FC2ブログ

夏にやる模型じゃないですね!



毎度おなじみの「くじら座提督」です。




帝都の空をなにか見慣れた機体が通過する日常が続いています。


最近の帝都東京は昼暑く、夜涼しい。といった感じでとても過ごしやすい陽気となっています。
みなさまの地域ではどんなかんじですか?(名古屋を除く
)


「昼暑く、夜涼しい」という天候なので、夏野菜たちはすくすくと育っています!(家庭菜園)



トマトは一冬越したものなので、実りはあんまり良くはありませんが味は美味しいですよ。
ほかにも・・・


ゴーヤーさんも小さいながら着々と実をつけて、緑のカーテンも覆い茂るほどに成長しました!
クーラー室外機まで伸びるのはちょっと大変ですが(笑)

こんなスパイスも!


おしゃれな食べ物の代表格「フォカッチャ」の上にパラパラと乗っかっている香草。
「ローズマリーの木」
この鉢で約15年ぐらい枯れずに育ててます。
その他だと「月桂樹」とかそだててます。

「月桂冠」じゃなくてよ!




さて、模型の話をば。(笑)

現用艦船キットコレクションの建造が一段落し、いつもの落ち着きが戻ってきた艦隊工廠ですが、
まだまだ老朽化した駆逐戦隊を置き換えるまでには至っていないため、追加で購入・建造している艦があります。




こんごう型の「はるな」とむらさめ型の「しぐれ」。

ほかにも・・・


米海軍のスプルーアンス級「かげろう」(奥)
同じくのキッド級ミサイル駆逐艦「しらぬい」(手前)
などなどが鋭意建造中であります。


我が第一艦隊には戦艦隊とか潜水艦隊とかいわゆる◯◯隊というものが存在しますが、航空隊飛行科の中に「哨戒機隊」というものは存在しませんでした。

では、海上防衛で領海の先を常に警戒する任にあたる機は無いのかっていうと、ありました。 
全日空から機体を貸り、哨戒機として運用していた「オリンピア」が。
しかし、最近は全機が退役し残ってるのは海上自衛隊の輸送機のみという現状。
これを打開するべく、極東第一艦隊飛行航空隊では新たな哨戒機を建造することにした。





提督「久々に我輩たちの姿が見えるところに出てきたな!」

局長「相変わらずの冬服ではありますけどもね。」

提督「で、後ろに写ってるのが我が極東海軍初の新型哨戒機かね?」

局長「それにつきましては、飛行航空隊司令の高島少佐からありますよね?」

高島少佐「はい。局長、ありがとうございます!
海上自衛隊より第2航空群の哨戒機を譲渡する。というお話があり、もらってきたんです。」

だいぶ出来つつありますね。






提督「機番はどうすることにした?」

少佐「機体下部に取り付けるポッドの有無によって、機番が違ってきますので慎重に選択中であります。」

提督「しっかし、アッツイなぁ~! この天気で模型なんてやってたらそれこそ死にそうだな!」

局長「十分な換気と水分補給が必要ですね。」

慎重な選定が行われてるやうですね。
みなさまも模型作りには「熱中症」と「シンナー中毒」にお気を付け下さい


全く関係ない話ですが、大型つながりでこんなものも買ってしまいました(笑)




その名も「KING Cup Noodle」。
だいたいこれ一個でメロンパン一個分のカロリー。塩分も相当量入ってます^^;

もちろん、塩分を控えないといけない吾輩は食べてません。
ブログ用のネタであります!

大きさはどのくらいかというと…





ナチタスケールの鉄道模型1両分の高さ(長さ?)
かなりの大きさであるということが分かります。


では新型哨戒機もお楽しみに!

デハっ!
スポンサーサイト



UCC陸海空自衛隊コレクション 発売決定!


某ブロ友さんから教えてもらっていた計画が始動するようです。

祝!! 陸・海・空 自衛隊コレクション まもなく発売!

キョマカイちゃん同志どのー、間もなく発売ですよー♪

内容は前にも発売されたような気がするモデルばかりですのであんまり購買意欲が湧かないんですが、それでもほんのちょっとだけかわってるモデルもあるので以下のとおり参照しまっスね!

まずは「陸」から。



陸上自衛隊90式戦車。

以前、「最強の陸自コレクション」でも登場したモデルなのでたぶん、(ネイビー)同じ金型を使ってると思われますね。


次・・・・は、




陸上自衛隊最新式の10式戦車。
前回のコレクションでも「試作車」と「量産車」が出てましたのでこれは量産型の方の金型かな?

世界三大総統のナチタ総統いわく、「大規模な改修が必要なモデル。」とのこと。
はたして、どの程度のものなのか気になります!


お次は、「海」ですね!





海上自衛隊のイージス護衛艦「こんごう型」
前回でたタイプと見比べると艦橋構造物周りがシャープになった印象ですね!
OTOメララ社の127mm砲も近くなった感じだし。0(^◯^)0

ただ、なんでこのサイズになったのか意味が分かりません!!(怒)
1/1182スケール。
(戦車は1/144 戦闘機は1/200)
1/1250でいいじゃない!!なんでわざわざ変なスケールにするのよぉ!!!



さて次は、新製品のようです。






海上自衛隊 むらさめ型護衛艦

76mm砲は、エフトイズのむらさめに比べるとかなり良い印象を感じますが、マストの形状や煙突などに多少の違和感を覚えますが、全体を総括して見るとだいぶ良くなってるんじゃないでしょうかね。

エフトイズのと並べて比べるのが楽しみであります!


さてさて、お次は「空」でありまする。





航空自衛隊 F-15J
導入から30年近く立っているが、優秀な機体運動性能から現在でも第一線で活躍する主力防空機(←合ってる?)

前回は今はなき「飛行教導隊専用塗装」バージョンでしたね。



次は日本国の国産戦闘機ですよ。





航空自衛隊 F-2戦闘機

練習機T-2をヒントに初めて亜音速で飛行した国産初号機に代わる形で開発された主力戦闘機。

前回の時もF-2がくっついてきましたよね。
ですが、吾輩はF-2を保有していないので並べることも、どれだけ違ってるのか見比べることも出来ないし、わからないんですよねー。


ということで発売日は8/5です!

ぜひともお買い求めください。
以上、広報でした。

デハっ!


川崎市政90周年記念花火大会 予告


神奈川県民であれば誰もが知っているであろう川崎市政記念花火大会が近づいてきました。毎年多くの来場者があるこの花火大会ですが、もっとたくさんの方に来ていただこうと思い、予告をお知らせしますよ!

毎年川崎市の市政が発布された8月中頃に神奈川県と東京都の県境にある多摩川にて6.00発もの花火が打ち上げられます。

打ち上げ場所は二子玉川駅の橋から第三京浜の橋までの区間が打ち上げ花火を見学できる特等席で、近ければ近いほど打ち上がった花火の「火花」や「もえかす」などが振りかかる臨場感あふれる大会であります。
二子玉川駅がわからない人もいますけど、わかりやすく言えばジャニーズアイドルのTOKIOが長寿番組「鉄腕ダッシュ」で多摩川の生態観測によく訪れる場所。といったらいいでしょうかね?

大会案内図↓



なお、同時開催で東京都の世田谷区でも区民祭で花火を打ち上げます。
そっちは約1万発ぐらいの花火で、一尺玉(一番大きい花火弾)も何発も打ち上がるという壮大さで有名です。

これが今年のポスター↓



開催は8月23日です。
ぜひともおいでください!

デハっ!








コスタ・コンコルディアのその後


韓国のセオル号沈没事故よりもはるか昔、イタリアの有名老舗クルーズ会社コスタ社のフラッグシップ「コスタ・コンコルディア」に沈没(暗礁に乗り上げ、横転・沈没)したあの事故からようやく2年近く経った今日このごろ、解体先のジェノヴァに向けて最後の航海が始まる。






横転沈没場所から解体場所までは280キロの航海である。
その間その航路を通行する船は制限が課せられるという。




最後の最後でまた沈没したらシャレにもならないので今度こそ御安航を祈ります!


以上、広報でした。


ヨコスカサマーフェスタ2014 ほか予告


来週末の土曜日(8/2)、海上自衛隊横須賀地方総監部にて艦艇の一般公開などを含む一大イベントが予定されています。
内容は、艦艇の一般公開(体験航海はなし)や、 
■高速機動艇・処分艇体験乗艇 
■南極コーナー
■スタンプラリー 豪華景品あり!!
■マリン教室(手旗・結索・ラッパ)
■ヘリコプター地上展示
■潜水艦上甲板公開
■横須賀音楽隊演奏(午前・午後各1回)
■シャトルボート (総監部→第2術科学校)
■陸上自衛隊車両展示
などなどが予定されています。
同時開催では海自の教育訓練施設の、第2術科学校のオープンスクール。
アメリカ海軍横須賀基地一般開放の「ヨコスカフレンドシップデー」などが開催される予定であります。

このイベントでは吾輩が行けそうなところは2術科学校と総監部内に絞って行こうと思ってます。
アメリカ海軍のも行きたいは行きたいですが、運転免許証はおろかパスポートも住基カードも持ってないので入るすべすらありません

広報でした。
皆さんも暇であれば行ってみてはいかがでしょうか?



現用艦船コレしらね改造 5.200トン級ヘリ巡計画



やあ! またお会いしましたね^^

今日神奈川は午後遅くに猛烈な雨と雷様を観測。いわゆる「パルチザン雷雨」ですね。
会社で勤務中に激しい雨と雷が鳴ってるのに気が付き、合羽を忘れたことに悔やみましたが午後8時頃にいったんやみ、その数分後また激しく降ってくるという二重苦。
結局、会社でサービス残業をして降り終わるのを待っていました

ということで、どういうことで?アップするのが遅くなりましたが5.000トン級ヘリ巡の建造風景をご覧に入れます。
参考としたのはどこぞの会社が建造した海上保安庁バージョンの「しらね」であります。↓


画像は、残念ながらナチタ重工業の海保の船ではありませんが、当然総統閣下の海保バージョンも参考とさせて頂いておりますm(ーー)m

で、我が艦隊隷下組織の海上警備隊の正式名称は「極東海洋沿岸警備軍」(Far east ocean coast guard force)といいます。
軍艦を予備役に編入せず、海軍籍のまんま最後まで使うのを目的としたためにややこしい名称となっていますが、日本とも米国のコーストガードとも違うのでよしとします(笑)

わが海上警備隊の現在の旗艦はご存じの方もいると思いますが、PBH-1「さがみ」がこの任を担っています。


旗艦「さがみ」。
基準排水量64.000tで我が艦隊では最大級の戦艦(超重巡視船)。
46サンチ警備砲2基とシースパローの発射機が主兵装であるため、「一体何の不審船を威嚇するためのものなのか?」と我が海軍省内でも議論が湧いてます。
なので、旗艦を5.200トン級ヘリ巡にしようということなのです。

さて、なが~い前置きはこのくらいにして本編に行きましょうかね

計画名:5.200t級ヘリコプター3機搭載型巡視船 建造計画(建造コード 第38号艦)
基準排水量:5.200t
満載排水量:7.200t
主兵装:127ミリ単裝警備砲2基 20ミリ多銃身機銃CIWS2基
主機:中速ディーゼル4缶 27.000馬力
速力:27ノット
ヘリ:SH-60K3機を格納庫内に収容でき、小型ヘリであれば2機を甲板に露天係止できる。




船体を平筆で塗っていて気がついたんですが、このような場合はスプレー缶タイプが適してるのでないかと思いましたねー。
船体を全部塗るのは缶入りにまかして細部は筆でチマチマ作業するといいなー と。

あとで細かい作業をしてたら指紋が船体に付いたり、重ねがさね塗ったおかげで凸凹になったりとかなり後悔しております(^^ゞアタマカリカリ






艦首の127ミリ単裝砲は不審船への対処に最も効果的であると判断し国産の72式射撃指揮装置(FCS-1)を撤去し、三次元レーダーも撤去した。
このため、5インチ砲は光学照準による有人砲塔へと前時代まで後退したが、「不審船への対処」という意味ではコレが一番いい方法である。

また、この巡視船専用に03式127mm用平弾頭とロ号砲弾(紺碧の艦隊に登場する架空砲弾)を搭載できるようにしてある。
それから、蒸気タービンからディーゼルへ変更するため、第一マックと第二マックを撤去。新たに煙突を制作することとなった






旧第一マックのマストは全身白塗りとなりどこぞの巡視船と統一感を持たせるようになっている(笑)
旧第二マックは基部ごと15mずらし、ディーゼル用煙突を設置。第一煙突用のスペースを確保した形に改装しました。






この写真で気がついた方はもはや重症(?)ですね。
艦番号がPLH-◯◯とかじゃないんです。
海軍の隷下組織であるため、海軍艦の番号を使ってます
(しらねは143)





工廠長「船体に金のライン入れろって言われたから入れたけど、案外カッコイイね!」
局長「世界の巡視船を見てもここまで豪華な(?)巡視船は無いんじゃないでしょうか?」
 
二宮中佐「しかし…なぜ、896という艦番号なんでしょうかね~。
     あと-3だったら放送事故ものですよ!」

提督「ほかにデカールがなかったんだよ。どっかを切って89とか96とかでも良かったんだけど、めんどくさいからそのまんま貼ったの!」

めんどくさがりなA型男子らしい提督閣下でありますねー





そうこうしてるうちに第一煙突がサフ吹き・塗装を終えて建造所へやって来ました。
工廠長「おーい、提督~。 CIWSの配置場所どうするよー?」

提督「ホビーボスの1/1250艦船の部品取りの中に良いのがあるからそれを使おうと思ってるよ。」

なんでしょ?






工廠長「こりゃあ、すげえや! ぴったしカンカンでねえの!」

提督「もう一個在庫があれば両舷に1基ずつできたんだけどねー」

1ケ1080円のキットを買って使わないのは非常にもったいないですからね。






なんかちょっと失敗したかなーって感じになったファンネル。
もうすぐ完成となる見込みですね






非常~にブサイクで申し訳ありませんが、一応。信号策もやってみました。

技術も知識もないトーシローが思いつきでやるとこんな感じになります^^;

工廠長「提督~、とりあえず完成したけどどうするぅ~?」

提督「いつものところでお披露目にしようと思う。 タグを用意してくれー」

一同「あいよー。」





ま、そんなこんなで・というわけで・どういうわけで?。
毎度おなじみとなったあのところでお披露目と相成ります





いつもどおりの某基地。
毎回毎回艦艇の撮影時にここに来るので、桟橋が出来上がっていました





今日は「むらさめ」が日光浴を楽しんでいるようです(^^)

58・59タグ「むらさめさ~ん、ちょっとどいてくれない? 新しい艦艇を紹介するからちょっとだけでいいからノイてくれる?」

むらさめ「ん、ああ~~。 お、ゴーヤー兄弟か、あいよわかった。」






むらさめ「どっこいしょっとぉ!」

58タグ「あーらよっとぉ!」





59タグ「お兄ちゃーん、もう横付けしてもいい?」

58タグ「ちょっとまって、まずは回頭させなくちゃ!」





タグたち「エッホ!、エッホ!」



タグたち「あらよっと!どっこらしょっと!」



58タグ「よし、いいぞー押せ!」

59タグ「ヴロロロロロロ!!」



岸壁「ガショーン! イテテ





局長「なんだか賑やかですね。」

提督「みんなからもそう言われるんだよなー」

二宮中佐「なんかご病気なんじゃないかって、噂が立ってますよ。」

提督「痛風のことかなぁ?」

なんのはなしをしてるんだか!





局長「それにしても、構想から約一週間の突貫工事でしたね。」

提督「アチコチに不自然なところがあるが、それは「味」って言うことにして片付けたいんだよなー。」

工廠長「艦名はどうするんだ?」

提督「さすがに「しらね」じゃまずいから…ほうおう(鳳凰)にしようか。しらねのとなりだし!」

ということで、PLH-896 ほうおう となりました。

ちょっと最後はやっつけ仕事でスイマセン。仕事に遅れるー!(汗)

デハっ!

戦慄のメロディー 検診結果(汗)


会社勤めの人も、そうでない人も毎年必ずやってくるものといえば…健康診断ですね!

こんにちは、くじら座提督です!


吾輩はどっかの逓信省の配下にあったどこぞの会社で働いてるアルバイト社員なんですが、アルバイトであっても健康診断は毎年やってくれます。
♪毎年、毎年、ぼくらはレントゲン車で~♪とかなんとかで血液検査・体重身長・心電図・視力聴力…と至って普通の検診ですが、やってくれます。

吾輩はその会社の中では1・2番目に大柄なので、毎年のことながら緊張が耐えない一日でもありました。
あれから約一ヶ月。待ちにまった結果が届きました。
内容はどうかというと…

生活規正区分:健康者
まあまあこのくらいは予測してましたな

医療区分:要観察
あちゃ~、やっぱりかー。まあ、これだけの大きさなら仕方ないかなーとおもって細かい数字を見ていくと?

身長:186センチ おお!一センチ伸びてる!!
体重:117キロ  ワォ!去年より11キロも増えてる!?
BMI:33.8    れっきとした肥満だな、こりゃ 健康保険は入れるかなぁ?
血圧:131の78  5回も測ってこの数値だということは…かなりの高血圧症であるということが分かるなぁ
肝機能GPT:93  何じゃこの数値は!結構節制してるのに…ますます保険が…
尿酸:8.0    病院行かないと…

機会を見て専門医の管理と再検査をおすすめします とのことでした。

この時期運動するのは結構キツイですが、水泳だったらいいかも 前に水泳教室通ってたし、昔とった狐塚で行ってみようかなー。


体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。 デハっ!

架空艦と5.000トン級ヘリ巡計画


関東地方ははっきり言って「ようやく梅雨模様」といったところであります。
皆様はどのようにお過ごしですか?

こんばんは。約一週間と4日ぶりのくじら座提督です。
今日から3日間お休みなので積みに積み上がった「罪プラ」を解消していきたいと思ってます(^^)


今回も架空艦のお話です。
しかも、毎度おなじみな「しらね型」
・・・・・・と、その前に。 ちょっとした技を紹介しようかと(笑)






コレはトミカのロングシリーズの「さんふらわぁ さっぽろ」ですが、コレを改造する時に邪魔となる「太陽マークの消し方」を教えようかと。

その他の改造をするときに必ず問題となるのが、下地塗装の除去ですが今回は有機溶剤を使わない方法で除去してみました。





通常は有機溶剤(有毒物質を含んでいる石油系溶剤)で『手袋』と有毒物質をカットする『マスク』を使って完全装備でこれにあたりますが、小さなお子さんのいる家庭で、特に模型が趣味な方だと上記の製品のようなものは使えませんよね?

もうこの状態で消えてますが、これは有機溶剤で消したわけではありません!
これを使用して消したのでーす。




使うのは、ドラッグストアなどで売っている医療用のカット綿と…
極細の面相筆…か、綿棒(耳掻くやつ)がおすすめ!

ちなみに、吾輩の場合は「白十字社」の紙軸綿棒がオススメ!!
で、使ってる溶剤というのは・・・




コレ!!↓


その名のとおり、「無水エタノール」を使用しています。

窓掃除などで結露し、カビが生えたサッシの部分の掃除などに使ったり(カビはエタノールがかかると細胞が破壊され死滅するんだそう)、注射の前に皮膚の消毒に使ったり、サーファーが耳に水が入ったからっと言ってスポイトで耳ん中に入れて蒸発させるのに使ったりと、幅広い用途で使われる。
「純粋なアルコール」

ガーゼに染み込ませてから使うと、おどろくほど綺麗に落ちますのでブック◯フ系とか、トレ◯◯ファクト◯ーとかに売らないんだったらやってみてくださいね!


さて、またまた「架空艦」のお話であります。
もちろんのことながらネット界では「しらね型」やその前級である「はるな型」などを改造して遊んでいる方々がいますので、そういうところを見て改造の計画を練ってますから所々どっかで見たなーというのがありますが、ご理解いただければ と。



さて、毎度おなじみとなった「しらね型」ですが、まともに作ったのは手前の1隻のみ。
あとの数隻は改造やら魔改造やらで消えつつあります。
手前はフツーのDDH-143しらね
奥は近代化改装があったらという仮定のもとに制作したDGH-143しらねⅡ

で、さすがにDGHのような改装は無理があるんじゃないかなーと思いつつあるのでこういう延命措置だったらありえるかなーという架空艦を作りました。






まさにほんのちょっといじっただけです

MK26型は連装の中射程ミサイル発射機で開発国のアメリカでは全基が退役しており、唯一残った中華民国(台湾)のキッド級(基隆型)が最後で、近年MK41に改修する予定であるとのこと。

この改装でアスロックとSM-2を発射可能となりました。







艦種はDDHのまんまでいいかなー
あっ、それからもう一つ発見が。






塗装の下の成型色が実艦に一番良く似てたんです。
・・・ということで、現在塗装の剥離作業にかかっています。
かなり入り組んでるところも剥離の対称となるのでこりゃー大変だなーと感じてます(笑)
なお、甲板の色に関してはそのままにします。コレが実艦にちょうどいいんですよ。
次回作やるんだったらちゃんと色見本と照らしあわせてやって欲しいですね(怒)







まあとにもかくにもしらね型(派生も含む)は3隻となりましたね。


あ、そうだ。もう1隻架空艦作ってるんだった(^^ゞアタマカリカリ






計画名:第38号艦 5.000t級ヘリコプター3機搭載型巡視船 計画発動であります!

現在、第一艦隊隷下の「海上警備隊」の旗艦更新計画が持ち上がっており、現在4隻しかない海警隊の戦力拡充と艦齢の引き上げを狙って発動されたのであります。
今の旗艦は64.000tの超重巡視船「PBH-1さがみ」で、すでに艦齢70年。
一番古い船になると「PLH-01 ほうしょう」の艦齢92年とかなりのご老公(笑)

代替となる、これまた「しらね型」の艦は大体30年ちょっとなので旗艦任務にはうってつけですね!







搭載予定の火器は、127mm単裝警備砲2基(手動照準)、20ミリ機銃(CIWS)2基。

さてさて、乾燥中の船体の加工しなくちゃ!


デハっ!また明日お会いしましょう。

現用艦船キットコレクション 「むらさめ」+α


どうもーくじら座提督ですよ~!
今回も現用艦船キットを使って制作光景・・・という風にしたかったんですが、カメラの電池チャージに時間を取られてしまいまして。
…制作風景の様子は撮れなかったんです

                   ・
というわけで、(…どういうわけだ?)制作後の艦船模型をご紹介いたします!
前回見たく長くならないから、時間がない人も見れると思いますよ(^^)

デハっ行ってみましょー!



これまでは、1/1250模型は「鉛合金」が主体の金属製模型でした。
それは欧米各国の市場における「紳士のオモチャ」という扱いだったからでした
日本ではプラスチック模型が主流で、サイズも一番大きい物で1/72かそれ以上。または、1/144・1/350や1/700といったスケールが豊富に混在している世界でも類を見ない模型大国であります。

その中にあって1/1250が世の中に出回ってきたのはいつだったか分かりませんが、(愛好家たちは海外に発注し、それで楽しんできたので純然たる日本製1/1250製はいつからあるのかわからないため。)
最近では、上島珈琲社製の非売品のおまけで「最強の艦艇コレクション」というのが発売され、注目を集めた。

ただし、アレは純然たる1/1250サイズではない。
輸送艦「おおすみ」が護衛艦より小さいはずがないし、3.000トンクラスの「フリーダム」が2.000tも多い護衛艦と同じサイズってのもおかしい。
まぁおまけの箱に収まるように設計したらしく、空母ジョージ・ワシントンに関して言えば「1/2500」であった。

ところが、よくよく測ってみるとイージス護衛艦と汎用護衛艦だけはちゃ~んとそのサイズに合致していた・・・。
でも、細か~~く調べると大体「1/1280」ぐらいのサイズ感であった。これはトミカの大型ミニカー(「ミニカー」じゃないけど)「さんふらわあさっぽろ」と同じサイズである。


前置きが長くなったが、今回は比較のため、その「最強艦艇~」から「たかなみ」さんを招へいしました~。



海上自衛隊最大の護衛艦と言われた本艦も後継の「つき型護衛艦」に追い越されたが、前級「むらさめ」とともに護衛艦隊の中核を担う存在で在り続けている。






同型12隻を生み出した「ゆき型」に比べると隻数こそ少ないものの戦闘能力や続戦能力が大肌にアップしている。
そのたかなみの形を作った船こそ「むらさめ」なのである







おや?(←やっぱり毎回おんなじ出だし…)
この艦番号は…






おやおや?同型艦のようですかな?






やっぱり「むらさめ」でしたねっ!
この艦もやはりちょっと仕立て直しをしています。分かるかなぁ~?






艦船に興味のある人ならば分かるちょっとした一手間。雑に塗ってあんのは気にするなー♪

特にこの改良工事で一番苦労したのはここ↓





この製品ではシースパローの垂直発射機、MK48にミサイルが全弾装備されている状態になっているのでこのままでも十分にいいのですが、現実味を持たせるため格納容器(キャニスター)に色を塗りました。



現物↑(ネットからの拾いもん)
ご覧のようにスカスカのやつもあればそれなりのもあり、またキャニスターにも色が違ってあったりとまちまちなんです






それともう一つ、アンテナホイップの基部を絶縁碍子の役割をしてるのかわからないですが赤く塗装してあるように見えたのでここも塗りました。




実物はこんな感じなんですが。

で、もうひとつ重要なところを改良しました





艦の目とも言える重要な3次元レーダーの改修を行いました。





ご覧のようにたかなみ型もこのようにモールドされています。
ところが、コレ。ランナーから外すときモロにこの面のところが切り離しのところとなっているのでこのような重要な事がおろそかになっているとは非常にけしからん!!


むらさめ型のOPS-243次元レーダー


ね?
こうなってるのが普通なのに、ランナーから切り離し直後だと



こうなってるんですよ?
(ランナー痕がくっきりと見えるレーダー面)
まま、こうしてどうにかして遊ぶのも面白いんですがね。
ほかには・・・、





射撃指揮装置の国産2型のアンテナ面を白くしたり…、
20ミリCIWSの銃身を黒くしたり…。





76ミリ砲名物の砲身根元の可動部と砲先端の所とかを銀色にしたりして遊んでおります!





参考までに…





似たもの同士・・・
というか、家系図?
着実に進化してきました。

そうそう、タイトルに+αッて書いてあったでしょ?
あれ、何か分かる?


・・・実は…





吾輩の艦船模型制作の伝家の宝刀「寝建造」中にスーパーバードほかの通信アンテナの台座ごと折れてしまう事故が発生。
そのため、99%まで完成していた「こんごう」を泣く泣くモスボール状態にするしかなくなってしまったんですが、護衛艦ではなくてもほかの艦だったらいいんじゃないかなーと思い、現在「訓練支援艦」への改装中であります。





パテ盛りし、補修工事を敢行中。
パテの素材と艦本体の素材が似ているので工事もやりやすいですなー!

ところで、これを見てなにか気がついてますかな?





ほんのちょっと、気持ちSPY-1レーダーが白くなっていませんか?
この成型色…も気に入らないんですが、このレーダーの色も気に入らないのでまた塗っちゃいました(笑)





イージス3兄弟。 \(^◯^)/

ほらね、海自の艦船は旧海軍からの伝統を引き継いだ濃灰色。
かたやアメリカの艦はネイビーブルーと言われたちょっと明るめの青色がかった灰色をしていましたが、いつのまにやら明るい灰色となりました。

それに比べエフトイズの艦船は「これよりも明るすぎる」といった感じ。
かといって全塗装するほどの腕もないので「思案のしどころじゃの~」というところであります。


さて、訓練支援艦に変わり果てた「こんごう」をもう一回作らないとな!

デハっ!

プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR