一人演説をしていましたとさ。

おしまい。

スポンサーサイト



コメント

No title

何やら不穏な話が進んでいますね(笑)

これだけの大型機がつながると、大迫力ってもんですね。
尾翼や主翼の接合面の処理が大変そうですが、完成を心待ちにしております!

No title

カバネ先生、おはようございます。
九十九重工がナチタグループに入ることですか?それともクーデターの方?(笑)

かなりの大型機です。乗員12名(常用)ですからね。さらに、はめ込み式で対潜・救難用具入れとしてのコンテナを設置する方向ですのでさらに大きくなりそうな予感・・・
頑張りますぞー!

No title

おはようございます、くじら座提督閣下
我がNHIグループはどなたでも加盟できますので・・・・自称されてください(笑)
とうとう繋がりましたね!
やはり大型機の双胴化も魅力的ですね
我が福岡事業所でも何かしらの双胴化を考えなくては~
接合面の処理、水平安定板の結合などが残ってますね
がんばってください
NHIは応援してますぞ

No title

おはようございます総統閣下!
自称…いやいや。ありがとうございます!わが極東海軍工廠内にNHI神奈川県支部を開設いたします。

つなげるのは簡単でありますが、接合面の処理と強度の関係が問題でありますが。
水平安定翼とあとづけコンテナを搭載すれば強度の方は放置できるレベルになると思います
がんまりますぞ~!
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR