FC2ブログ

路面電車を新提案?



中国が新提案。
線路を使わないでバーチャルレールで走る「VirtualTrain」を発表


株洲市内にある重工業メーカー「CRRC Zhuzhou Institute」で発表されたAutonomous Rapid Transit(Art)は全長30mの路面電車型の自動運転型の大型電気バス

電気で走るため低公害であり、線路を敷く必要もないため建設費も安く済むという。
概要はこうだ、まず地中にトラムバスが専用軌道を逸脱しないためのコイルのようなものを含むガイドを埋め込む。
車体に搭載したセンサーで感知し白線に沿って自動で運行する

現状は3両編成だが、仕様により最大5両。最小で2両まで自在な編成を組むことができる。
路面電車は「専用軌道」とよばれる電車が走る線路が必要だが、このシステムには必要なく
一般道路にチップを埋め込んだ白線を並べていくだけで「路線」が作れるのが大きなメリットと言える。

このARTの最高時速は70kmで、市内を走る通常のバスと比べても、路面電車と比べても格段に速く「痛勤」の速達化が見込める。
電気で走るため充電が必要だが、フル充電で40km走行できる。

・・・こうやって見るとなかなかいい感じに思えるが、一つだけ疑問がある
3両編成で40kmしか走れないの? ということである。

海外では環境にやさしいという理由から路面電車の活用が古くからあり、その発展で「トロリーバス」も走っている。
トロリーバスは架線から電気を得て、モーターを駆動する電気バスであるが、通常のバス同様タイヤで走行する。
「トロリー」バス。なのでトロリ線(架線)の無いところでは走行できないため、必然的に専用軌道というものの制約があるが、充電する必要もなく排気ガスも出さないので長らく中央都市などで活用されてきた。

そこへ新しい電気バスが現れた。
オーストリアで走っている「パンタグラフ付きの電気(充電)バス」である。

これは屋根の上に充電用のシングルアームパンタグラフが載っていて、起点と終点のバス停上に架線が張ってあり、そこにパンタを接触させることで充電するというかなり珍しい方法を取っている。
日本ではJR東日本の烏山線で使用してる「EV-E301系蓄電池電車」というのがあるが、それのバス版だと思えばわかりやすいだろう。

こちらは座席が44席と、ARTの定員100名に比べると積載人員が少ないが、15分の急速充電で150km走行できる能力を持っている。

まぁ3両編成が使う電気と小型の部類にはいる電気バスでは使う電気の量が違うので一概にどうのこうのは言えないが・・・


しかし、この方法であれば廃線となった鉄道線の路盤を使った「BRT方式」よりもこちらのほうが現実的なのではないかと思う。
特に有効的だと思われるのが、震災で路線が壊滅的被害を受けた石巻線や三陸鉄道と山田線などを鉄道線として路盤整備する代わりにART化し、これまで通り「列車」としての運行を続ける。
・・・というものだ。

あるいはどうだろうか、現在復活を検討している都電8番系統なんかもこれを参考にしてはどうだろうかと思う。
築地や銀座。晴海通りなどにはこの都電8番系統が運行していた頃の線路が未だに地中に埋まっているため掘り起こして整備し、電車を用意すればすぐにでも運行が再開できる状態にあるという。
しかし、晴海通りは東京の中でも屈指の混雑エリア
そこを都電が走るというのはなかなか近隣住民には理解しづらいという。
ART化すると専用軌道は必要なく、バスと同じように運行できるのでメリットも大きいと思うのだが、

都営交通さんこのブログ見ていてくれたら検討してもらえませんか?

また、大雨被害により不通となっている鉄道区間で、廃線またはバス代替を検討しつつも「それなりに利用人口のある路線」ではうってつけだと思うのだが。

・・・「中国製」というのを除けば夢のある話ではないか。


スポンサーサイト



Welcome Tokyo Royal Canadian Navy


書庫も新たに今回は、東京港晴海埠頭へ入港したカナダ海軍の2隻
および、海上自衛隊の護衛艦2隻の入港の模様をご紹介したいと思います♪


こんばんは、いつものくじら座元帥であります。






用意は準備万端。

カメラも電池も問題なく

途中の電車車内で珍しく「ロンチキ工臨」の返却回送に出くわし、その車輌の写真も撮れたのに・・・


なぜか晴海に着いたらカメラが起動しない(汗)
というハプニングに見舞われw

慌ててあれこれ操作しているうちに



いきなり電源入った瞬間、シャッターが切れるという・・・
何かが憑いてるとしか思えない不思議なカメラのせいで
第1弾入港の「うみぎり」入港が撮れなかった。

「くじら座元帥」でございます

でもこの写真のお陰で(おかげ???)信号旗を掲げてたって分かりますよね。


ちなみに「うみぎり」はこんな感じになってしまいました




着岸寸前でなんとか撮れた「証拠写真」みたいな感じにorz...


そんなこんなをしていると、第2陣が入港してきましたよ♪







RCNのハリファックス級フリゲート「HMCS FFH-341 Ottawa」がやって来ました。

入港支援の曳船は芝浦通船さんの「海王丸」
243総トン
出力4000馬力の標準タグボートで2005年の就役。
「海王丸」は他の芝浦通船のタグボートと違い、オレンジマストになっています。
基本的な構造は他の芝浦通船のタグと同じですが、消防設備がなく、船尾の曳航索もありません。

って、商船ファンだとそっちに目が行っちゃいますネ(笑)







今回「Ottawa」はカナダ海軍副司令官 ジル・クトゥーリエ海軍少将閣下
と太平洋艦隊・海軍訓練システム部司令官 J.B.ズウィック海軍准将閣下の座乗艦として運行しており呉港寄港前は、上海に寄港していました。
なので、遠路はるばる・・・という感じではないものの、乗員の気苦労は以下略w







オタワの艦首付近。
だいぶ防舷材のスレで汚れてきてますね

カナダ海軍の艦船は数世代前までイギリス海軍の駆逐艦の「お下がり」をもらって運行していたため、全体的にローシルエットです。
満載排水量5235tはあさぎり型護衛艦の約5200tとほぼ同じなはずですが

なんでしょうね?このロリ艦は(笑)







オタワの左舷ウィングには非番と思われる乗員の姿や艦長と思われる高級士官。東京港のパイロットさん。海自の連絡員と思われる幹部の姿も見受けられます。







よく見たら、艦橋天蓋に赤外線暗視装置のような球状のカメラが装備されていますね。
カナダ海軍は太平洋管区と北大西洋管区がありますが、北大西洋はEUや旧宗主国のブリテンなどから北米地域を結ぶ交通の要衝でもあるため、「FFH」ヘリコプターフリゲートという名前の艦種ではありますが
「PF」パトロールフリゲートという言わば巡視船の役割も担っています。

そのため、北大西洋の北極よりの海域は荒天時になると凄まじい天気となるためもはや目視での活動は困難となります。
なので、赤外線暗視装置などが必要になってくるのかな~
と思いますね~。


入港の様子はこの動画でも~



いよいよです



いよいよあと5時間ほどしたら出発ですw
こんばんは、くじら座元帥です。




動画撮影用のSDカード良し!
バッテリー良し!
三脚よし!
旗竿よし!
信号旗の順番よし!

準備万端完了!!

・・・と思って、東京都港湾局の「係船施設使用状況」を見たら・・・
ええ!?

10時入港が繰り上がってる!!!
ということで、今夜は眠れずに出撃することになりそうです

理由は簡単。

入港する艦が合計で5隻になったから♪

呉からやってくる護衛艦が2隻。
カナダ海軍が2隻。
で、合計4隻のはずだったんですが・・・
もう1隻増えましたw

その艦の名は・・・





特務艦「はしだて」

入港後のレセプションに使用するためでしょうね。
わざわざ横須賀からやって来ます♪

っていうか、「はしだて」が本来の役目を果たすのって結構珍しいことなんじゃないか?
カナダ海軍副司令官閣下がおいでになるから、護衛艦上のレセプションじゃなくて「特務艦」に招待するとはなかなかやるなぁw

ということは、今日の夕刻に開かれるであろうカナダと関わりのある関係者の皆様は「はしだて」に乗れるってことですね!?
うらやまし~。

まぁそんなこんなで合計5隻が入港するシーンをお届けできればいいなぁ
・・・と思います!

あ、入港時刻の予定はこちらです♪






それでは♪


カナダ海軍 晴海へ


6月30日にはすでに大本営(montaさん的に)から発表があったのですが
ブログでは紹介するのが遅くなってしまいましたね。

こんばんは、くじら座元帥であります。



カナダ海軍のフリゲイト艦2隻が親善訪問として、呉基地と晴海埠頭に寄港するという情報が流れたのは6月始めのRCNのホームページでした。

というか、カナダ海軍は毎年のようにやってくるので「そろそろかな~」なんて思ってたんですけどねw
やっぱり海自のプレスリリースを見ないと、どうなったのかわからないので
あくまでも参考として世界各国の海軍HPを徘徊しつつ
日本に来るであろう艦船情報を見つけても、海自(海幕)の発表を見るまでは安心はできませんからね。

呉といえば・・・
penmiさんですが。今日が呉入港の日だったので見に行ったのでしょうかね?
それと、I.Tさんですがw


来島海峡さん(montaさん)は最近調子が悪いそうでどうでしょうね~
まぁ台風でそれどころではなかったはずですが・・・

さて呉での行事、今日(7/5)は1000時に入港して1100時から入港歓迎式典があったと。海自のFacebookにもありましたね。


で、こちらがその概要です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




余白が多いのでどこが境界か分かりませんねw


カナダ海軍が来日するのは1年半ぶりと書いてありましたが、前回は2016年1月に来航して以来ということで
チョイチョイやって来ていることがわかります♪

しかも今回の来航には意味があります。
カナダは建国してから今年で150周年の節目の年であります
日本はそれを記念し・建国を祝うため、独立行政法人航海訓練所の練習帆船「海王丸」を遠洋練習航海の途次に寄港させ祝福の意を表した。
・・・という経緯があります。
なので今回の来航には意味があるのであります。

それは日本の「かしま」率いる練習艦隊がチリ共和国の海軍基地のあるバルパライソへ寄港するというのとおんなじ意味があると思いますが。



艦隊は8日に呉を出港し、晴海埠頭へ進路を取りやって来ます
10日には中央防波堤外側埋立地付近の錨泊区域に投錨すると思いますが、艦隊は11日に接岸するのですが

「うみぎり」と「あぶくま」が前日に接岸するのか気になっています
振る場面がなくても、艦旗だけは持っていきますけどねw

あとそれからカナダ国旗を注文したのでそれも振ろうと思います♪


さて、これから忙しくなるぞ~


デハっ!

新しい車輌♪



ここんところまともな更新をやっていない
毎度おなじみ、くじら座元帥であります。


客船模型よりも

自衛隊広報活動よりも

鉄道模型熱が再燃している今日このごろw


吾輩、Google+のほうでもチョイチョイ鉄道模型ネタを開放しているせいか
こちらの活動がおろそかに・・・
してるのかな?(爆)


とある先日、新横浜にあるレンタルレイアウト店「新横浜プラスポート」に行った帰りにヨドバシに行ったのですが、そこで見つけた車輌を買ってきてしまいましたw

それがこれ。





KATOのD51標準型(長野式集煙装置)タイプ
を買ってきてしまいました!

日本の蒸気機関車はD51オリエントエクスプレス仕様機以来と、ポルコさんのところにあげた「あれ」以来でありますが
格段に小さくなってて1/150に近づきつつあるなぁと感じましたね。







いつもの格納庫で確認!
いや~しかしですね、いつも1/160の外国製蒸気を持ってるせいか
「随分と軽くなったな~」ってな感じでオドロ🌴モモの🌴以下略...







コアレスモーターになった分、重さもかなり軽量化されていてプラレールよりも軽いかも?
と思ったぐらいです








中央線系で使用されていたので長野工場製の集煙装置がついています

この集煙装置、主に山岳路線などトンネルの多い区間で煙突から出る煤煙をスムーズに後方へ送るためのものなんですが。
当時のSLを検修できる工場によって集煙装置のカタチが異なっていて、それぞれに「◯◯式」という名前がついてました。
この機関車は「長野工場」で製造されたので「長野式(長工式)」と呼ばれる

しかし、この集煙装置は国鉄の制式装備ではないため共通の設計図がなく、現場の判断と使用する線区の状況によって相違が見られている。

たとえば、2010年にD51 498号機が姉妹機であるD51 499号機を模した重装備仕様を装着したが、499号機は関西方面で使用されたため「後藤式」という集煙装置が取り付けられていた



後藤式を模した集煙装置を載せる498号機
長野式と比べて装置の前面に空気の取り入れ口がない他、船底型をしている。

この製品はKATOですが、「集煙装置といえばマイクロエース」と言うように鉄道模型メーカーにも車輌に特化した製品づくりをしていたりと目移りがw
でも、マイクロのは若干背が高い事と値段が張るのが難儀でしてね~

まぁ1/1250商船模型に比べると大したことはないんですが
それでもネ。






ネットを除く実店舗では「やっぱり安心のヨドバシ」が一番の最安値だったので、ここで買いました♪

やっぱり外国型もいいけど日本型もいいですね~


デハっ!

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR