FC2ブログ

補足。




・・・ちなみに、1941年第二次大戦のライン演習作戦でドイツ第三帝国海軍の戦艦「ビスマルク」をカテガット海峡で視認しているゴトランドですが。








1/1250ではこんなサイズです。
参考までに



スポンサーサイト



航空巡洋艦の始祖



先週末は観艦式ということでみなさんミリタリーにいい意味で十分に浸かった濃い一日をお過ごしになったことでしょうね。


お仕事ですが、どーやら繁忙期に入ったようでだんだんとお疲れになってまいりました(笑)


こんばんは、くじら座元帥であります!




働けるっていいことですねー


なに?「働いたら負け」?
誰ですかそんなこと言っているのは!


働くことによって有意義を見出し、働くことによって疲れることも人生には必要なことですよ?
…とはいえ、働き過ぎは良くはありませんね。
日本語は難しいですが・・・「程々の」という言葉があるように、「良き加減に」お仕事をすることと致しましょうね。



仕事が嫌になったわけでは・・・ ハハハハハハ…


ちまたではハイスペックシリーズのF-22ラプターが大好評を博しているようでありますね。
しかしながら吾輩のもっぱらな視点は極度の財政難によって購入ができていない「艦船キットコレクションvol.7 エンガノ岬沖海戦」の伊勢・日向にあります。




1/2000スケールながら精密な造形で人気を博しているというのです。
伊勢・日向のウォーターラインバージョンは、呉に帰還後に浮き砲台として活用されるための偽装を施した姿という塗装になっています。

この姿があんまり好評でないそうでして、通常塗装のフルハルタイプを買おうと、わずか5グラムの差を見分け(いや、計り分け?)てまでフルハルを買い。自作のウォーターラインハルを貼り付けて愉しむという酔狂な方たちがいるようでもあります

で、わが海軍工廠は・・・と言いますと。
極度の財政難によるため現在建造はある程度行っているものの、塗料がなくなるとストップ。
接着剤がなくなるとストップ
・・・という状況となっています(汗)

しかしある程度の建造は行っていますので安心して下されよー




さて、「本題」とまいりますかね。

「航空戦艦」
それは航空母艦の「補佐」の役割を持ちつつ、単独遊撃も可能な対水上戦力と陸上砲撃戦能力を併せ持つ艦船のこと。
大東亜戦争中の伊勢型は航空母艦の喪失により「やむなく他艦種から航空母艦への改造」された艦であった。

戦前・大戦中・戦後とも正式な「航空戦艦」が登場したことは一度もなく、唯一実戦投入された「伊勢型航空戦艦」も戦艦からの改造であり、公式艦種種別も「戦艦」であった。
ちなみに、近年アメリカ海軍の作戦指揮書などに「伊勢型」のことを「ハイブリッド・キャリアー」として紹介している文面などが見つかったことにより、世界で最初の「ハイブリッドキャリアー」なのではないか?という研究が始まっているという。

ワシントン海軍軍縮条約ではおもに「戦艦」の新規建造を禁止することと、航空母艦に搭載する備砲(赤城だと舷側(砲廊式)20センチ単装砲)も搭載を規制するという内容となっていたために、その条約内に含まれていない単艦で砲撃・航空攻撃が可能な「航空戦艦」を建造しようと各国検討を始めたものの…
結局は前述した「伊勢型」のみが竣工した。

戦後になってからは、レーガン大統領閣下の600隻艦隊化計画によりアメリカのアイオワ級戦艦がハリアー複数機と対潜哨戒ヘリを搭載する計画案もあったが現実のものとはならなかった。



どこぞのプラモデルでは製品化されたみたいですけどねー♪


これに対して新造時から「航空戦力を有する艦船」があった。
それが「航空巡洋艦」である。

「航空巡洋艦」はコンセプトこそ航空戦艦と同じであるものの艦が小さいがゆえに現実に建造され、敵水上・潜水艦隊や航空偵察などに使用された
巡洋艦は艦も基準で5000t~8000t弱までで、砲・雷・航空機を運用するに適した艦型であったことから航空施設を有する巡洋艦として計画された。

現在は航空母艦の補助としての役割から「強襲揚陸艦」が航空巡洋艦の役割を担っていますが・・・
「巡洋艦」と名がつくからにはそれ相応の火力を持っていないと80年続く「航空巡洋艦」の名前と栄誉が傷つくのではないでしょうかね?

海上自衛隊にも航空巡洋艦の名残とも言える艦艇がまだ存在していまして…
ご存知だとは思いますがw







ええ、そうですよ?
ご存知!「くらま」
・・・であります。

正確にはカナダのイロクォイ級ヘリコプター駆逐艦(現:ミサイル駆逐艦 1969年竣工)の系譜に連ねているので駆逐艦の分類に入るのですが。
姿形は第2次大戦当時の航空巡洋艦では十分に通じる艦影ではないでしょうか

「いずも」は20mmCIWSとseaRAMだけなので「巡洋艦」とも「駆逐艦」とも。 ましてやイタリア海軍の軽空母「ジュゼッペ・ガリバルディ」より貧弱な武装なので「航空巡洋艦」の中には入らないのではないかと思います。
「ヘリ空母」としてならば話は別になりますが…

で、気になる疑問がひとつ。
「航空母艦」と「航空巡洋艦」の違いは何か? ということであります。




「空母」は攻撃型艦載機・救難機・電子戦機・偵察機などを多数保有しそれらを戦力化する母艦。
・・・かなぁ?
別に沿岸海域での戦闘だったらドイツ空軍みたいに沿岸に基地を作れば空母なんていらないし。
でも矛盾が生じることもある。
「イタリア海軍」である 彼らは軽空母と称される航空打撃艦隊を2隻保有している
沿岸国なのに空母を保有しているのだ。
それを言えばイギリスのインヴィンシブル級やクィーンエリザベス級もそうなのだが・・・



「航空巡洋艦」は対地砲撃・対空砲撃・対水上砲撃・対水上水中雷撃などの汎用攻撃力に加え、水上機を保有することにより輸送連絡任務や偵察活動を支援し艦隊全体の索敵ネットワークの構築と収集を行う戦略的に価値のある艦艇のこと。
・・・でしょうかねぇ?
しかしその航空巡洋艦もロシア海軍の「重航空巡洋艦」と称している事実上の空母「アドミラル・クヅネツォフ」のみですからねー
航空巡洋艦が航空巡洋艦として「ある」存在意義は失われたのかもしれませんね・・・


さて、現代にも通じる航空機を搭載する巡洋艦の始祖は一体何という艦であったか。
今回の記事のポイントはそこです。


ではご紹介しましょう!
大日本帝国海軍よりも先に建造した世界最初の「航空巡洋艦」
「ゴトランド」を。








当時の写真がなくて画で紹介しているわけではありませんよ?
アングルの問題であります。

1930年起工
1934年就役
1960年退役

基準排水量:4700t
満載排水量:5550t
全長134.8 m
全幅:15.4 m
吃水:5.5 m
機関:重油専焼水管缶4基
   +ギヤードタービン2基
軸数:2軸
出力:33000英馬力
速力:28ノット
乗員:約470 名
兵装:ボフォース Model 1930 15.2cm(55口径)連装砲2基
   同15.2cm単装砲2基
ボフォース Model 1928 7.5cm(60口径))連装高角砲1基
   同単装高角砲2基
25mm連装機銃1基
25mm単装機銃4基
8mm単装機銃4基
53.3cm三連装魚雷発射管2基
機雷80~100個搭載可能

(1944年:ボフォース Model 1930 15.2cm(55口径)連装砲2基&同15.2cm単装砲2基
ボフォース Model 1928 7.5cm(60口径)連装高角砲1基&同単装高角砲2基
ボフォース 4cm(60口径)連装機関砲4基
25mm連装機銃1基&同単装機銃4基
20mm連装機銃2基
8mm単装機銃4基
53.3cm三連装魚雷発射管2基
機雷80~100個搭載可能)

航空施設
航空機 最大水上機11機(計画)、常用8機、射出機1基(1944年に撤去)


5500t級といえば帝国海軍では「大井」や「川内」などのいわゆる二等巡洋艦世代が思い当たる。
、ゴトランドの竣工は1930年で 川内型の那珂でさえ1925年に就役していることからもう少し設計が遅かったら軽巡由良のようにカタパルトを搭載した航空巡洋艦が生まれていたかもしれない。








水上機を射出して訓練に励むゴトランド

ゴトランド ときいてどこかで聞き覚えがある方はそうそういないと思うのですが、潜水艦マニアならピン!とくるかもしれませんね。

そうなんです!この艦船はェーデンの艦船なのです。

スウェーデンといえば王室があるところですよねー
つい最近美男子すぎる皇太子が結婚した国でもあり、現国王のカール16世グスタフ陛下は「かぶりもの」がお好きであることでも有名な国であります。







ホットドックのかぶりものをしているのがカール16世。
一人おいて髪の毛クリクリのチョーイケメンがヴェルムランド公爵カール・フィリップ王子殿下。


・・・銀河英雄伝説のカール・グスタフとは関係ないと…思いますよ♪








米海軍の正規空母と合同演習に参加するゴトランド級潜水艦

2004年スウェーデン海軍は本艦をアメリカ海軍に貸与し、対潜水艦戦の研究をした。
上の写真は2005年の訓練で、現在横須賀に配備されているロナルド・レーガンと訓練を実施した。








1934年頃のゴトランド。

本艦の水上機はホーカー・オスプレイで第一次大戦と第二次大戦の軍縮期に大量生産された名機である。
主な採用軍はイギリス空軍

ホーカーには原型となる「ホーカー・ハート」があり、そこから様々な派生形が誕生した。
1927年の採用試験では525馬力のエンジンで296km/hを記録した
帝国海軍の九三式中間練習機が214km/hなのでそれよりも速いということになる。(九三式は1934年製)
ちなみに、零式水観は370km/h。









ちなみに、愛知E16A瑞雲の最高速度は448km/h。






ゴトランドのカタパルトから発艦するホーカー・オスプレイMk.1

オスプレイは正確に発音すると「オスプリ」というそうである。
写真の2403号機は原型機ハートの尾翼を改良したMk.1+とも言える改良型








これも原型機。






艦尾のトランサムに取り付けられているクレーンで揚収中のMk.1+
時代は更に進みMk.Ⅲになると・・・








流線型的な感じになってくる。
この姿がオスプレイMk.Ⅲでこの姿が一番量産された。
これ以外にも改良が重ねられたMk.Ⅳもあり、全体で138機生産された。








そのオスプレイMk.Ⅳの設計図。

この艦、第2次大戦の時は中立国であったので戦闘には参加していません。
それが唯一の救いかどうかは知りませんが、無事に30年の艦歴を全うして解体されました。


そうそう。







このフネも1/1250で製品化されているんですよ♪
値段は12ユーロほど。

え~っと、1ユーロがいま・・・


結構な値段しますね


以上、航空巡洋艦の始祖のお話でした

デハっ!


今週末の横浜港



もうご存知かと思いますが、今週末から「FleetWeek 艦隊週間」が始まります!
横浜・横須賀・木更津では自衛艦船の一般公開が予定されています


横浜では大さん橋にヘリコプター護衛艦「いずも」が
新港ふ頭に潜水艦救難艦「ちはや」・訓練支援艦「くろべ」が。
           ・・・・・
「ちはや」に関しては「なんとやらのアルペジオ」とのコラボで、どこぞのアルペジオに出演した声優陣のトークショーもあるみたいですよ
そんなことより、普段乗船する機会がない「ちはや」と「くろべ」にはぜひぜひ乗艦してみたかったですが・・・
残念ながら吾輩はこの期間中にはお仕事で行けそうにありません


横須賀基地では吉倉桟橋で護衛艦「むらさめ」・「きりしま」・「あたご」・「てるづき」が一般公開されます。
横須賀基地には珍しい「あたご」が一番人気になるかもしれませんねー


木更津では公共ふ頭にて護衛艦「こんごう」・「ちょうかい」、そして試験艦「あすか」が登場します!

試験艦あすかは、排水量5000tで試験艦ながら護衛艦と同等の大きさを誇るため見学客を載せて航海するには適任ということで(?)、観艦式ではいつも随伴艦に補されています。
意外とマニアに好まれている艦ではありますが、一般客にとっては特にこれといった目玉がないためかガッカリされるフネでもあります

横須賀では観艦式実施を記念してカレーを割り引いたり、横浜でも各種イベントが企画されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか?



いよいよですね。みなさん楽しんでください♪








そうそう、横浜大桟橋では11日日曜日に日本客船「ぱしふぃっくびいなす」
14日水曜日に「飛鳥Ⅱ」が大さん橋に接岸しますので。

フネ好きにはたまらない日となります。




客船ファンと軍艦ファンで大変に混雑すると思いますのでくれぐれもご注意くださいなー♪


デハっ!


プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR