FC2ブログ

パンツァーコープ第11弾 仕入れ!




みなさまおはようございます、くじら座元帥です。



吾輩はあくまでも海軍派なのですが、たまーに戦車の方もやったりします。
今回は某オクでパンツァーコープ第11弾より、ティーガー1ごく初期型8個セットを仕入れてきました!




これによりわが海軍陸戦隊は指揮官機、歩行戦車丁-380型を含めて23両保有できることになりました。
・・・が、あんまり戦車は作ったことがないのでちゃんとできるかどうなるか分かりませんね。

そこで、何両か製作依頼を出そうと思います。
2両セットなので一両は制作してもらって、もう一両はその方にあげるという手を考えてますが(笑)

まぁ、一社はすでに決定済みで、ポルコーレ・ビアンカ瀬戸内工場のポルコ博士に歩行戦車化してもらおうと思ってます。
久々の歩行戦車でどうなるのか楽しみではありますが、そのまえにポルコ博士が「やる」とおっしゃってくれないかぎりどうにもなりませんね♪

六号歩行戦車ほどでなくていいので、できれば多脚で・・・


あとはやって頂けそうな・・・九十九重工とかどうでしょうかねぇ?

自分ももちろんやります。
ですが、いま手を付けてるやつを終わらせないといけませんね(汗)

デハっ!



スポンサーサイト



Yokosukaスプリングフェスタ ②




こんばんは、昨日あったかだったから薄着で会社に行ったら道中でえらい目にあったくじら座元帥であります。

ええ、雨降ってきましたよ(笑)
でも自転車飛ばしたら止みましたねどネ♪












三笠の右舷をクローズアップ
意外と人入ってますねー

ご存じの方も多いと思いますが、本艦の右舷の錨は戦後の混乱期に鉄くずとして「どことも言えぬ人達」の手によって失われてしまいました。
左舷の錨は消失すること無く奇跡的に残ったものですが、十トン近くもある錨をどうやって運んだんでしょうかね?

なお、三笠は右舷だけストックアンカーを2基積んでいました。
そのため錨鎖も二重あって、見応えがあったことでしょう
(石川県の日本元気村に展示されてる「坂の上の雲」で撮影で使われた三笠は両舷ともに錨を積んでます。)

また、アンカーベッドの直前に三角形の切り込みが入ってますが、あそこにはかつて47ミリ単装砲が設置してありました。
艦尾の司令長官室にある47ミリ単装砲と同様に艦首にもありましたが、今現在はありません。
ウラジオストクに修理のため立ち寄った写真には砲身が写ってるのですが…
艦首艦体内部に講堂がある関係で復元設置できない影響もあるかもしれませんね。









ふと、目を横にやるとマツダの自動車積込み場の先に見慣れない船が泊まっているのが目につきました。








ずいぶん大きいやぐらだなぁ…

・・・え?FUKADA? 深田サルベージ?








ポセイドン1 と書いてある。

実はこの船、深田サルベージ建設が所有している資源調査船なんです。
多目的作業船「POSEIDON1」
全長:78m
全幅:20.4m
総トン数:4015t
主機:新潟原動機製 6L28AHXディーゼル2基
発電機:ヤンマー6EY18ALWディーゼル4基
出力:3000馬力(平均:2862馬力)
速力:6.2kt
載貨重量トン:2715t
竣工年:平成27年6月
建造所:神例造船 本社工場(徳島県鳴門市)
IMO:9748356
MMSI:431214000
呼出符号:7JUF
船籍:東京港 定係港は横須賀




運用自体は海洋調査と海洋作業を行っている「共栄マリン株式会社」が運用しており、同会社が運用している調査船は本船と同じく深田サルベージ所属の神海丸だけですね♪










ポセイドン1のやぐらの直下には船底まで貫いたプールがあり、そこから観測機材を出し入れすることができる。
まぁ、「ちきゅう」のミニ版だと思ってもらえば(笑)








たまには軍艦ばっかり じゃないスプリングフェスタもいいでしょ?









話は戻って。
アメリカの郵便ポスト
ユナイテットステーツポスタルサービスのもので、ここはアメリカなのでここから郵便物を出すときは日本の切手では届きません
・・・というか、ここから出したら間違いなく本国に回されるんだろうなー









なんかものものしい看板が…
そう、ここは・・・










郵便局です♪







Yokosuka Post Office hours
残念ながら開いてたのは私書箱室でしたが(笑)
自分宛ての郵便物がそこに入る個人ポストのマンションみたいな感じになってました。








ね?








いちおう窓口もありましたがやってませんでした(笑)
でも本格的な窓口はシャッターが閉まってた方にあったんじゃないかと…









海軍供給システムコマンド?
あ~あれかな?海軍版MSCってことかな。
よく空母とかに荷物を届ける時に見かけるジャンパーってこれの事だったのかな?









空母の甲板に雑然と置かれた乗組員への荷物
ダンボールが大きいように見えますが、あの中にさらに細かいものが入ってます。
空母などの水上艦には海軍の隷下組織「MSC」が補給艦などを使って燃料や食糧、真水などを積んでやってきます。
海の上を走りながら積み替えるため、ベルトコンベアーなどではなくヘリコプターが荷物を吊り下げて引き渡す「ヴァートレップ方式」によって行われます。








写真は横須賀基地のポストオフィスです

こうして軍隊の中でも郵便が行われてるんですねー
しかし、雑然すぎる・・・
よく「四角い箱で出したのに、届いたら丸くなってた」という事情通ヨタ話がありますが。
アメリカが発祥だったのかな!?


つづく。


Yokosukaスプリングフェスタ 駆逐艦は出ません!



皆様お久しぶりです、くじら座元帥であります♪


さて今回は先日出撃してきた日米親善Yokosukaスプリングフェスタの模様を届けたいと思います♪



ちなみに20日は昨年ハリケーンの影響で横浜港抜港となった、イギリスキュナード社の豪華客船「クィーンエリザベス(QE)」が久々に横浜港に入港したんですが・・・
入港予定時間が早朝0600時とかなり早い!
しかもスプリングフェス(以下「SPF」に省略)の開門時間は0900。

QEは入港時間の影響でベイブリッジをくぐれないため、クィーンメリー2と同様、大黒ふ頭に入港することとなり大さん橋には接岸しないということもあってQEをお迎えするには鶴見駅からバスで大黒ふ頭まで行かないといけません。
大黒ふ頭までの行き方は「客船」のマリナー・オブ・ザ・シーズから見てください♪




しかし吾輩の今の居住地は「藤沢」。
仮にQEお迎えのSPF。さらに現在大桟橋で開催中のプニップクルーズさんの絵画展となるとかなりの行軍となりそうでしたので、お迎えは諦めることにしました。

その代わりSPFが終わってから大黒まで行ったんですが(笑)

ところで、今回のSPFではブロ友さんのnori(ノワール)同志どのとリアルでお会いできることとなり双方わかりやすい服装で見つけられるようにしましょうということになったんですが・・・
ノワールさんは紺のスーツにコートを着ているとの事だったので、それらしい方を探すも見つからず。
結局お会いできたのは終了後のタリーズコーヒーでした(笑)

実はノワールさんは朝一で並んでて、すでに吾輩が到着した時には見学艦も会場内も一通り見ておられてたそうでしたので随分申し訳ないことをしたなぁと、後悔しております^^;
スイマセンnoirさん。
疲れてたでしょうに。




ところで、あんまり人の外見についてとやかくいうのは吾輩の趣味ではありませんし、他人に言われたくもないでしょうが・・・
noirさん、かなりの好青年でしたよ♪

一般的にミリオタって言うと、サバゲ好きなミリコス・ブーツ・艦これ系グッズジャラジャラ系と思うのが普通ですが。
noirさんいい趣味をしてましたよ
特に紺のストライプスーツに紺のカーディガンベストを合わせるあたり。

それに性格が出来ているように見受けられましたし。
金融街を闊歩するデキる証券マン…みたいな感じでとても好印象でした。
みずほ銀行系のCMに起用されてもおかしくない…そんな感じがしました

デキるといえばキョマカイちゃん殿もそうですが、営業で好印象与えられる人って大概いい人ですもんね

吾輩はどう思われたかなんてことは全く気にしない人なんでそこが違いますな(笑) でも、自制心はありますよ?
(↑何の話してるんだか!)








さて、Yokosukaスプリングフェスタですが。
一般公開に合わせて艦艇見学も行われましたが、吾輩は入場する時間がかなりかかってしまったので(1時間45分)、駆逐艦「カーティス・ウィルバー」には乗艦できませんでした
なので、「カーチス」の様子はnoirさんのブログでどうぞ







なが~い列をようやく過ぎるとそこは「日本であって日本ではない異国」の最初の難関、検問所。
あんなに長い列作るんだからどんな作業してるんだろと思ってたら意外と早い早い!
空港の手荷物検査のほうが遅いぐらい素早く作業をしていました。
どこの基地でもそうですが、手荷物検査等々を行う警備員は皆さん日本人ですね。そこが「あ、アメリカ人じゃないんだ」とガッカリされるところでもありますが、空挺隊の隊員ぐらいの強者揃いでしたよ(笑)








その検問所という手荷物検査場をくぐればそこは異国であります。
ここでなにかやらかせば、USの法で処罰されます
まさに治外法権!
ここは外国客船や外ナンバーの大使館車両と同じですね。

で、やはりピザの箱を持ち歩いてる人が目につきますね♪
アメリカのことわざに「冷めたピザはすぐに捨てろ!」という言葉があるのに・・・ まぁおいしいですからいいですけどね。









横須賀基地内の消防車
U.S.NAVYと書かれてる下のフロントグリルには星条旗が!
なんともアメリカらしい。
しかし、バスケットの前面にある放水銃が2つとは珍しいですねー。シャワータイプとジェットタイプかな?
にしても、今回は子供連れの方が結構多かったですねー










桜の時期ではまだ無いので一輪も咲いてませんでしたが河津桜は咲いてましたよ♪
それにしても・・・トンビの群れがすごかったですよ!









国道246号線
ではなくて、基地内の通りの名前の看板。
結構日本式の標識がたくさんありましたよ「止まれ」なんて三角のまんまだったし(笑)

大通りの名前は「クレメント ブルバード(並木道/大通り)」と書いてあって、上の方は「グリーンベイ」と。








基地内の専用車
ななんと!ホンダのアクティーではないですか!
てっきりGMとかを使ってると思っていたら以外に日本車が使われていました
しかもよく見てみるとナンバーが左のはアメリカ国内でよく見られるナンバーですが、右のは「USN」と表記が。
つまり海軍専用車両?
これで何を運んだりするのでしょうかね?









ここでちょっとコーヒーブレイク。

三笠口から真っすぐ行ったところの屋内フードコートの中で買ったチーズケーキのストロベリーソース添え$3.00ナリ
上の500ml缶はスターバックスコーヒーのエナジードリンクだって。
こんなの出してるのね~ そのうちコスコとかに出てくるかなぁ?

ケーキのお味はって?
マズイわけがないでしょう!!!

チーズは濃厚で、アクセントにシナモンが入ってるのがイイね!
ストロベリーソースはフレッシュタイプで文句が言えない!!
美味いわー♪

別で頼んだミートボールのトマトソースがけはミートボールがパサッパサでおいしくなかったけど、トマトソースは甘くないトマト本来のあっさりしたソースでこれはこれでいいかも?









外のテント物販コーナーはもう人だかりの山!







テントのない所は混まないという、まさにバーゲンセールの…ムニャムニャ ナンデモナイデス
なぜかピザハットまで来てましたが、売ってたのはホットドッグ…。
本国ではホットドッグも売ってんの?









記念艦三笠~♪
このアングルはこっからじゃないと撮れません~♪

艦これで三笠が出てからというもの、来場者数がアップしたとかなんとか…
「坂の上の雲」では本艦ではなく、実物大のモックアップを作って撮影したというのは有名な話ですよね。
ちなみに三笠は45年の終戦後連合国に接収され上半分を全撤去されダンスホールと水族館が建設され、娯楽施設となりました。


その後米海軍の提督で東郷元帥の弟子と生涯言っていたニミッツ元帥などの尽力により三笠の復興運動が盛り上がり現在に至っています。

復元に際して艦体は残ってましたが主砲塔をはじめとする各武装は戦後の混乱により多数が流出。
甲板に使われてたチーク材も焚き木やバラックの骨組みに使われるなどしてその殆どが消失してしまい、現在は無線室前の数メートルしか現存してません。

いかに記念艦といえどもこのままではいけないと、三笠と同時期に建造された戦艦を使って復元工事が行われることになりました。
その戦艦とは吾輩が敬愛してやまないチリ共和国の前ド級戦艦「アルミランテ・ラトーレ(旧英カナダ)」でした。
アルミランテ・ラトーレは三笠から10年ほど後の艦ではありますが、主要部品に共通点があり多数移設されたとのこと。
主砲は模造品ですが、両舷側の副砲はアルミランテ・ラトーレのものであります。

一部ではアルゼンチン海軍からも部品の提供があったと言われてますが、それは日進と春日であり、三笠ではないですね~。








記念艦として保存された直後の三笠です。
こちらは正規のオリジナルで、一番煙突よりも二番煙突のほうが少し長いのがオリジナルの特徴でした。

このショット、なにかおかしくないですか?
そう、三笠は艦首を皇居に。ロシアに向けて固定されているのでこの写真ならあるはずの現在の米軍基地「泊町」がないんです。
泊町は今は埋め立てられてますが、リアス式海岸で特徴の山が写ってないんです。
グーグルアースでも基地の中にチョコンと小高い丘みたいなのが残ってますが、それがリアス式の名残でもあるのです

なお、猿島は本艦右舷方向にあるため写真には写っていません。


明日はスプリングフェスタ🎵




ついにやってきましたよ♪
春の訪れを告げる日米親善スプリングフェスタが明日開催されます。

ですが~
円安の影響もあって今年は去年よりも基地内の物価が高いような気がしてなりませんねー(笑)
野口秀夫を多く持って行くとしましょう。

それと行かれる人は家族に買ってきてほしいものを聞いておくってのもいいですね。

吾輩は去年のスプリングフェスタには行っていないんですが、毎年大変な混雑で有名だそうで、横須賀の情報発信サイト「ここはヨコスカ」では約40分並びます と書いてありましたねー

「ここはヨコスカ」のホームページはこちらから↓

一日だけで3万人訪れるということで基地内で売れ筋のものはすぐに無くなるため早めに来たほうがいいですね♪


今回は直近の知り合いではブロ友さんのnoir同志どのが行くそうですが(大阪在住)見つけられますかねー?

で、吾輩は今回もチリ海軍の練習帆船「エスメラルダ」の識別帽をかぶって行きますねー




あんまり帆船系の識別帽をかぶってる人はいないので、見つけられるといいですね~

で、この識別帽。




当時のチリ共和国大統領とチリ海軍総監がエスメラルダの艦上で式典を行った際に、横に置かれていた帽子がコレと同じタイプなんです。
ま、あっちの方は将官タイプで「スクランブルエッグ」が2重になってるいいやつなんですがねー
あっちのほうがいいなー


ではあした。

日本の城名鑑1 発売中。




お久しぶりです、くじら座元帥であります。


・・・安心してください? 生きてますよー♪



はっきり言ってネタ切れです(笑)

現用艦船キットもただ今第3弾を鋭意建造中ですが、客船QE(クィーン・エリザベス)QM(クィーンメリー)貨客船3隻・護衛艦あたご・くらま・たかなみ…などなどを同時進行で建造しているので、これがなかなか作業が~ハハハ ま、やらないよりは捗るんですが。
撮影してアップする という時間は流石にありません(汗)

パソコンで皆さんの今日のブログを見て、暇を見つけて作業して4時頃に寝て仕事行って・・・
なんて生活やってます
この生活もいつまで・・・
来週の3連休までかな?
それまでは頑張るとしますか!先週と今週・来週は5連勤で疲れますがねー


ときに、世間ではTPK(積み(T)プラ(P)崩し(K))なんて活動をやっているそうですが、今のところわが艦隊ではTPKには参加できてませんねー

元帥「なに?8隻も建造してるのにTPKじゃないのかって?」

林提督「レジンはプラに入るのでしょうかネ?」

この他金属模型もあったりしますのでこの辺がTPKなのかが分かりません。
もともと積みが少ないわが艦隊ではそこまで崩す必要もないんですがね(笑)











先日約2ヶ月ぶりにビックカメラのガシャポンコーナーに行ったらこんなのがありました。
「日本の城名鑑」とかいう海洋堂が監修してるミニチュアフィギュアですね
だれが買うんだろうと思いながらも1/2000だったらいいなーと思って一つ摘んでしまいました♪
(TPF)

家に帰ってきて開封したらば・・・







(写真は電撃ホビー様から拝借)
名古屋城が出ました!
メイドイン「チナ」なので多少の塗りの粗さがありますが「カプセルトイ」にしてはいい出来ばえですね♪

で、問題は縮尺の方。
ここが問題なんです 公式に載ってる高さというのが「天守台の高さ」という記載で、建屋も含めた高さなのかが今ひとつ判然としないんです。
ご存知のように名古屋城は明治4年に廃城となり、昭和20年5月に焼失した経緯があり、現在の城郭は鉄筋コンクリート造りの「復元天守」となっています。

天守台は消失前と変わってないと思われるため「天守台の高さ」と記載されているのです。
戦前まで現存していた天守閣は今現在建っている天守と高さが若干違うとも言われここが縮尺計算するときに気がかりなんですよねー
現在の天守は35.85mで、本来は36.1m(wikiではこっちが記載)といいます

実際にガシャポンの方を測ってみると、全高3センチでした。

つまり天守台19.5m×天守閣35.8m=55.3m?
55m÷2000=0.027・・・2.7センチ?

数学はむかしっから苦手なんでよく分かりませんが(笑)
いけそうかな?

約1/2000のような気がするおもちゃを見つけました。


ではまたどこかで。






プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR