FC2ブログ

艦これ


いつもなら見向きもしない艦これの話です。
(艦これの模型)

艦船キットコレクションが生産終了し、現在手持ち無沙汰というわけではないんですが、文教堂ホビーにてこんなものを見つけました。



もうどこのブログを見ても「F-TOYS」の模型の話ばかりになってしまいましたね。まあ、でもFurutaの軍艦コレクション時代からのファンなので良いですけどね。

艦隊これくしょんという、軍艦が娘っ子でその娘っ子を育成するというゲーム。
吾輩はゲームはパソコンゲームの「電車でGo!」ぐらいなので最近のゲームには疎いです。
これはその第一弾。



第一弾は正規空母3隻 超弩級戦艦2隻 巡洋艦3隻。
空母艦隊に巡洋艦は付かなかったのでたとえこれを揃えても艦隊は組めませんね。



で、今回ゲットしたのは、

超弩級戦艦「金剛」さんと巡洋艦「筑摩」さん。
金剛は持ってませんが、護衛艦こんごうは持ってます。
筑摩は「千曲」だと思ってました。




艦これモデルはこのようなイラストと台がついてきます。
オレンジ色は中破状態らしいです

いつかの日か建造をしたいと思います。







・・・で、現在建造中の艦艇はといえば。


ミサイル駆逐艦キッド級改とミサイル駆逐艦アーサーWラドフォード改。
一番下のラドフォードは現在建造中の作戦支援艦に武器を供給するための部品取り用です。

現在所有している駆逐艦隊の老朽化対策のため代替艦として建造しています。



我が海軍がアメリカで予備役となっているスプルーアンス級のステルスマスト実験艦アーサーWラドフォードを引き受け、改造を施した船です。



実際にある艦では後部のMK41はありません。
タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦をタイアップにしており、基準排水量は1万トンと大型です。
なので、スプルーアンス級駆逐艦改・・・というか巡洋艦です。



スプルーアンス級では一番これが似合ってると思ってますが。
ミサイルはMK41と旋回式MK26・4連装戦術トマホーク2基を搭載。
単裝砲は127mm54口径2基。
近接防御は20mmCIWS2基、RAM21連装発射機など。


これを数隻建造する計画でしたが、色々と検討した結果キッド級改を計画。
ホストシップ的なこの艦は1隻だけで終了します。




練習艦(名称未定)

単裝砲1基
MK26連装発射機2基(SM-1・アスロックSUM兼用)
シースパローIBPDMS8連装発射機2基と比較的簡素な兵装ですが、意外とブログ中に出てきます。




キッド級
現在は台湾海軍にて現役です。
これの次級となるキッド級改は前甲板のMK26をMK-41に換装する予定です。

提督「その前に、SM-1がまもなく運用期限に近いだろぅ?どうするんだろうね各海軍は」

そう、各海軍では一世代前の遺物とも言われるスタンダードミサイル-1を多く保有している国々があります。
オリヴァー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲイトなどを保有している国もあり、これが問題化しています。


スポンサーサイト



業務連絡 s4s*s4s*1殿


s4s※s4s※1殿、プラ紙なのかは分かりません。そう呼んでいるだけです。

また、0.5ミリではなく、0.1ミリでした。
この場をお借りしてお詫び申し上げます。

これです↓


正式名称はプラペーパーです。


このようにとても薄く、かつ水に濡れても丈夫なので重宝しています。

以上、訂正でした。





春爛漫の陽気と神奈川の歴史


外はすさまじい暴風雨だというのに、春爛漫とはおかしいじゃないかって?
大丈夫! 今日の写真ではないから。

こんにちは。いかがお過ごしですか?

会社の同僚でイラストレーターさんの、まったりとした日常を綴っているブログ「shuku-watch」に触発されて、のんびりとした日常でも綴ってみようかなぁと思ってるついこの頃。
首都圏では桜の季節となり、はふんひょー(花粉症)も到来。
嬉しい半面、つらい季節となりました。

バッタモンじゃない花粉症お薬(←失礼だろ)飲んでますが、快方に向かう気配はなし。60歳ぐらいになると突然なる人と治る人がいるらしいですが、吾輩はその後者の方らしいです。
吾輩が60になる頃にはハワイが伊豆諸島ぐらいまでに近づいてきてますかね?(ウソです)


サクラの話。
どっちの?
どっちのって、花のほうの。


提督「この陽気・天気だと、サクラ散っちゃわないかなぁ。」

課長「近くに桜の木がないから分からないですよね。」

そう、神奈川ではホンの3日・4日前まではまだまだ固く閉ざした蕾を眺めるだけでしたが2日ほど前の晴天で一気に開花しました。
花粉症の人にとっても到来の季節となり、顔は泣き笑いをするのび太くんみたくなります。

つまり、鼻は出るわ涙は出るわで もーどうしようもない季節です。

外国にも花粉症というのはあるみたいで、花粉症の外国人も結構いますが日本人のそれとは体質からして違うようです。
なので、外人さんは花粉症で・喉を潤すために(←湿気大国なのに?)マスクをしてると不思議がるということなのです。

でも、長年日本にいると花粉症になる外国人の方もいるらしく、春の時期は黄砂の影響も相まって観光客が減ることもあるそうです。



神奈川県民ならば、道徳の時間とか地理の時間とかで川崎周辺の土地を調べるなんていう授業があったとか無かったとか。
その時に出てくる川の話。

神奈川県の川崎市は古くから東海道の品川宿の手前にあり、交通も盛んだったことから発展し続けています。

お隣の東京・横浜に比べるとあんましプライドが高い方ではないし、家賃なんかも安い方ではないのですが、両隣にあこがれを持つ方々がワンクッションの役割で川崎市に住んでいる。というのも結構聞きます。

ご存じの方も多いと思いますが、じつは川崎駅は開業当初からそのままに位置にある日本で唯一とも言っていい由緒ある駅です。
明治の文明開化で新橋~横浜間に鉄道が敷設された時、川崎駅は中間駅として開業しました。その頃で、日本で3番目ぐらいの古さです。

開業時の新橋駅は旧汐留操車場跡地にあり、現在は鉄道発祥の地として記念館が建っています。
横浜駅は現在の桜木町駅付近にあったとされ、タクシー乗り場の近くに記念碑が建っています。

そんななかで唯一現存している駅が川崎駅なのです。
開業時のホームは京浜東北線と東海道本線の中間にあったと言われています。
もう一つ有名なのが「六郷橋梁」。
日本で最初に架けられた鋼鉄製の橋であります。現在は5代目だか6代目だかが引き継いでますが、これもまた鉄道史には欠かせない存在です。

ま、関心のない人には何を言っても無駄ですが。


神奈川はその名の通り川の多い県です。
「神奈川」は、「武藏國神奈河郷」の名で見られるのが最も古いが、 その由来は以下の通り諸説ある。
(その1)この地に水源地が解からない川があり、「上無川(かみなしがわ)」と呼ばれていたため「神奈川」になったとする説。
(その2)「金川」もしくは「狩野川」と呼ばれていた川の名から、「神奈川」になったとする説。
(その3)朝鮮系住民が多かったことから「韓川(からかわ)」と呼ばれる川があり、転じて「神奈川」になったとする説。
(その4)その他、地形から見た説では、神奈川「かな」は「かま」が転じたもので、 「岸の崩れやすい川」「急流の川」を表しているといった説もある。

このような説の中から有力な2つの説を紹介します。

その一、「上無川」説
かつて、東海道神奈川本宿があるところに小川が流れていた。 水源が不明だったことから、「上無川(かみなしかわ)」と呼ばれていた。
水源が不明なのは、水量がものすごく少なかったからだ。
その後、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東方に行く際、 彼の持っていた草薙剣(くさなぎのつるぎ)が金色に光ったので「金川(かながわ)」と改めました。
そして、鎌倉時代、源頼朝が金川を見て言った。 「神大いに示すの地、よって神大いに示すと書き、字を神奈川となすべし」 それで源頼朝が神奈川にしたと言う説である。

いかにも神話の国らしい雰囲気のいい話ですね。

その2「朝鮮人開拓民説」
神奈川県は、現在でも朝鮮系の住民が最も多い県として有名である。 そもそも神奈川県を開拓したのは、海路・大磯に上陸した朝鮮系の住民だった。
従って、以下の神奈川=韓川説が歴史的に見て最も有力であろう。
「神奈川県には、朝鮮系の住民が流域に多く住んでいた「韓川」(からかわ)という名の 川があった。この川の名前が変化して、神奈川となった。」

西暦666年に高句麗の使者として来日した高麗 若光(こまのじゃっこう)は、 668年に唐と新羅の連合軍に高句麗が滅ぼされると帰国の機会を失った(日本書記)。
703年(大宝3年)には、文武天皇により高麗王の氏姓を賜ると有り、 従五位下に叙された(続日本紀)。
そして、716年(霊亀2年)に武蔵国(東山道)に高麗郡が設置された際に、 都より同郡に下って郡司となったという(高麗神社の社伝等)。
その時、若光一族は、海路で都より東海道沖を航海し、大磯に上陸した。 それ以降、若光一族の一部は、神奈川の地に残り、この地を開拓した。
若光一族は、大磯に上陸した訳だから、大磯の傍を流れる金目川沿いに住んだのであろう。 金目川とは「韓メ川」のことで、朝鮮人の住む集落を流れる川という意味である。従って、金目川が「韓川=神奈川」の語源になったという説があります。
どれがどれなのかは分かりませんが、色々と地名に関する説はありすぎます。

また、朝鮮人が開拓したというのは現在一番有力な説で、その証拠に川崎市高津区には関東圏では唯一の「朝鮮初級学校」があります。

こういう理由から、神奈川県人は朝鮮人たちと仲良く、争い事なしで付き合いたいと思っているのですが中にはそう思わない人達もいるわけで。
色々と問題は尽きないようです。


神奈川と東京の県境でもある多摩川は川崎市民憩いの場所であると同時に、市民の飲水用河川でもあります。
鮎やウナギ、すっぽんにカミツキガメと固有種の他に外来種も多く生息しているため別名「タマゾン川」と呼ばれてます。

そのタマゾン川から農業用水として建設されたのが「二ヶ領用水」です。
県指定・国指定の産業遺産(?)久地の「円筒分水」をはじめとする二ヶ領流域はまだまだ暗渠化がされておらず、登戸から幸区あたりまでは水量も多いので消火用水として使ってたりします。

その歴史も古く、1590年に徳川家康が用水奉行 小泉次大夫(こいずみじだゆう)に命じ、本用水路の建設を始めさせた。
これが、稲毛領から川崎領まで続いてたことから「二ヶ領用水」と呼ばれている。

高津区民祭での灯篭流し。
現在は全線にわたってコンクリートによる護岸工事が完了しており、一部は川面に降りられるが、農業用としては終わっていることもあり通常は鍵がかかっていることが多い。



新鶴見操車場付近。
かつては横浜にも流れていたために、六ヶ領用水ともよばれていた。




前置きがずいぶんと長くなったが、本題の桜の話。
多摩川は桜の名所でもあった。しかし、老木も多くなり管理が大変であるということから多くが切り倒されたりしている。
二ヶ領用水の桜も例外ではなく、かつて「稲田堤(いなだづつみ)の桜」として呼ばれたさくらも大半が切り倒され、その一部が公園などで余生を送っているものもある。

現在も残る名所は「宿河原(しゅくがわら)の桜」

宿河原のさくら(ウィキペディアより抜粋)

で、毎年多くの見物客で賑わう。
また、用水流域周辺には多くの種類が植えられていたりして、楽しいばかりである。
寒桜や枝垂れ桜、日本の固有種も居てたまに見つけると嬉しくなる。

仕事場の近くでも多くの桜が見られ、道端で缶ビールを開けてるグループにも遭遇したりと実に楽しそうである。




一部は満開だったりまだつぼみの状態だったりと日に当たらない関係とかで咲いてないのも多い。


みぞのくち周辺は比較的色の濃いのが多い。


と、こうして書き綴っていたら外は晴れ渡らんとばかりの快晴。
春の嵐は変わるのが早い。






特一級補給艦建造計画6


今のところ順調に制作が続いている「特一級作戦支援艦」あいづ AOE-1 ですが。
一番最初に自作するということもあり、ややズレて来ている感があります。

艦首はいかにも早そうなシュッとしたデザインではなく。

砕氷船のような丸くカーブした形状になってきてます・・・


そういえば、3月17日の横浜港での写真で、あの双胴のフェリーはなんだと思っていたら、米海軍の高速輸送艦HSV「ウェストパックエキスプレス」であると判明しました。↓


偵察中。



アメリカ海軍のMSC軍艦だったら、横須賀に行くのでは?
(民間が運営してるから軍艦ではないが。)


以上、新たに判明したことでした。





で、作戦支援艦のはなし
艦首はMSCのチャンピオン級油槽艦にそっくりです。

ナニ? その油槽艦の画像は?って?
無いの、どこ探しても。


はじめはタンカーらしく直角か、ちょっとシャープにしようかと思ってたら



なにやら丸くなって。




こんなかんじに。

提督「技術不足がかえっていい感じになったんじゃない?」

工廠長「それなら良かったです。」

少佐「そういえば、提督。小西製作所の『しらせ』どうしましたか?」

提督「ああ、注文したよ。2ヶ月ぐらいかかるそうだけど。
   ただ、1/1250の洋上模型だけどね。」




パテの乾燥を終えたところ。

提督「結局、艦尾の搭載艇格納庫はどうすることにした?」

工廠長「強襲揚陸艦みたいな巨大なハッチは取り付けませんが、フリーダムみたくモールドにはしますよ。」




第2艦橋と飛行甲板を仮設。
第2艦橋にはこの構造物上に艦橋らしきもの(非常時用艦橋)とステルスマストを取り付ける予定ですが、工作が異常に難しく作業が難航した場合は「ホビーボス」のアーサーWラドフォードのマストを取り付けるかもしれません。




提督「この格納庫削るの大変だったんだよ!、彫刻刀で。」

提督、それはプラ板専用のカッターがあるんですよ。

提督「うん、ついこの間文教堂文具で見つけた。カードを見せるだけで15%OFFだからお得だね!」

そういう話ではなくて・・・




課長「提督ぅ~、ついに完成しましたよ第2庁舎が。」

提督「早速何に活用しようか。」

大佐「幹部候補生の学校というのはどうでしょうか?」

提督「他には?無い? じゃあ、そういうことで。」

そういうことで。 ではっ!

中原中也的戦車模型道 「やっちまった悲しみに・・・」


今回のテーマは、ずばり「やっちまった悲しみに…」です。

中原中也の詩集に出てくるフレーズで、宇宙戦艦ヤマト2199でも登場したあのフレーズです。

真田志郎「汚れちまった悲しみに、今日も小雪が降りかかる・・・」



先日、なじみの模型店に「ブラキット」とかいう、その昔に海洋堂が監修して発売された61式戦車の無色透明な組み立てモデルがありました。

ついこの間の700分の1艦載機で透明なキットには懲りていたはずの提督でしたが、安かったということもありついつい買ってしまいました。


で、どうなったかというと。↓


こんな感じに。
サフ吹きの段階ではありますが、もうすでにやっちまった感が・・。



履帯のモールドが潰れてしまっているのがよく分かる。
総統閣下のアドバイスにより、ABS樹脂のためベタつくかもという注意があったので、念入りにやったらば「やってしまった!」。



ところどころ気泡だらけ。
こんなんでモデラーだと言っていては笑われる。
でも、初心者だから・まだ慣れてないから。と自己弁護する。

でも、そうやっているといつまでたっても上達しない。
もっともっと頑張らねばと思う。



下は散々だったのに、上はなんたること。なんと滑らかなことか



ムラはありますが、塗装した時にこれが味を出すとか何とか(リアルの友人談)



合体したとこ。
気泡が出てしまったとこ、或いは塗り潰れたとこは土かなんかにしてごまかそうかと思案中。



スプレータイプの塗料でもスプレーガンタイプも持ってないので、
塗装は「筆塗り」となりそうです。

水性塗料だったら何色がいいでしょうね。

もしくは、海軍らしく海洋迷彩にするとか(←なんの意味が?)



砲塔も実にムラがあります。
こんなんでいいのでしょうか?
果たしていいのか?提督よ。



エンタープライズの艦載機隊を踏みつぶすドイツの重戦車とともに。

つづく?

「クィーンエリザベス」その4


花粉の時期はつらいですね。毎度おなじみの提督です。

今日はちょっと訪問客が振るわないですが、なんでもいいですね 来てくれるだけでも(笑)。

どの辺まで書いたかなぁ?
チヌークさんあたりまでかな?

ということで、行ってみましょう!





いつでも見れる存在ではないですが、それにしてもデカイ。
これで、ダイアモンドプリンセスが来たらどうなるんだ?
そもそもあの橋くぐれるのか?





巡視艇と遊覧船。
警察艇・港湾局艇だけでは足りずについに警備艇まで出るとは!。
(デモンストレーションも兼ねてるとは思うけども)




港湾局の船。
係船索繰り出し口にも届かぬ小ささ



よくこの水線ギリギリのところにあるこのハッチは何だ?、という疑問がほかのブログを見ていて多々ありますが、これは燃料や清水の取り入れ口と思われます。

内航貨客船と違って豪華な客船は、そのフォルムゆえにこういった隠し扉みたいな物をつけている場合があります。



縦陣形を組む各種警備船隊(たまたまです)



ゴボゴボ…と音を立てて近づいてくるのは港湾局所属の清掃船。
軍艦と高速客船を除くと双胴船体を持つのはこのくらいでしょうね。



双胴式っといっても回転する掃除道具の下はちゃんとした船体になってるんですけどね。


ああいうふうに。




はまぐも「海はきれいに保ちましょう。」

海保の船が言うとそうしなければと思うよね。

はまぐも「海保じゃなくてもそうしてもらいたいもんです」




消防局のヘリも飛んでます。

ところで、あなたは「ベル」?それとも「ドーファン」?。




見よ!この姿を。
ありがたくも、蒸気タービンの生き残りぞ!

大成丸「失礼だなぁ。人の事をレシプロみたいに呼んで。」



現代の船には見られない優雅な船橋構造物。
あっちに見えるRORO船はまさしく、くじらみたい。




THE・船 といった感じ。

大成丸「どういう感じよ!?」

おしりが丸いとか、クリッパーバウとか。

大成丸「それって、読者に分かる?」

分かる人にはわかると思うよ、ねえ?日本丸さん。




日本丸「わかる人だったらいいけど、わかんない人は分かんないだろうねぇ~」




日本丸「ところで、提督。何をじろじろと見てるの?」

うん?じつはね、あなたの事を模型にしようとがんばっている方がいるから少しでもっと思ってね。




日本丸「物好きだね。客船とかならほかにも錆びるほどいるのに。」

あ、うまいこといいましたね。




あれ、日本丸さん。船体から水が出てますが、これは?

日本丸「いくら保存船とは言っても、船であることに変わりはないでしょ。それに、一応「練習船」という扱いなんだから。」

ナルホド。でも、乗員育成は代替わりしたあの方に譲ってるんですよね?

日本丸「海王丸?」

いや、そうではなくて・・・、





日本丸「代が変わっても私の名前が受け継がれるっていいよね。」

あ、そうか。客船「日本丸」もですよね。

日本丸「そう考えると、彼女はずいぶん長いこと待たされたよね。」

だれのことですか?

日本丸「だれって。あの人だよ。」











日本丸「タイタニックⅡ。」

おしまい。

「クィーンエリザベス」その3


久々にやるとどこまで写真をアップしたのか忘れました・・・
こんばんは、くじら座提督です。


積み木のヨコハマ港まででしょうかね。


では早速いってみましょう。容量の関係で継ぎ足し継ぎ足しアップしていくので、リアルタイムで見ている人は楽しいでしょうね。




女王様の救助艇さん 十分使えそうですね。(←ナニに?)



一応、こういうのもギャラリーデッキというんでしょうかね。
救命艇格納のデッキのはずですが、普段はゲストさんの憩いの場になっているとは




まだ、食事の時間ではないのでレストランにはいませんね。




なにやら見学客の方が上を見ているので何かな?と思ったら




日本で一機しかないという飛行船が。
なんでも、九州の方に基地があるそうですね総統。
でも、なんでまた?
所さんの番組かなんか? なんでもいいですね。




みなさまが、クィーンエリザベスの出港時に見ていた横浜港湾局のWEBカメラはここにあります。
ここは「大桟橋埠頭ビル」といいます。



そらには、何やら大型の輸送ヘリが飛んでます。
その正体は後々に分かるとして、




さて、ここはどこでしょう?(どこから撮ってるのでしょう?)

赤レンガ倉庫が小さく見えて、その奥には蒸気タービンの大成丸が見えるここはどこでしょう?

正解は・・・、


ここ。
……っと言っても分からないと思うので、名称をば
「神奈川県庁新庁舎(通称:第2庁舎)の12階展望食堂」。
中はこんな感じ↓

手前には会議用と思われる(実際に営業時間外には会議場として使われる。)長机と、椅子が置いておりますが、奥には円卓と椅子があります。

窓の外は以前は通関(クィーン)と大桟橋・赤レンガ倉庫が見えたそうですが、今はビルが建設中でその姿は見えなくなってしまいました。



この画像はその第2庁舎の屋上から撮影したものでした

右端にうっすらとクィーンと「女王様」が見えます。
ここには双眼鏡(タダ)が設置してあり、周りの景色を見ることもできます。



なにやら、双胴のフェリーらしき船が見えます。(偵察中
)




某国の新型輸送艦かっ!?

違うようです




WCSIPAC EAP…ヨコモジは読めんのだ
何の船でしょう?




蒸気タービン船「大成丸」いまや海上自衛隊でも蒸気タービンを使った船はいませんので貴重な存在。




女王様の一番上の展望デッキ付近を偵察中
なにやら報道向けのレセプションを開催しているようです。




ご存知、神奈川県庁本庁舎。この並びには(横浜地裁の隣)日銀の横浜支店があります。
この間現金輸送車を見ましたが、パトカー先導のもとにお馬さんを運ぶような大型の(献血車みたいな)バスが3台も入っていきました。

なに?その時カメラは? ふふん。家で充電中。




大桟橋を後にし、氷川丸の方向へ。(月曜日はいつも休館)

氷川丸さんも修理が終わってきれいになったかなーと思ったら、



外見はきれいになりましたが、船内を中心にまだ点検・補修中でした。



この日は比較的穏やかで、海面もそれなりでした。



こうしてみると、やはりかなりの大きさ手前のロイヤルウィングの3倍はあろうか。
幅はそんなでもないが、重量はニミッツ級の1番艦とほぼ同じくらいだから驚き。
(空母は平べったいから通橋は大丈夫と思う。)




彼女は1万2千トン級なので何倍かという野暮なことは言いません。

彼女は彼女。女王陛下は陛下。それでいいじゃないの



錨鎖にはうみどり系が日向ぼっこしています。

こんなにいるけど・・・




警察艇「女王陛下に近づかないようご注意くださーい」

ロイヤルウィング「なんでー?」

警察艇「治外法権なんだそうですー、客船自身がその国みたいなんで。」

氷川丸「時代は変わっても、客船の自治は変わらないのね。」

そうなの?




マリーンシャトル「女王様への謁見・ご観覧はこちらでース。まもなく出港ですよー」
いつ見てもあんたはバブルの落としご的な外装だね。

マリーンシャトル「
ほっといてくだっさい!




ヨコハマの貴婦人「前のほうがよかったわねぇ」

それは、同感ですマリンタワーさん。おや、下のほうにイケメンがいますよ。

貴婦人「どれどれ?」






貴婦人「なんだぁ、彼女持ちじゃないのよ! 提督っ!」

ありゃ。 でもこの制服、どっかで見たような気がするんですが。

貴婦人「横須賀の大学の人じゃない?ほら、国防を担う卵たちの。」

そういや、そうかもですね。 がんばれよ!学生諸君!

貴婦人「どっちの頑張れなのよ?」

まあ、いろいろと。それよりもマリンタワーさん結婚相手見つかりました?

貴婦人「ゴニョゴニョ…」





PILOT「エンピツ・シャーペン・消しゴムはいかがですかー。」

誰のパクリ?

PILOT「ばれましたか?」





観光客は増えるばかり。忙しそうですね。

警察艇「提督のとこからも、なにか出してもらえると助かりますが。」

じゃあ、海上艦隊一の巨艦「メガ大和」でも出す?全長1.2キロ・満載排水量108万tの大型艦だ!

警察艇「もっと小さいので…」





はためくユニオンジャック


またしても、そらには音がするものが。
「ブロブロブロ・・・」



チヌークさんでしたか

CH-47「最近、1/700航空隊のアップがないから渇を入れようと思って」

すいません。


宇宙空母「シナノ」改装計画


前回(昨日)、改装前の宇宙戦艦ヤマト型5番艦を見ていただいたと思いますが、今日は改装作業の様子を見ていただきます。

地球連邦極東空間戦闘群第一艦隊所属 航宙母艦CVS-001「シナノ」

主要目
主機:ロ号艦本式イ400型波動缶:1基
補機:Vstar8連装核融合炉:2基
主兵装:艦首210センチ次元波動爆縮放射機:1門
533ミリ空間魚雷・空間デコイ・シールドミサイルほか多数


改装前の写真。
練習艦としての在籍だったので工作が雑になっていました。

改装に伴い、主砲・副砲・艦橋構造物・対空砲一式が撤去されます。
で、撤去したそこに何を敷くかというと「アオシマ」が出している「ワールドネイビーコレクション」の空母「エンタープライズ」の甲板を流用します。




我が海軍にはエンタープライズと称される物が少なくとも3隻います。
初代のエンタープライズで現在強襲揚陸艦となっているLPH-100。
同名艦で現在も空母として運用しているCV-6「エンタープライズ」。
世界初の原子力空母でつい最近退役したCVN-65。

これに続いてのエンタープライズ建造は無理と判断し、現在は建造中止。モスボールとなっています。
この飛行甲板を流用すれば、我が航宙艦隊初となる航宙母艦が完成するのではないかということです。



主砲や艦橋も含めた構造物は全撤去といいましたが、艦橋はまだ使える見込みがあるので取っておきます。




イメージとしてはこんな感じ。



解体が始まりました。
旧帝国海軍の「信濃」もだいたいこんな感じだったのでしょうか。

それとは別に、現在航宙艦隊では新たに「航宙艦隊技術工廠」略して:宙技廠を開設予定です。
くじら座提督のブログの中に書庫を作り製作記としようか、新たにブログを立ち上げようか考え中ですが。

ではまた製作が進んだらまたお送りします

宇宙戦艦ヤマト型改装工事


こんばんは、久々にあった気がしますね。
くじら座提督です。


提督「最近散々な目にあってなー。」

少佐「どうかされましたか?」

提督「トロイの木馬 の被害にあった。」

大佐「我が海軍の重要機密が漏れましたかぁ?」

提督「その辺は問題ないんじゃない?機密つっても家族写真とかそんなだし。」

課長「それが問題なのですよ。その写真から特定人物を割り出してナニか良からぬことを企んでる輩も多いですから」

提督「一応、問題箇所は修正したし、大丈夫だと思うよ。」

一同「だといいんですが・・・」



航宙艦隊にはさまざまな艦艇がいます。
航宙艦隊の時代背景は、ガミラスとの戦後に同盟国となり、大小マゼランと天の川銀河を統一し銀河帝国を建国し、辺境である地球周辺にはガミラスの第6艦隊が駐留し、地球連邦は太陽系の自治と防衛を帝国の版図にありながらにして実現しているというちょっと変わった時代背景。

銀河標準年13年。地球西暦2232年。

帝国の第6艦隊がケンタウルス座αに駐留していることもあり、度々地球連邦と模擬戦を開催している。
その模擬戦の地球軍の総旗艦はBBY-001「ヤマト」である。

ヤマト型量産計画により、多数の同型艦を作り出した。


地球連邦極東空間戦闘群第一艦隊所属 総旗艦「ヤマト」

主機:ロ号艦本式イ400型波動缶:1基
補機:Vstar8連装核融合炉:2基
主兵装:艦首210センチ次元波動爆縮放射機:1門
46センチ3連装光学主砲:3基
15.5センチ3連装光学副砲:3基
533ミリ空間魚雷・空間デコイ・シールドミサイルほか多数
対空(対宙)砲・機銃多数。

などなど、色々と他の方の文献などを参考にしながら考えると楽しいですね。



2番艦


地球連邦極東空間戦闘群第2艦隊所属 旗艦「ムサシ」

主要目は同じです。
センサー系を重視した形ですが、どこを改装したのか忘れました。



3番艦


国連地上海軍所属 宙空間戦闘群特務艦 「キイ」

かつて、帝国海軍の大和型戦艦の3番艦にして空母になった「信濃」はその名前の候補に「紀伊」があったことは有名な話。
現在、練習宇宙戦艦だったヤマト型の5番艦が「宇宙空母」への改装工事を行なっているということもあり、「地球連邦」から「国連軍」へ変更された本艦。

主要目は、エンジンがパワーアップされた『ロ号艦本式イ402型波動缶』1基に変更と、補助エンジンの廃止。安定翼の固定化などが上げられる。
近々この翼下に増槽タンクを増設予定。


整備のため各部品を取り外し、点検中。




右端から1・2・3番艦の順。



これは、初代ヤマト。
同名の二代目が名前を引き継ぎ、現在は第一種休止艦として籍を置く。


第3艦橋と採掘班用車両収容庫を取り外している。


煙突直前のアンテナ2本と尾翼の2本を喪失したのが退役の原因。
(下に置いているのはメカコレの尾翼)



そして、改装が予定されているヤマト型5番艦「シナノ」船体が銀色なのは試験塗装のため。

垂直尾翼一本と艦橋・対空砲・主砲などは全撤去し、そこに甲板を敷く予定。




検討中の小西製作所製「しらせ」


まもなく消費税が3円増えて、8円になります。
 

いま世の中は増税前の駆け込み需要という報道が頻発していますね。


模型界も今はその波に乗っかろうと各メーカーが購買意欲をかき立てようとしています。


元々、模型は大人の嗜好品であるので高価なのは必然であります。
とはいえ、若年者であまりお金をお持ちでないモデラーさんもいます。

提督「吾輩のことを言っているのかね?天の声よ!」

天の声「自覚しているんだと思ってましたが、違いましたか?」

提督「いやまあ、そのだね自分で言うのは良いんだけど、他人からはちょっと。」

なんとも歯切れの悪い。

ともあれ、若年者が模型を作ることは大いに喜ばしいことです。
特に、ガンダムとかではなく「艦船模型」とか工作技術が上がるようなものが。

提督「しかし、最近は若年者向けに工作が簡素化されてる模型もあるからなぁ。」

天の声「ハセガワの「海賊船 弁天丸」とかのことですか?」

提督「そうそう。同じメーカーのアルカディア号とかと双璧をなすキットだね。」

※同じメーカーのキットでも「弁天丸」は、はめ込み型で接着剤がほぼ不使用で組み立てられる最新技術の結晶とも言えるキットです。
 一方、松本零士原作の「アルカディア号」は通常通り接着剤での組立・仕上げとなります。また、この手の模型としては異例とも言える別パーツが多い点も上級者向けといえる。


・・・海賊船とはいえ、戦艦より大きくてどうするんだ?
普通は巡洋艦とか海防艦とかが標準ではないのか?。


まあ、そのへんはいいですか。
何の話だっけか?
ああ、そうだ「しらせ」のはなしだ。

小西製作所が出しているロストワックスの模型には1/200サイズから果てはペーパーウェイトサイズのものまで、種々様々です。
そんな中から、極東第一艦隊が選んだのは、
AGB-5002「しらせ」です。


だいたい12cmほどだそうです。これで、9000円ほど。

我が艦隊は極東にあるので、南極ではなく北極航路の調査とかに使いそうですが。
まあそんな話は、就役してからでもできますからね。

きょうはこのへんで。 ではっ!




プロフィール

くじら座(晴海WelcomeFlag)

Author:くじら座(晴海WelcomeFlag)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR