FC2ブログ

伝説の客船 再生への道?




伝説つながりでもう一つ紹介したいものがあります

こんばんは、くじら座元帥であります。



アメリカ東海岸からちょっと内陸にあるペンシルバニア州フィラデルフィアにその伝説の客船はあります
その名は「SS United States」
大西洋航路の末期を知る、当時世界最速記録「ブルーリボン賞」を持っていた栄華のある豪華客船であった。








ユナイテッドステーツはアメリカが生み出した最速の客船である。
彼女が「伝説」と言われるゆえんは後述するとして、彼女が生まれるまでを完結に紹介しよう。

彼女が計画されていた時代はまだ戦時中で、かつてはオーシャンライナーと呼ばれていた豪華客船などを改造し、兵員を輸送する輸送艦として大西洋航路などに投入されていた。
当時兵員輸送艦として最も有名だったのはイギリスの豪華客船クィーンエリザベスとクィーンメリーであろう。








ニューヨーク港に接岸するクィーンメリー(左)とフレンチラインの「ノルマンディ」



クィーンメリーは現在、博物船・ホテル船として保存されている。






ユナイテッドステーツは第2次世界大戦中イギリス海軍に徴用されていたイギリス製豪華客船を改造した人員輸送艦を補助するために計画され、ユナイテッドステーツラインに発注された。
なお、建造費はUS社と合衆国が共同で出し(合衆国側は5000万ドル US社は2940万ドル(当時のレート))建造はアメリカ海軍と共同となった。
そのため客船としては珍しく「軍艦仕様」であり、ダメージコントロールに重点が置かれた船となっている








彼女はそんな時代のニーズに合わせ有事は輸送艦として、平時は豪華客船として使用できるように設計された。
建造にあたっては海軍の意見が存分に発揮され、耐火・水密・防御などに重点が置かれ、主に内装は木製調度品などは極力排除され金属のアートやガラスといった非燃材料が多用された
それはキャビン内のチェストや衣類掛け(ハンガー)まで及び、ハンガーはアルミ製だったという。

本船の構造はアルミ合金で出来ているが、当時の懸念材料であった独国のUボートによる魚雷攻撃を想定して船体下部は鋼鉄で造られた
このふたつの異なる材質をつなげる技術が開発され、これによって彼女は同規模の客船と比べて大幅な軽量化が達成された。
それでは本船の概要をここで紹介しておこう!








船名:「SS United States
建造年:1952年
造船所:Newport News Shipbuilding
総トン数:53.329t
全長:301.8m
全幅:30.8m
デッキ数:12層
主機関:フォスター・ホイーラーウェスティングハウス蒸気タービン 8基
軸数:4軸
出力:220.000馬力(公試では241.785馬力を記録)
速力:35.6ノット(約 65.93 km/h ブルーリボン賞受賞時)
   38.32ノット(約 70.97 km/h 公試記録速度)
旅客定員:1920名
乗組員:900人



US社には彼女以外にも「America」がおり、この2隻でユナイテッドステーツラインを牽引した。
ただし、Americaのほうが先輩。1940年8月竣工




このAmericaには不運な最後があった。
アメリカはユナイテッド・ステーツに比べると奇抜さや堅苦しさがなく、とても落ち着いたライナーであるとして多くのアメリカ人に親しまれていた。
が、1963年ごろにUS社が貨物取扱専用となったことを受けて売却先を探すことになったのである
1964年にギリシャのドリス・ラインでクルーズ船として活躍後、老朽化のため1980年台に引退。
1993年にマレーシアのプーケットにて洋上ホテルとして誘いがあり、マレーシアへの回航途中大西洋上で難破してしまった。
その後漂流を続け…スペイン領のフエルテベントゥラ島に漂着した。
漂着した直後であれば回収して回航が再開できたのだが、何故か放棄されその後亀裂が入り2つに折れてしまい、波浪によって船体が破壊された
2007年に船体は崩壊し沈没してしまった。


朽ち果てていく好きな客船の写真を載せるのはあんまり進まないですけど…






話は戻りまして。





現在のユナイテッドステーツは保存会があるもののほぼ機能してないと言っていいでしょう。
まぁモノがモノだけにその維持費が莫大なものだからです。







まさに「死んだフネ」そのものです
1969年の旅客取扱廃止によって働き先を失った彼女は複数回船主が変わり、ある時はトルコに行ったり…またある時はウクライナに赴いてアスベストの除去などを行った。
最終的にこのフィラデルフィアの係船堀りに96年から係留されています。
係留された当時はまだそこそこ綺麗だったんですが…

また船内は84年に船内の家具類が売却された上、アスベスト除去などの対策のおかげで船内はかつての栄華をほとんど残してはいません
それどころかその除去のおかげでますます廃墟化しているとも…
オバケが出ないだけまだマシかな?








そんななか彼女にこれまた不思議な話が舞い込んできました!
クリスタルクルーズが彼女を購入してクルーズ船として復活させたい と言ってきたのです!!








クリスタルクルーズの経営責任者(CEO)イーディ・ロドリゲスが会見し、ユナイテッドステーツを購入し再建し、クルーズに復帰させる用意があると語りました


しかし荒廃の進んでいる彼女を再建させるには多大な労力と資金がかかることは明白です。
会見では改修予定費用が示され700万ドル~800万ドル
日本円でおおよそ7億6000万円以上かかると言われています。

おや?結構安いんでないかい?建造にかかったお金が大体77億円ほどなのに、1000万ドル切るんだと思ったら…
「400室の豪華スィートを用意し、800名様をお迎えできるようにしたい」とのこと。
ということは昔ながらのUSではなくなるかもしれない?

どうやらそのようです
デイリープレスの報道では「プロムナードやナバホラウンジなど一部のオリジナルが残される」と。

また、ニューヨーク港をゆく完成予想図を見てみても、なんとなくそれらしい雰囲気だけ残す感じがしてイケスかんのぅ。
他に出回っている完成予想図を見てみても…







う~む。






ムムムム・・・
全体的に中途半端感が残ります
昨今の安全対策で上デッキに救命ボートを配するカタチは基本的に禁止されているそうなのでどうしても下層か、中央辺りに配するようになってしまうんですよね…


個人的な意見ですが、この予想図なんかに似ていると思ったら








これに似ている気がしました!
フネキチな皆さんの批判は甘んじて受けませう。そう見えたんです








ちなみに引き合いに出した「フランス」ですが、向こうでも同じような計画があるらしく
こんな完成予想図がでてました。
もっとも、完成するかどうかわからないんですが、意外とイマドキのフネっぽくなくて良いんじゃない?
ねぇ!ARCadiaさん?プニップさん?フネキチさん?師匠S4さん?









それでもやっぱりこのカタチを残しつつやって欲しいですね!
第2のタイタニック計画にならないことを祈ってます。








いつか眩いあの頃のように洋上をゆく彼女を想像して…






伝説の客船が復帰するかもしれないお話でした



デハっ!

スポンサーサイト



伝説の機関車復活!



ついに伝説の蒸気機関車がイギリスで目を覚ましました!

こんばんは、くじら座元帥です。



イギリスには伝説と言われる蒸気機関車がいます
それは「フライング・スコッツマン」!








その名の通り、「空飛ぶスコットランド人」という機関車であります!!
正式名称は「LNERクラスA1/A3蒸気機関車」といって、鉄道発祥の国イギリスの中で高速の域に入る超ド級機関車なのである。
最高速度は100マイル。時速換算で160キロである

なお、現在 世界最速記録を持つ蒸気機関車もイギリスが開発した「LNERクラスA4蒸気機関車4468 マラード」が保有しており、その最高速度は202.58キロとなっている。



今回復活したのは1963年にアメリカとオーストラリアで運転が実施され、それ以降本国でも保存運転が続けられてるno.4472ではなく、イギリス国立鉄道博物館に収蔵されていた、No.60103が復活したのである






60103号は1963年に引退し、国立鉄道博物館「NRM(National Railway Museum)」に収蔵されるため整備が実施されたとBBCが伝えています。









なお、ヨークのNRMに展示されていた頃は第2次大戦の際に黒色に塗り替えられたというそのままの塗装で展示されていたので、深緑のあのグリーンに戻るのは約70年ぶりということになるだろう。







この機関車はアメリカの保存機関車にありがちな「重油焚き」ではなく、ちゃんと石炭を使って運転しています。
しかし~海外の石炭って粒が大きいよね~
ま、あれぐらい大きくないと火力が出ないんでしょうね♪








10年という歳月をかけて現代に蘇った80歳近いオールド機関車。
これからもその勇姿が見られ続けるといいですね。


そうそう、きかんしゃトーマスの「ゴードン」のモデルはこのフライング・スコッツマンだってこと知ってたかな?




ゴードンはこの青色が定着してますが、それはソドー鉄道に来てからで。
以前は、トーマスがソドー島にやってくる時のように緑色をしていたんだそうです。
「俺がまだ若くて緑色だったころ、ロンドンに行ったことがある」というセリフがあるからしてどうやらそのようですね~

なぜ緑から青に変わったかは不明。


以上伝説の蒸気機関車が復活した話でした



デハっ!

支援物資到着!



毎度おなじみくじら座元帥であります!

本日2つの支援物資が着弾しました♪
ひとつは、ナチタ総統閣下から九州産のふりかけと…






タカラの連斬シリーズのイージス護衛艦「きりしま」がやって来ました!
ナチタ重工は地震で1/700艦隊が壊滅する前はかなり艦船を保有していたんですが、現在はキーロフ級や護衛艦くらま・龍驤などを保有するにとどまっているようです。

そんなナチタ重工業からイージス艦が譲渡されました。

元帥「西の海の護りは大丈夫なのか?」

提督「ナチタ重工業は今や陸と空で十二分に戦力化されてますから、万一の時は我々と全国の海軍省員で十分かと」

元帥「それでも不安が残るなー」

大丈夫なのでしょうか?



もう一つの方は・・・









ナチタ重工業瀬戸内工廠のポルコ博士が開発したM48パットン重多脚戦車が送られてきました。
スペックがどうたらこうたらな戦車だそうですが、重戦車には変わりありませんのでこれは嬉しいです!
さっそく陸戦隊に配属したいと思います。

二宮隊長「さっそく陸戦隊の車両工場に搬入します。」

元帥「隊長、なぜ車両工場に?」

隊長「新車両ですし、そもそも重戦車は扱ったことないですから」

元帥「なるほど?データーも取りたいし?」

隊長「ご明察のとおりであります」

元帥「ふむ、良かろう。しかしくれぐれも取り扱いに気をつけるように」


というわけでパットン多脚重戦車が陸戦隊に加わりました♪

ナチタ総統、ポルコ博士ありがとうございます!


Yokosukaスプリングフェスタ ③




またまたこんにちは、くじら座元帥であります。


そうそう、先日の業務連絡には続きがありまして。
某NHIグループ企業の卓○自○隊司令にプレゼント企画で送ったとあるブツ
なんだか忙しそうなので、本社のナチタ総統閣下にも作ってもらうことにしました♪
…ということでどういうことで?
「計画名:Z飛行機」が藤沢工廠より発せられました♪

業務連絡でしたV










ライブ会場はまぁ~大盛況でありまして
座るところがありません!
それに、食べ物やさんは長蛇の列でありましたし(苦笑)

まぁ、でも女性隊員の「ジャー戦」には萌えましたね\(^^)/
※ジャー戦とは戦闘服(迷彩服)にジャージを合わせる着方のことで、帽子とズボンが迷彩柄で上半身はジャージのような組み合わせをしている隊員が結構多かったです
ちなみに海自では一般公開問わず、ジャー戦の着用は禁止されてるそうな。


ところで基地といえばPXが有名なのでそこに行きたかったのですが、今回はいけないということがわかってたのでちょっと残念でした。
また余談ですが、米軍基地内のPXはおみやげ屋ではなく、ウォールマートのようなスーパーマーケットが一般的です。
なので、こちらでは買えない「なんの化学物質が入ってるかもわからない得体のしれないエナジードリンク」とか買ってみたかったんですがねー

そのへんで売っていた中に「GreenTea」というお茶があったので買ってみたんですが、アメリカのお茶の例に漏れずとてつもなく甘かったです(笑)
しかもグリーンティーとは名ばかりで、実際はミントのシロップみたいな味でした。
実はアメリカで伊藤園が出してるお茶もあるんですが、コレもとてつもなく砂糖が入ってて「緑茶なの!?」と現地の人に聞くと「普通だよ?」というなんとも…な会話が聞けるのでありました
ちなみに吾輩が行ったのはテネシー州ですが。
もうちょっと都会だったら、日本茶あるかもしれませんがねー

ま、そんな感じだったのでしょっぱいものを探してたら・・・
いいモノがありました♪






トルティーヤチップスのチーズソースがけ。
主食でしょっぱいものを と言うよりは軽食ぐらいがちょうどいいんですよ~

ゴーダチーズで濃厚でしたよ~
ほかにチリソースもあって、両方がけなんてのもありましたねー









行列のテントはホットドッグとポテトのブース。
残念ながらminikoさんが期待していた、海軍カレーのブースはありませんでした
アメリカンナイズの気分が味わえる中で、流石にカレーは似合わないでしょうね~ そもそもアメリカ海軍も「金曜日にカレー食べてる」とは限りませんしね♪








まぁそんなわけで(どういうわけで?)やっとこさありつけたのはリブロースの炭火焼肉。
コレはこれでおいしかったですよ
しかも50円ほどやすくなってましたし。









そのあとは中の人が楽しむようなボーリング場や映画館などを見学。
ボーリング場では中の人以外に一般客も楽しめるようになっていて日本人もゲームに熱中しているレーンがありましたよ♪

この後ちょっとした事件がw
このボーリング場、例によってスロットコーナーが併設されてまして「中の人」はいいんですが、日本人がドル紙幣持ち込んで遊ぶとちょっと厄介なことが起きます。
日本では刑法第23条により「賭博及び富くじに関する罪」で賭博行為を禁止しているのです
そんななか、日本人がスロットを回しているという情報が近くの警ら中の警察官(日米の)にもたらされ捜索に入る…というまさにその瞬間に立ち会ってしまったのです(汗)
もちろん、カメラNGでした。








その後どうなったのかは知りません。
ま、皆さんが基地に行ってスロットを回すときは注意してくださいね…という話でした

その後・・・なんやかんやで知り合ったnoir同志殿と喫茶店で初対面し、あれやこれやお話をしたのは言うまでもありません(笑)
お茶したあと京急に乗って一路横浜へ。
noir同志殿はそのまま新幹線で帰るということで、横浜で再会を誓って別れたのでありました。

そして吾輩は大黒ふ頭へ行ったのでした。








ちょうど喫茶店での話に出した元:関西汽船三代目「くれない丸」の現:横浜港クルージング・レストラン船「ロイヤルウィング」が東京湾の本航路の手前でウロウロしてました。


関西汽船だった頃の写真

以前、マリナーオブザシーズの時にも書きましたが、ここ大黒ふ頭は横浜から出港した船が外海へ出る唯一の航路のため、客船が横浜港へ入港するときはここは大変な混雑する撮影スポットになるのです。

この日大黒ふ頭にはイギリスを代表する豪華客船「クィーンエリザベス」が寄港していまして。
それを見るために行ったのですが…








すでにあたりはこんな状況・・・ 
これではまともに撮れないだろうと判断して大桟橋で開催されてたプニップクルーズさんたちの展覧会へとそそくさと撤収いたしました(汗)










横浜港にやって来ました!
ホテルインターコンチネンタルのその先には電灯船飾(?)で照らされた「あきつしまが」。
船橋前のボフォース40mm機関砲で本船だと分かりますねー








日本で二番目の高さを誇るという不名誉な結果になってしまったランドマークタワーですが、整った姿形のビルディングとしてはハルカスよりも負けてはいませんよー(笑)
なんつったって神奈川のシンボルですから!







赤レンガ広場でもなにかやってたようですねー

絵画展はまた次回に。


デハっ!

業務連絡



こんばんは、毎度おなじみくじら座元帥です。


パンツァーコープのティーガーⅠを制作してくださる事業所を募集した件ですが
ポルコ同志殿のポルコーレ・ビアンカ社(ナチタ重工業瀬戸内工場)とカバネ先生の九十九重工業が名乗りを上げてくださいました!
ナチタ総統閣下いわく、「かなりの難物」だそうですが両同志殿ならばやってくださると信じてやみません♪

ポルコ同志どの、カバネ先生。
本日定形外郵便の速達にて発送しましたのでよろしくお願いします♪
それで、今回あまりにも名乗りを上げてくださる事業所が少なかったこともあってもう1セットおまけで付けさせていただきました(汗)

製作依頼を出した車両はあくまでも1両のみなので、あとの3両は煮るなり焼くなり好きに改造していただいて構いませんので


・・・ところで、最近ポルコ同志の覇気が少ないように思えたので・・・
ポルコ同志にのみアマゾンギフトカードを付けさせていただきました♪
少額ですが何かに使っていただければ^^V


以上、業務連絡でした💕





建造中



こんばんは、最近ミリプラモを送りつける、ミリタリー専門店的な感じがしてきたくじら座元帥であります(笑)


もちろん、プレゼント企画以外での話ですw



さて、今日から新年度ということで会社などでは新入社員や転入社員の方々が顔を揃えている頃でしょうかね?
新入社員は初々しくて挙動不審なのがカワイイですが、その分仕事を叩きこませないといけませんから指導役はこれからが大変でしょうね~

わが海軍工廠は新入社員なんてありませんのでそういう話とは無縁ですね。

工廠長「そうはいっても閣下、現在8隻建造中なのに遅々として進まないのは結構な問題ですぞ?
せめて余剰人員をこちらに回していただかないと…」

元帥「仕方ないではないか、工廠の仕事量がいつも以上に増えておるのだからなー」

工廠長「それもこれも閣下の計画性がないからですよ」

元帥「む!気にしてることをみなまで言うものではないぞ工廠長。」

工廠長「仕方ないですね。現在計画中の艦船は「計画中」として、建造中のものをさっさと片付けましょう」

元帥「そうだな、そうしてくれるとありがたい…。」

林提督「閣下、航宙艦隊のオーベルシュナイゼン上級大将が来てますが。」

元帥「オーベルシュナイゼンがか?」

提督「オリオン座元帥閣下の件で…と。」

オーベルシュナイゼン「老朽艦の更新の件で元帥閣下がオコでありますれば…」

工廠長「そっちの問題もありましたね。」

くじら座元帥のブログでは現在休止扱いとなっている書庫があり、その中に「航宙艦隊」がある。
オリオン座元帥率いる地球連邦宇宙防衛艦隊によって構成している航宙艦隊である。
海軍のくじら座元帥と宙軍のオリオン座元帥は士官学校の同期の「なんとやら」であり、海と宙とともに訓練を行ったりしている
現在の宙艦隊には宙技廠がないため、海軍工廠の一部のドックを間借りして建造と修繕を行っている。が、その工員は海軍省の人員でありくじら座元帥の統帥下にある人員でもある。そのため海軍艦を建造するときは宙軍の艦船の建造がストップしてしまいオリオン座元帥の悩みの種となっていた。


オーベルシュナイゼン「閣下の御心痛もわからなくもないのですが、わが元帥閣下はくじら座閣下より気が多少短くございますゆえ多少耳障りかと存じますが苦言を申し上げに参ったところであります」

林提督「統帥本部総長にして総参謀本部議長でもあるオーベルシュナイゼン提督の気持は良くわかります」

オーベルシュナイゼン「お心遣い感謝します。」

元帥「そろそろいい頃合いというわけか。」

林提督「まさか閣下…關門へのサボタージュは!」

元帥「おっと、滅多な事はいわんでくれ?エルリッヒくん?」

オーベルシュナイゼン「旭日艦隊ですか?閣下」

・・・



林提督「滅多なことといえば、提督。あの件についてなにか聞いてますか」

オ提督「ガミラス帝国の戦艦ガイデロール級を拿捕し、防衛艦隊に組み込むという件ですか?」

元帥「どう思うかね?」

オ提督「さぁ、どうでしょうかね。あのお方のことです。なにか考えてるんではないんですか?」

元帥「うむむ。」

オ提督「そういえばジークアイス提督から伝言を頼まれました。」

「世の中ではTPKという標語が流行し「罪プラ崩し」を大々的にやることで意気高揚につなげる狙いもあるみたいですが、建造が立て続けになっている状況ではそれはかえって悪影響にもなりかねません。
あのお方は私が自制するように取り計らいますので閣下は何不自由なく建造をお楽しみください。」


元帥「オーベルシュナイゼン、卿は何しに来たのかね?」

オ提督「疲れているときは休むべきであろう。ということをお伝えしに参ったのですよ。」

元帥「そうかありがとう。」




林提督「ところで元帥閣下。先月注文してたのが届きましたよ?」

元帥「おお、そうかそうか ではさっそく作ろう!」

オ提督「…閣下?」

元帥「いやぁなぁに。1隻建造し終わったらもう1隻建造し始めれば良いのだ!」



・・・というわけで。





今週末はイージス巡洋艦を作りたいと思います!

そうそう、今日は新横でフリマですね!
なにかいい掘り出し物が見つかると良いなぁ


デハっ!


プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR