FC2ブログ

氷川丸 バースデーイベント その二




誕生記念のクッキーを貰いました。

氷川丸なのかは分からない形状ですが、「ふね」だってことは分かりますね。




やや、白飛び気味ですが、ひりゅうさんを確認しました。

カタマラン式は昔からありますが、最近は特にもてはやされてますね。
ひりゅうさんはかなりのお歳なので、航行中も放水中も「よこはま」に劣って見えます。





なにかと話題の的となる救命艇ですが、氷川丸のそれは戦時中に使っていたかはわからないそうですが、緊急時に使用したことはないそうです。

意外と知られてませんが、戦時中の氷川丸には「航空機用燃料」が搭載されていました。
これは国際的な「病院船」に対する特別な措置を利用した悪質なもので、場合によっては見逃しの対象にある病院船も沈没させることもできます。

事実、氷川丸を監視していたアメリカの潜水艦もあり、臨検などを受けようものならば「自沈」もありうるとして、自沈装置もあったほどでした。
しかし、彼女はこうして生き長らえました。

これが「奇跡の幸運船」と呼ばれるゆえんです (←誰が言ってるんだ?)





船橋から第一船倉をのぞむ

むかしはここも順路で、見学が出来ましたがいろいろな理由で公開していないとのこと。




マニアにはたまらない画像なんですがねー

というか、模型作るからあちこち撮ってるんだけどね(笑)



あのキットのマスト、こんなかんじに成形されてたかなぁ?




巻き上げ機。



内航貨物船かなぁ?

それにしても、ヘビーなデリックだこと。



市消防艇よこはま「先輩!放水はじめ ですよ。ほら頑張って!」

海保消防艇ひりゅう「ワシャぁ、年寄りじゃからなぁ。若人よそっちが頑張れよ。」


放水銃が放つ水しぶきでひりゅうさんはすっかり隠れてしまってます。


つづく

スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます、くじら座提督閣下
昨日は横浜・横須賀と熱いイベントばかりで羨ましいですね
ゆっくり氷川丸を堪能されたようで、伝わってきますぞ

No title

こんにちは。ナチタ総統閣下!(^・^)ゞ
熱いイベントの割に客船ファンは少なめでしたが…。
でも、お陰でゆっくりと楽しめました。
非公開コメント

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR